歴代朝ドラ

歴代朝ドラ視聴率ランキング紹介!今と昔の視聴率の違いに驚き!

朝ドラは月曜日~土曜日の朝15分の放送ですが、長い歴史があるため毎朝の楽しみとして視聴を続ける人も多いです。今はテレビ以外でも見る方法があったり、放送回数の増加に伴い昔よりは視聴率は低い傾向にありますが、今もなお高視聴率を記録しています。

一日の始まりとして一つの楽しみがあることは嬉しいです。朝ドラは国民的ドラマと言っても過言ではありません。昔の作品でも今もなお愛されているドラマがたくさんあります。

 

まんちゃん
まんちゃん
朝ドラはもう国民的ドラマだよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
テレビ離れと言われている今でも高い視聴率を記録しているのはすごい!

今回は歴代の視聴率について記憶に新しい2000年代と懐かしい1900年代を分けてランキング形式で紹介します♪

1位〜10位(2000年代)

放送期間 タイトル 平均視聴率
1位 2000年前期 「私の青空」 24.1%
2位 2015年後期 「朝が来た」 23.5%
3位 2002年前期 「さくら」 23.3%
4位 2016年前期 「とと姉ちゃん」 22.8%
5位 2001年後期 「ほんまもん」 22.6%
5位 2014年前期 「花子とアン」 22.6%
7位 2013年後期 「ごちそうさん」 22.4%
8位 2001年前期 「ちゅらさん」 22.2%
9位 2003年前期 「こころ」 21.3%
10位 2014年後期 「マッサン」 21.1%

https://platform.twitter.com/widgets.js

「あさが来た」はヒロインを演じた波瑠さんが大ブレイクをした作品です。ヒロインのモデルは大阪を拠点に実業家として活躍した広岡浅子さん。明るく前向きなヒロインのあさが成長していく姿を波瑠さんが好演しました。

俳優さんたちの演技も光りました。あさの旦那様役の玉木宏さんも頼りなさそうにみえて、実はしっかりとあさを支えていく姿は素晴らしかったです。五代友厚を演じたディーン・フジオカさんは絶大な人気を得て、出演が終わった時には五代ロスになる人までいました。

まんちゃん
まんちゃん
ディーン・フジオカさんは「あさが来た」で一躍人気がでたね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
今でもディーン様って呼ばれるくらい人気だね(笑)

11位〜20位(2000年代)

放送期間 タイトル 平均視聴率
10位 2018年前期 「半分、青い」 21.1%
12位 2002年後期 「まんてん」 20.7%
12位 2012年前期 「梅ちゃん先生」 20.7%
14位 2013年前期 「あまちゃん」 20.6%
15位 2000年後期 「オードリー」 20.5%
16位 2017年前期 「ひよっこ」 20.4%
17位 2016年後期 「べっぴんさん」 20.3%
18位 2017年後期 「わろてんか」 20.1%
19位 2006年前期 「純情きらり」 19.4%
20位 2007年前期 「どんど晴れ」 19.4%

https://platform.twitter.com/widgets.js
「あまちゃん」は宮藤官九郎さん脚本で大人気になった作品です。主演の能年玲奈さんのフレッシュな魅力が満載で、たくさんの反響がありました。ヒロインがアイドルを目指すという今までの朝ドラとは少し違ったテーマで新しい朝ドラの風を巻き起こしました。

有村架純さんや福士蒼汰さんなども出演し、この作品でブレイクしました。

まんちゃん
まんちゃん
ヒロインを演じた能年玲奈さんは大人気になったけど、事務所とのトラブルで芸能活動がなかなかできていないよね(泣)
ぷくちゃん
ぷくちゃん
根強い人気があるからまた大活躍してほしいな♪

1位〜10位(1900年代)

次は1900年代に放送された朝ドラのドラマ視聴率ランキングを紹介します♪

放送期間 タイトル 平均視聴率
1位 1983年 「おしん」 52.6%
2位 1966年 「繭子ひとり」 47.4%
3位 1972年 「藍より青く」 47.3%
4位 1974年 「鳩子の海」 47.2%
5位 1973年 「北の家族」 46.1%
6位 1966年 「おはなはん」 45.8%
6位 1967年 「旅路」 45.8%
8位 1968年 「あしたこそ」 44.9%
9位 1985年前期 「澪つくし」 44.3%
10位 1978年前期 「おていちゃん」 43.0%

https://platform.twitter.com/widgets.js
「おしん」は朝ドラ歴代1位の視聴者を誇る名作です。平均視聴率52.6%はテレビドラマ歴代1位の記録でもあります。その人気ぶりから「オシンドローム」という言葉が出来るほどでした。

ヒロインのおしんの少女期を小林綾子さんが、成年期を田中裕子さん、老年期を乙羽信子さんが演じました。おしんに感情移入する人が多く、NHKにおしんにあげてほしいと米やお金を送られてきたといいます。

まんちゃん
まんちゃん
おしんをいじめる役の女優さんは町で睨まれたり、陰口をたたかれるほどだったんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
すごい反響だよね。海外でも「おしん」は大人気だったみたい。

11位〜20位(1900年台)

放送期間 タイトル 平均視聴率
11位 1979年前期 「マー姉ちゃん」 42.8%
12位 1979年後期 「鮎のうた」 42.7%
13位 1986年前期 「はね駒」 41.7%
14位 1984年後期 「心はいつもラムネ色」 40.2%
15位 1976年前期 「雲のじゅうたを」 40.1%
15位 1975年前期 「水色の時」 40.1%
17位 1975年後期 「おはようさん」 39.6%
17位 1980年前期 「なっちゃんの写真館」 39.6%
19位 1986年後期 「都の風」 39.3%
20位 1988年前期 「ノンちゃんの夢」 39.1%

https://platform.twitter.com/widgets.js
「マー姉ちゃん」は長谷川町子さん原作の自伝的漫画「サザエさんうちあけ話」です。熊谷真実さん演じるヒロインのマリ子は長谷川町子さんの姉で、妹のマチ子役は田中裕子さんが演じました。

漫画家長谷川町子誕生の日々をコミカルに描いた作品で好評を得ました。

まんちゃん
まんちゃん
田中裕子さんはこの作品がデビュー作なんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
田中裕子さんは今でも大活躍の名女優になったね。

最後に・・・

昔から高視聴率を記録している朝ドラ。第1作「私と娘」~第3作「あかつき」までは視聴率の記録が残っていません。しかし、この3作も反響は大きかったと言われています。

最近は視聴方法の多様化やテレビ離れの時代と言われていますが、今でも朝ドラは高視聴率を記録しています。

これからの朝ドラも作品やヒロインとともに視聴率も注目していきたいです。