まんぷく

まんぷく東太一(あずまたいち)の実在モデルは黒田覚!経歴が凄い

毎日なにかと笑いと感動?を与えてくれる朝ドラ「まんぷく」

月曜から土曜まで毎日楽しんで見させて頂いてます♪でも先週の12週の最後にはまた逮捕・・・せっかく釈放されたはずなのにまた進駐軍に捕まってしまいましたね(泣)

それも今度は東京ですぐに軍事裁判にかけられ、重労働4年、罰金7万円の有罪判決がくだされてしまいました。

まんちゃん
まんちゃん
脱税ってなんも悪いことしてないじゃん!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
出る杭は打たれるってこういうことなのかな・・・

そんな萬平さんを今回助けてくれようとするのがイケメン菅田将暉さんが演じる「東太一(あずまたいち)」です!

今回はこの菅田将暉さん演じる東太一がどんな役柄なのかそして今後どうなるのかネタバレも含みつつ、実在モデルネタバレも紹介します♪

菅田将暉が演じる東太一(あずまたいち)ってどんな役?

理不尽な理由で逮捕された萬平(長谷川博己さん)を助けるために、福子(安藤サクラさん)と真一(大谷亮平さん)たちはどうしたらいいか食堂やまねで話し合います。

すると食堂やまねで働いている美女谷村美代子(藤本泉さん)がお兄ちゃんの知り合いに弁護士さんがいるから紹介すると言ってくれます。

そこで紹介されたのが東太一弁護士(菅田将暉さん)です。

事務所を開いて2年目と経験は浅いですが、東京帝大法学部を首席で卒業した優秀な頭脳と、強い正義感のある役どころです。

初対面の相手とは目を合わせられないというシャイな一面があります。

まんちゃん
まんちゃん
本当は菅田将暉は東京人の役じゃなくて関西人の役が良かったんだって(笑)
ぷくちゃん
ぷくちゃん
元々関西弁だからそっちの方があってたよね。きっと(笑)

萬平さんはこれからどうなる?

東太一は無事に福子たちの依頼を受け入れてくれます。

すると今回の逮捕は「国税犯則取締法」が厳しくなったので、それを知らしめるために有名人の萬平が目を付けられ過剰に重い刑を課せられたのではないかと言うのです。

さらに東は資産整理の具体的な方法として、東京の子会社を売る際にダネイホンを販売する権利を一緒にすれば、7万円で買ってくれるところはあるはず。たちばな栄養食品は守ることができると提案します。

萬平は、この提案を受け入れることにしました。

まんちゃん
まんちゃん
見せしめのために捕まったっていうことじゃん!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ってことは実際は無実!?

東の尽力により売却は成立。萬平は無事に罰金7万円を支払うことができました。

新しい販売会社は「萬平印のダネイホン」という宣伝文句と、萬平の顔写真のホーロー看板を引き続き使うと言います。

東京財務局から「脱税分に追徴課税して、課税額は10万円にする」と言われ困り果てた福子が東にその事を相談しました。

まんちゃん
まんちゃん
更に10万円っておかしくない!?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
この時代は4000円が150万円=10万円は3750万円!?

東は萬平に、このままでは10日後には泉大津の会社も工場も差し押さえられかねないことを告げ、それを避けるために、たちばな栄養食品は解散することを提案します。

ダネイホンの商標と製造方法を売却して会社を畳めば、ダネイホンという商品は生き残り、萬平は多額の金を手に入れられるため、それを資金に新しい事業を始めることも出来ると言われます。

萬平にとってあまりにも重い決断で、東の提案を始めは受け入れることができません。

東が戦地から戻った時、妊娠中の妹は栄養失調で瀕死の状態だった。妹と子どもを救ったのはダネイホン。だから、何としてもダネイホンを守りたいと語ります。

萬平は、東の必死の説得に心を決めました。

 

その後ダネイホンの商標と製造方法は、「北浜食品」という会社に12万円で売却。

東や三田村、世良に協力してもらい、社員たちの再就職先は確保されました。福子達は、泉大津の家を出なくてはならないため、克子の家に住まわせてもらうことに。

真一は、証券会社の退職金が残っているので当面はやっていけるため、しばらく休むと言います。

そして福子は、萬平の代わりに従業員達の前でたちばな栄養食品の解散を宣言しました。

まんちゃん
まんちゃん
塩軍団に会えなくなるなんて・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
悲しすぎる(泣)

それから2日後、財務局が差し押さえにやって来ましたが、会社が解散したことを告げると、財務局の局員達は驚愕するばかりなのでした。

東は、萬平の逮捕は不当逮捕だったことを突き止めました。社員への奨学金が給料とみなされその分の納税をしていなかった。それが、萬平の逮捕された理由。ところが、大蔵省主税局から各税務署に対して「奨学金は非課税」という通達が出ていたのです。

ぷくちゃん
ぷくちゃん
やっぱり不当逮捕じゃん!

東は東京の新聞社に、世良は大阪の新聞社につてがあり、不当逮捕の事実を記事にしてもらいます。世論は萬平に味方をし、財務局への反対デモが行われました。

そんな中、進駐軍は東に訴えを取り下げれば、萬平を釈放すると知らせてきました。

萬平は応じようとしません。訴えを取り下げれば追徴課税分の10万円を支払うことになりますが、萬平はそれを受け入れられなかったのです。「あの金は泉大津で塩を作って、ダネイホンを作ったみんなの汗の結晶なんです。」

まんちゃん
まんちゃん
そりゃ誰でもそう思うよね!

東から萬平の意思を聞いた福子は、生後2か月の幸を連れて、萬平に面会するため上京しました。

萬平に幸の顔を見せ、「もう終わったことは忘れましょう、これから先のことを考えて下さい」と福子は語りかけます。

福子が幸の小さな手を触れさせると、萬平は訴えを取り下げる決心をしました。その後、無事に釈放され、福子や子どもたちと暮せるようになったのです。

まんちゃん
まんちゃん
萬平さんも福子もホントに可哀想・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
次はいいことが待ってるといいんだけど(泣)

実在モデルは黒田覚!経歴が凄い!

そんな萬平さんと福子を助けてくれる東太一の実在モデルですが「黒田覚さん」と言います。

どんな人なのか紹介します♪

黒田覚プロフィール

名前:黒田覚(くろださとる)※正しくは黒田覺です。

誕生:1900年

出身地:京都府京都市

職業:京都大学教授、東京都立大学教授、神奈川大学教授(学長代行)

学歴・経歴

京都府出身で第三高等学校に進みます。(現在の京都大学総合人間学部および岡山大学医学部の前身です

1923年の3月に京都帝国大学法学部を卒業。そのまま大学院に進みます。京都帝大では憲法学・国法学を学びました。

まんちゃん
まんちゃん
帝大って名前だけでかっこいいね!

1925年(大正14年)京都帝大法学部助教授に就任します。

1927年から1930年には文部省在外研究員として3年間渡欧し海外の憲法についても学びました。

1965年に神奈川大学で憲法の教授に就任し、1970年7月27日から1971年1月31日まで、神奈川大学学長代行しました。

ぷくちゃん
ぷくちゃん
これだけすごい人に助けられてたんだね♪なんか安心(笑)

最後に・・・

今回ネタバレに書いたことはほぼほぼ萬平さんの実在モデルである安藤百福さんの史実に基づいて語られています。安藤百福さんくらい波乱万丈な人生を送った人はかなり少ないでしょうね(笑)

まだまだ話題になりそうなまんぷく♪これからの展開も楽しみにしておきましょう!