エール

古関金子(こせききんこ)の生涯について!家系図もチェック!

NHK連続テレビ小説第102作目となる「エール」の放送開始から一ヶ月!主演は窪田正孝さんです。

男性主演の朝ドラは近年では「マッサン」の玉山鉄二さんがいますが、過去101作を見ても11作目と少ないですね。

まんちゃん
まんちゃん
朝ドラ開始当初は男性主演もあったよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
最近では本当に珍しい!

「エール」の物語のモデルは作曲家の古関裕而さんとその妻の古関金子さん。古関裕而さんは、高校野球でお馴染みの「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」、東京オリンピックの「オリンピックマーチ」等を作曲しました。

古関裕而さんは20歳で結婚しており、妻である金子さんとは晩年までおしどり夫婦だったといいます。金子さん自身も声楽家でした。

今回は古関裕而さんの妻古関金子さんについて調べてみましたのでご紹介します。

古関金子(こせききんこ)の生涯について

古関金子さん(旧姓内山)は1912年3月6日内山安蔵・みつの三女として愛知県豊橋市に産まれます。家族は長男と6人の女姉妹で、家業は陸軍に物資を納入する業者でした。父親は金子が12歳の時に亡くなっており、母親が家業を引き継いで子供たちを育てあげました。

金子さんは幼いころから音楽好きで、オペラや声楽にも興味を持っていました。1928年、豊橋高等女学校を卒業後は宝塚や音楽学校への進学を夢見ながら名古屋の知人宅で「女人芸術」という雑誌作りの手伝いをします。

(朝ドラ「エール」の制作が決まったことを報じる福島民友)

1930年1月、福島民友新聞で古関裕而という無名の青年が作曲した舞踊組曲「竹取物語」がロンドンの作曲コンクールで入選したと言う記事が掲載され、その記事を金子さんは目にします。

この新聞を目にしたことが金子さんの人生を変えることになりました。

このことを知った金子さんは感激し、古関裕而さんに「楽譜を送ってほしい。」と手紙を出します!その手紙がきっかけで2人は文通をはじめ、愛を育んでいきました。

そして3ヶ月文通をした裕而さんは福島から豊橋まで金子さんに会いに行き、そのまま結婚に至ります。その時、裕而さんは20歳、金子さんは18歳でした。

まんちゃん
まんちゃん
金子さんの行動力、すごいね!!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
いきなり古関裕而さんに手紙を出したんだね。何か運命的なものを感じたのかな。

古関裕而さんは金子さんとの文通をやり取りしている間、オーケストラ13曲・歌謡曲10曲・室内楽3曲を作曲し、この曲を金子さんに捧げますと手紙に書いています。手紙でふたりは愛を深めたのですね。

古関裕而さんは自分と金子さんをシューマンとその妻クララに例えて自分の音楽活動のパートナーとして思い描いていました。

 

金子さんと裕而さんは結婚後、日本コロンビアの招へいで東京で暮らすことになります。金子さんは近くに帝国音楽学校があったことから、そこで声楽を学びます。

金子さんの声楽の才能は抜群で、師事したベルトラメリ能子や仲間たちからも絶賛されていました。ベルトラメリ能子門下生の中では一番弟子となり、カヴァレリア・ルスティカーナやトスカなどの舞台を踏みます。しかし、その後子育てに専念するために学校は中退してしまいます。

1940年頃には金子さんは、再び裕而さん作曲のオペラ等にも出演しましたが、戦争の影響でその機会も次第になくなってしまいます。

1958年、金子さんは「婦人文芸」に詩や随筆を寄稿し、のちに「婦人文芸」の委員となります。その後も裕而さんとともにヨーロッパなどへ海外旅行にも出かけて仲むつまじく過ごします。

しかし、1980年7月23日乳がんが全身に転移し死去します。享年68歳でした。

古関裕而さんと金子さんの出身地である豊橋市と福島市は2人のドラマティックな物語をテーマとしたNHK連続テレビ小説を放映して欲しいと誘致活動を積極的に行ってきました。「古関裕而さんと金子さんをテーマにしたNHK朝ドラ実現を願う会」も発足し、署名運動やイベントを連携して行った成果、今回の「エール」制作が決定したのです。署名は豊橋市と福島市合わせて15万を越えました。

 

長女・雅子さんからみた金子さん

2020年4月30日放送の「あさイチ」に、古関裕而さん・金子さん夫妻の長女の雅子さん(88歳)が電話で出演。金子さんの思い出を語っていました。
そのときに家族写真も画面に登場、ピアノを囲む古関裕而さん・金子さん夫妻と雅子さん、それから、女の子一人、男の子一人の五人が写っていました。男の子が長男の正裕さんだと思われます。

雅子さんは、母・金子さんについて次のようなエピソードを紹介していました。
戦争中、夜に明かりをつけるのが制限されている中、小さな明かりで家族みんなでトランプを楽しんでいたこと。
戦後、疎開してお世話になっていた旅館で、金子さんが外国語の歌を高らかに歌っていると、旅館に滞在していたアメリカ兵たちがうっとりと金子さんの歌を聴いていたこと。
そこにいるだけで周りを明るくしてくれる、太陽のようなお母さんだったと雅子さんは語っていました。

まんちゃん
まんちゃん
結婚前の裕而さんと金子さんの、実際の手紙も紹介されていたね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
熱烈なラブレターに、思わずキュンキュン(赤面)

金子さんをモデルにした妻の音を演じるのは、二階堂ふみさん。新人女優も多くいるオーディションにガチンコで参加、2802人の中から選ばれました。

まんちゃん
まんちゃん
オーディションに二階堂さんの姿を見つけた審査員は、さぞびっくりしただろうね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
いっしょにオーディションを受けた女優さんたちは、二階堂さんの参加を知って絶望感半端なかっただろうね・・・

古関金子の家系図

古関金子さんには両親と兄、2人の姉と3人の妹がいました。父親の内山安蔵は金子さんが12歳の時に病気で亡くなっています。母親の内山みつは安蔵が亡くなってからも家業で生計を立てていました。

まんちゃん
まんちゃん
お父さんは12歳の時に亡くなっているんだね…。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お母さんは7人の子供を1人で育て上げた強い女性だ。

兄の内山勝英は満州で事業を起こしています。金子は満州へ兄に会いに行って帰国する際に客船が座礁し、死を覚悟したことがあるといいます。

他の姉妹については情報がありませんでした。今後わかりましたらまた追記しますね。

最後に・・・

明るく前向きに、古関裕而さんとともに歩いた金子さん。
二階堂ふみさんの演技も見逃せませんね。

音と裕一が出会い、いよいよ二人の物語がスタートした「エール」。これからの展開も楽しみに、期待して待ちたいと思います♪