なつぞら

なつぞら阿川弥市郎(やいちろう)役は中原丈雄!過去が気になる!

NHK連続テレビ小説記念すべき第100作目「なつぞら」。
今回、私がなつぞらで注目したのが阿川弥市郎(あがわやいちろう)役の中原丈雄さん。

渋い演技と味わいで多くの作品に出演されている中原丈雄さん。
名脇役としてご活躍される一方、ポップなタッチで描く絵の才能もお持ちで、その実力は個展を何度も開くほどのものです。

まんちゃん
まんちゃん
怖い役から知的な役まで何でもこなしてるよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
絵の才能とのギャップもまたすごいね!

中原丈雄さんは今回なつぞらで6回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

中原丈雄さんが演じる阿川弥市郎(あがわやいちろう)ってどんな役?過去が気になる!

もともとは東京で暮らしていましたが、あることをきっかけに北海道に移り住み、今は十勝の深い森で木彫りの熊など、民芸品を作りながら生活していく役を演じます。
猛吹雪の中で倒れていた主人公なつを救い出したことをきっかけに、なつの家族とも親交が深まっていきます。

まんちゃん
まんちゃん
東京から奥深い森に移り住むなんて、いったい何があったんだろう?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
物語が進むにつれて、それも解明されそうだね

東京で暮らしていた経験を持つ人が、人里離れた深い森で生活するなんて、よっぽどの出来事があるように感じますね。
人と離れて生活をしたかったところに、なつを助けることで交流が生まれて、少しずつ心を開いていく、というような感じになるのでしょうか?

【中原丈雄さんのプロフィール♪】

中原丈雄:(なかはらたけお)

中原丈雄:(なかはらたけお)

誕生日:1951年10月19日

血液型:AB型

出身地:熊本県球磨郡温前町市

身長:180cm

体重:72kg

所属事務所:オフィス佐々木

中原丈雄さんが芸能界に入ったきっかけは?

中原丈雄さんは駒沢大学に進学後、4人組ボーカルグループ「デューク・エイセス」のマネージャーをされていました。
その後、劇団「未来劇場」のオーディションを受けて合格し、俳優活動を開始されます。
33歳の時に未来劇場を退団されてからは活躍の場をテレビや映画に映されました。

まんちゃん
まんちゃん
大学進学後からボーカルグループのマネージャーなんて芸能界に興味があったのかな
ぷくちゃん
ぷくちゃん
今でもプライベートバントを結成しているみたいだし、音楽業にも興味があるんだね

中原丈雄さんの代表作を紹介

ここで中原丈雄さんの代表作を紹介します。

白い巨塔

日本外科医学会会長の医師役を演じました。
主人公の財前五郎の前任の第一外科の後任教授、東貞蔵と大学時代の同級生であり、東教授が口約束だけで自分が推薦する後輩に票を入れるように取り付けていた時に、各投票者にテキパキと票固めをし、「甘いお方だ」と言い放ちます。
東教授は自分の甘いことを突き付けられ、自宅に帰って暴れまくるほど惨めな思いにさせられます。

まんちゃん
まんちゃん
「甘いお方」だは皮肉たっぷりで私たちもインパクトがあったよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
今でも名ゼリフなんて言われているもんね・・・

真田丸

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」にもご出演されました。
真田家臣の高梨内記を演じました。
真田家の重鎮家臣として真田親子に仕え、娘と真田信繁と結ばれることを願っていました。
特に真田昌幸への気持ちは深く、昌幸の位牌を抱えて絶命するシーンでは視聴者もジーンとしてしまう人も多いものでした。

まんちゃん
まんちゃん
地元の真田祭りでも高梨内記のファンが多かったみたいだもんね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
高梨内記ファンというよりは”中原内記”ファンなのかもね

CM山崎製パン「ゴールドシリーズ」

山崎製パンの中でも「ちょっと贅沢な逸品」として掲げるブランドのイメージキャラクターを務めています。
上品に年齢を重ねた中原丈雄さんが優しい口調でパンの良さを語ると、本当に美味しそうなパンに見えてくるのが不思議です。
時間にも金銭的にもゆとりがある世代の方がちょっと贅沢したい時に食べるもの、という雰囲気がピッタリでした。

まんちゃん
まんちゃん
あのCMを見ると「パン食べたーい」って思っちゃうんだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それくらい美味しそうに見えるよね

中原丈雄さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

まんちゃん
まんちゃん
中原丈雄さん自身を評価するものは少ないね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
こんなに多くの作品に出ているのにスゴいことだよね

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
すみずみまでスゴいって、これ以上ない褒め言葉だね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
こんなに褒められることってないよね

何件か批判するTwitterもありましたが、中原丈雄さん自身の演技を評価するものではなく、出演作が多く、視聴者が見慣れてしまっていることが原因の何とも切ない評価になってしまっていました。
一方 、演技が上手と評価する声は、ただの褒め言葉ではなく、演技が身体の外まで溢れるほど心打たれる方が多いのが特徴でした。
並大抵の褒め言葉ではないところが演技のうまさを物語っていますね。

 

なつぞらでの中原丈雄さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
なつぞらでの役柄は、北海道十勝の深い森に娘と二人でひっそりと暮らす役どころになりそうです。
「俳優界からまだ消えるわけにはいかない!」とハングリー精神をお持ちの中原丈雄さん。
今回の役柄は、とてもミステリアスな雰囲気ですが、時代やジャンルを問わず、何でも器用に演じる中原丈雄さんなら、今回もきっと見事に演じきってくださることでしょう。