なつぞら

なつぞらロケ地北海道編の場所を紹介!撮影秘話や見どころまとめ

連続テレビ小説「なつぞら」

とうとう放送開始を迎えた「なつぞら」。前作の「まんぷく」よりも早くに異例の早さで制作が発表され、話題になりました。制作が早くに発表された理由は、北海道十勝でのロケを早くから始める必要があったからなんです。

第1話の冒頭から雄大な北海道の自然が見ることが出来てワクワクしましたね!「なつぞら」はどんな所でロケが行われているのでしょうか。

 

まんちゃん
まんちゃん
「なつぞら」のロケは2018年6月から始まったんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ずいぶん早いね。それだけロケが多い現場なんだろうね。

「なつぞら」の舞台は終戦を迎える「上野」、なつが高校時代を過ごす「十勝」、アニメーターとなる「新宿」の3か所がメインとなります。今回はロケ地~北海道十勝~について詳しくご紹介します♪

北海道十勝地方~陸別町

北海道陸別町でのロケは、陸別町郊外の牧場に建つ木造の牛舎と馬小屋で行われました。

牛舎も馬小屋も、昭和20年代前半に建てられたものでしたが保存状態が良く、今回のロケ地決定につながったと「なつぞら」のプロデューサーがインタビューで話しています。

現存した牛舎、馬小屋のほかには、撮影のために牛の飼料を貯蔵する「サイロ」や柴田牧場のシンボルである風見鶏はなつぞらスタッフが独自に作りました。

なつや柴田家のみんなが暮らす家や牛舎などの撮影が主に陸別町で行われたのですね。

 

まんちゃん
まんちゃん
陸別町は「日本一寒い町」と言われているんだって。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そうなんだ!ロケは寒い時期もやっていたみたいだからみんな寒かっただろうね。

陸別町は東北海道のほぼ中央に位置し、女満別、釧路、帯広の各空港からも近く、観光地へ至る道路網も整備されています。それでも札幌から車で行くと5時間ほどはかかります。日本最大級の天体望遠鏡があり、オーロラが観測されたことでも有名です。

北海道十勝~新得町

ロケ地の一つとして北海道の新得町で行われていることが正式に発表されています。新得町には大きな牧場がありますので、そこで牧場のシーンなどが撮影されました。美しい大自然の撮影ではドローンが大活躍!

撮影場所の候補の一つとして挙がっているのが、「新内牧場」です。以前広瀬すずさんが撮影の取材会を行った時の周りの風景から、新内牧場ではないかと言われています。

柴田家までの道は、広大な牧草地の草を刈らせてもらい造ったもの。草原の先に小さく見える柴田家の建物はなんとCGで合成しています!

 

新得町の共働学舎新得農場が経営している「ミンタル」というカフェに広瀬すずさんが撮影の合間に訪れたことが話題となっています。

「ミンタル」で広瀬すずさんは「ラクレットオーブン」というメニューを食べました。ラクレットとは、チーズをオーブンであぶったり、電熱器などで温めて溶けた部分をパンやジャガイモにかけて食べる料理です。とても美味しそうです♪

 

まんちゃん
まんちゃん
写真を見ただけで美味しそうで食べたくなる♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これからなつぞら効果で観光客が殺到しそうだね!!

下居辺小学校

「なつぞら」の撮影協力をしている農家が小学校のPTA会長だったという縁があり、河東郡士幌町の下居辺小学校でのロケが行われました。下居辺小学校の全校児童は9人。児童全員が撮影を見学しました。

具体的にどんなシーンが撮影されたのかは明らかになっていません。撮影を見学した児童によると広瀬すずさんはセーラー服を着ていたようなので、学校でのシーンだったのかもしれませんね。詳細が分かりましたら追記します。

まんちゃん
まんちゃん
撮影を見学出来た児童たちは嬉しかっただろうね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
広瀬すずさんも撮影に参加していたみたい!

下居辺小学校は今年の3月で閉校になりました。112年続いた学校でしたが、児童数の減少により閉校が決定しました。

柴田家のセットのこだわり

なつたちが住む十勝の家は、陸別町の馬小屋を飾り変えて外観を撮影しました。家の中のセットはこだわりがいっぱい詰まっています。

まずは柴田家の団欒の場である居間。当時の開拓者はなんでも自分たちで作っていたそうなので、大きな座卓は泰樹が作ったという設定になっています。

 

屋根裏の子供部屋は「アルプスの少女ハイジ」の山小屋をイメージしたものです。可愛い窓と屋根裏の秘密基地のような空間がこだわりです。この子供部屋は泰樹と剛男が子供たちのために手作りしたという設定です。

まんちゃん
まんちゃん
「なつぞら」がハイジっぽいっていう意見は多かったよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そうそう。セットにもこだわりがたくさんあるんだね。細かいところも注目して見てみよう!

牛たちも大活躍

 

ロケの最難関となったのは牛の出産シーンです。撮影は出産間近の牛がいる牧場を探すところから始まります。そして、ドラマに登場する母牛に似た白黒模様の仔牛が産まれる瞬間を撮らなければなりませんでした。

いつ仔牛が産まれるかわからないため、カメラマンたちは異例の泊まり込みまでしました。目的の白黒の仔牛の誕生の瞬間を撮影することができた時は、まさに歓喜の瞬間!!

 

まんちゃん
まんちゃん
牛の出産シーンには感動した!見ながらどうやって撮影したんだろうって思っていたよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
出産シーンは本当に大変だったんだね。牛たちも思うように動いてくれないだろうから、撮影も大変だろうな。

「なつぞら」で活躍しているのは牛だけではなく馬も活躍します。十勝の「北海道馬」という種類で、サラブレッドとは正反対のお腹とおしりがぷっくりしている可愛らしい馬です。注目して見てみましょう。

最後に・・・

2018年6月からという異例の早さでクランクインしている「なつぞら」。放送が始まり、雄大な北海道の風景や牧場、牛舎の様子を見ていると早くロケを始めたのにも納得します。

これからは北海道の厳しい寒さの中での撮影した様子も放送があるようですので、そのシーンの放送もこれから楽しみですね。