なつぞら

なつぞら郵便局員山田正治(せいじ)役は戸次重幸!芸名の由来が意外

NHK連続テレビ小説記念すべき第100作目「なつぞら」。
今回、私がなつぞらで注目したのが山田正治(やまだせいじ)役の戸次重幸さんです。

「ミスター残念」「残念なイケメン」なんて失礼な異名を持つ戸次重幸さん。今回朝ドラ出演と聞いて1番始めに心配したのが残念要素1つめ「朝が弱い」ということで、ひどいとき
には収録に5時間の遅刻というなんて伝説があるほどですが。独身時代の話だし、今はかわいい奥さん(市川由衣さん)がちゃんと起こしてくれるから大丈夫ですよね。

「なつぞら」では苦労しながら生活を切り盛りする父親役での出演。実生活でも一昨年お子さんが生まれてお父さんになられたということで、自分自身も変化を味わっているとのことでどんな風に一家の大黒柱を演じるのかとても楽しみです。

まんちゃん
まんちゃん
ミスター残念はモテモテ話多いからファンは大変。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
市川由衣さんとの交際1ヶ月結婚は強インパクトだったけど年齢差感じさせないお似合い夫婦

戸次重幸さんは今回2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

戸次重幸さんが演じる山田正治(やまだまさはる)ってどんな役?

戦争によって家屋を失った山田家。一家揃って北海道へ移民することになります。
夢を抱いてたどり着いた北海道ですが政府から与えられた土地は開墾の必要な荒れ地です。
農作業の経験乏しい正治たちにとっては困難な作業で生活は困窮します。そこで正治は郵便配達をしながら回りの人々の助けを借りて生活を成り立たせていきます。
地元北海道の色々な面を知り尽くしている戸次さんがどんな山田正治を演じてくれるか楽しみです。

まんちゃん
まんちゃん
北海道に行けば夢が叶うと信じて移民した山田一家にとっては甘くない現実
ぷくちゃん
ぷくちゃん
自然も厳しい土地だけに回りの人々とどうふれあって生活していくのか見所だね

【戸次重幸さんのプロフィール♪】

名前:戸次重幸(とつぎしげゆき)
本名:佐藤重幸(さとうしげゆき)
誕生日:1973年11月7日
血液型:O型
出身地:北海道札幌市
身長:173.0cm
体重:26.5kg
所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE

戸次重幸さんが芸能界に入ったきっかけは?

戸次さんは大学受験に失敗して一浪中にイッセー尾形さんの一人芝居にとても刺激、影響を受けます。直ぐに俳優の道に進みたいと訴えましたが親からの大反対され、大学を再受験しました。

地元北海道の大学でTEAMNACSに参加し活動後卒業で1度解散しますが再結成に参加して現在に至ります。
「もしも卒業後に1人で上京して役者を目指していたら、今の戸次重幸はいなかった。」とおっしゃっています。

まんちゃん
まんちゃん
浪人中にイッセー尾形さんの一人芝居観劇ってきっかけのきっかけすごい!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
大学行かなかったらNACSシゲは誕生しなかったんだね。

戸次重幸さんの代表作を紹介

ここで戸次重幸さんさんの代表作を紹介します。

「ザ・クイズショウ」第1シーズン


戸次重幸さんで真っ先に思い浮かぶのはこの「ザ・クイズショウ」山之辺役。自分の誕生日に一緒に過ごすはずだったお姉さんがこの日に10分以上過ごした人を探しだし、テレビ番組「ザ・クイズショウ」内で復讐していくというストーリーです。
最終ターゲットは山之辺が司会者をさせていた田崎。ですが最後にその田崎が山之辺の過去の記憶を暴露して最終回となります。
救いようのない切ない過去が露になったとき結構な衝撃を受けましたが、全てが終わった後、ひまわり畑の中にたたずむ山之辺(戸次さん)の姿にホッとさせられました。

まんちゃん
まんちゃん
ストーリー的に嵐の櫻井くん主演シーズン2と合わせての大作かと。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
戸次さんの狂気溢れる演技。こういう役スゴくはまってる。

昼のセント酒


久住昌之さんの銭湯エッセイを原案としたドラマ。うだつの上がらない営業マンで主役の内海孝之役を演じた戸次重幸さん。
真っ昼間営業で外回り中に銭湯を見かけると入りたくて我慢できず、肩までつかって「はぁ〜」とよい気分。風呂上がりにはその銭湯近くの店で一杯の生ビールを「ぷは〜」と至極のひととき。そんなことしてるから営業成績ビリ何だよと突っ込みいれつつ毎回の入浴シーンと美味しそうに飲む戸次さんの姿に癒される30分でした。

ドラマだけど「ハナタレックス」や、「おにぎりあたためますか?」に近い戸次さんを味わえてNACS戸次ファンにはたまらないドラマです。

まんちゃん
まんちゃん
ロケ地銭湯巡りするコアなファンもいたりするよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
う〜ん女の人は男湯に入れないの残念だけど湯上がりに一杯は幸せ。

一リットルの涙


不治の病を患う女子高生の木藤亜也が前向きに明るく頑張る姿が胸を打つドラマで再放送の視聴率も高い名作です。
この作品は、戸次さんがまだ改名前で出演者欄には佐藤重幸さんの表記のあるドラマです。
主役沢尻エリカさんが演じた木藤亜也の通う明和台高校での担任でバスケ部顧問の西野良三教諭役。
普通にいがちなPTAとか世間に流されがちの頼りない先生役は見ていてイライラさせられましたが妙に印象に残る役柄でした。

まんちゃん
まんちゃん
戸次って本当は「べっき」と読む名字だって。読みにくいから「とつぎ」としたって
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お母さんが亡くなった時に芸名を佐藤からお母さんの旧姓戸次に改名したってエピソードは有名だね。

戸次重幸さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見


2015年版の「週刊現代」による「本当に上手い役者100人」には残念ながらノミネートされていなかったんです。

まんちゃん
まんちゃん
大げさな演技ってコメント多い気がするんだけど
ぷくちゃん
ぷくちゃん
演劇出身で舞台が身に染みてるのと役柄でソレを求められてることも多いせいかも

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
ドラマ「やめごく」の若頭役とかスゴくいい味出てたよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
コミカルからシリアスな役まで幅広い演技で魅せてくれてます。

戸次さんは80まで役者を突っ走っていく。とインタビューで答えていらっしゃいます。
そんな戸次さん。大学卒業時に1度NACSは解散していますが、その時東京へ出て役者を目指していたら今の場所にはいなかっただろうと語るくらいにNACSを大切に思っています。

なつぞらでの戸次重幸さんに期待!

いかがでしたでしょうか?

「なつぞら」では、希望を抱いて移住した北海道で苦労しながら家族を支えるお父さん役の戸次さん。実際の生き方では「何があってもあまり落ち込まない。どんなに辛い状況であっても時がいつか解決してくれるから。」とかなりのポジティブ思考。

とはいっても演技に関しては「これでいいのか?このままでいいのか?」と自問自答しながら向き合っていて、そんな時に周りの人々、特にNACSのメンバーたちの支えはとても大き
く頼りにしているのが言葉の端々から溢れてきます。

今回はそのNACSの仲間3人と大切にしている地元北海道が舞台のドラマ「なつぞら」なので、ちょっと気を許した素の戸次重幸さん色の濃い山田正治さんに会えるかもと楽しみです。