なつぞら

なつぞらの岸川亜矢美(山口智子)の実在モデルはいる?ネタバレあり

NHK連続テレビ小説記念すべき第100作目「なつぞら」。
今回、私がなつぞらで注目したのが岸川亜矢美(きしかわあやみ)役の山口智子さん。

平成のトレンディドラマを引っ張ってきた山口智子さん。
ヒット作全てに出演しているのでは、というくらいひっぱりだこだった山口智子さん。
作品を一度も見たことがないという人はいないのでは、と思うくらい90年代のドラマを彩ってくださいました。

まんちゃん
まんちゃん
飾らない感じで好感が持てたよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
今でも根強いファンも多いんじゃない!?

山口智子さんは今回なつぞらで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

山口智子さんが演じる岸川亜矢美(きしかわあやみ)ってどんな役?

新宿の路地裏にある、おでん屋「風車」の女将役、岸川亜矢美を演じます。
伝説の劇場、ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとして一世を風靡した過去を持ち、戦争からいち早く立ち直ろうとする東京で芸術の道を究めていました。
気さくな人柄から、常連客が集うことが多く、その人脈からか、なつのお兄さんの行方を知る重要な役どころになります。

まんちゃん
まんちゃん
ダンサー役なんて、長身の山口智子さんにはピッタリ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
引退後、おでん屋っていうのが渋くて山口智子さんの気さくな人柄にも合いそう!

実在モデルはいるの?ネタバレあり

山口智子さんが演じる岸川亜矢美は、劇場ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとのことなので、実在モデルがいるか調べてみました。

ムーランルージュ新宿座という劇場は戦前から戦後にかけて存在した大衆劇場です。
フランス語で「赤い風車」という意味を持つムーランルージュですが、本家はフランスのパリにあるようです。
そして新宿の劇場も本家同様、建物の上には赤い風車がありました。

当時は30人を超える俳優や歌手が在籍していたので、山口智子さんが演じる岸川亜矢美もその中の一人と思われますが、この人!という確証が得られませんでした。
また、追加の情報が入り次第、追記します。

まんちゃん
まんちゃん
本当に新宿にあった劇場なんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
赤い風車って意味で、引退後に営むおでん屋さんも「風車」ってことはよっぽど思い入れがあるんだね

今回のなつぞらでは実在モデルがあるものがいくつかあると言われていますが、どれもオリジナルの名前をそのまま使うことはありませんでした。
ムーランルージュ新宿座の名前がそのまま使われるなんて、珍しいですね。
バラエティーにとんだショーの内容で、満員になるほど人気だったのに、戦争の影響で改名までさせられ、今では閉館してしまったことが残念でなりません。

山口智子さんのプロフィール♪

山口智子:(山口智子)

唐澤智子:(からさわともこ)

誕生日:1964年10月20日

血液型:A型

出身地:栃木県栃木市

身長:170cm

所属事務所:研音

山口智子さんが芸能界に入ったきっかけは?

山口智子さんのご両親は離婚をして、幼いときからよくしてくれていた父方の祖母と暮らしていました。
そこは栃木市では有名な老舗旅館で、ご家族も山口智子さんに旅館を継いでもらいたいと思っていたようです。
そんなご家族の気持ちとは裏腹に、旅館は継ぎたくないと考えていた山口智子さんは短大生時代からモデルのアルバイトを始め、そのまま女優を目指すようになります。
奇しくも山口智子さんの女優デビュー作となった、NHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」では、旅館の若女将という役どころでした。

まんちゃん
まんちゃん
複雑な過去があったんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でもデビュー作が若女将の役って、女将から逃げられない運命だったのかもね

山口智子さんの代表作を紹介

ここで山口智子さんの代表作を紹介します。

ダブル・キッチン

2世帯住宅の楽しさ・難しさを描くホームコメディです。
山口智子さん演じるキャリアウーマンとして働く花岡都という現代の主婦と、野際陽子さん演じる古風な姑の真知子はことあるごとに対立する日々でした。
毎回、物語の終盤には都が、家にあるものに当たり散らしながら文句を言い、真知子も鼓を打ちながら嫁の文句を言う姿が交互に映像に映し出され、嫁姑関係を象徴させるような作りになっていました。

まんちゃん
まんちゃん
小さい頃にこのドラマを見たときは衝撃だった
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも子供ながらに面白くて、当たり散らす姿と鼓を打つ姿が交互に映る映像が頭に残ってるなー

ロングバケーション

言わずと知れた代表作です。
ドラマの放送時間となる月曜21時には、街から人が消えるという現象まで起こりました。
山口智子さん演じる、葉山南は結婚式当日に婚約者が失踪してしまうという悲劇に陥ります。
仕方なく、婚約者のルームメイトだった木村拓哉さん演じる売れないピアニスト瀬名秀俊との同居生活が始まるのですが、共同生活を通じて、徐々に互いがかげがえのない存在になっていくのでした。

まんちゃん
まんちゃん
月9って言葉はここから確率された気がするよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ピアノを習い始める男性もこのドラマを通じて増えたくらい社会現象が起こったよね

BG~身辺警護人~

前述したロングバケーション以来の木村拓哉さんとの共演で話題になりました。
主演の木村拓哉さん演じる島崎章の離婚した妻の小田切仁美役を演じます。
再婚して現在はフラワーアレンジメントの仕事をする仁美から章に警備の依頼がきたことから再開しますが、政治家の会食の場で起きた襲撃事件に巻き込まれてしまいます。

まんちゃん
まんちゃん
22年ぶりのキムタクとの共演で話題になったよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
22年の間があったとは思えないほど、二人とも若い!

山口智子さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

まんちゃん
まんちゃん
最近、作品に出ていないから一昔前ってイメージがあるのかな
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも、その演技で当時は視聴率女王だったんだけどね!

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
90年代当時から変わらない演技スタイルに好感を持つ人もいるんだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
自分たちの青春時代を思い出すのかな

90年代のトレンディドラマの演技が全面に出ている山口智子さん。
当時はそういうことが求められていたのでしょうし、それを魅力としている人が沢山いました。
ですが、そのスタイルが今では賛否両論あるんですね・・・
その演技スタイルが気さくで親しみやすいと評判なので、そのまま自然体でいてほしいですよね。

なつぞらでの山口智子さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
なつぞらでの役柄は、伝説の劇場、ムーランルージュ新宿座の元人気ダンサーであり、現在は路地裏でひっそりとおでん屋さんを営む女将という役どころになりそうです。
上京したなつがアニメーションの世界に飛び込むきっかけを求めて暮らす新宿で出会い、失踪してしまったお兄さんの行方までも知っているとなれば、なつにとって重要です。
毎日笑顔で輝く人生を演じているそうなので、山口智子さんの気さくな人柄も画面を通じて感じられそうです。
パァっと明るくなるような存在になりそうですし、今からなつぞらの新宿編が楽しみですね!