なつぞら

なつぞら下山さん(麒麟川島)の実在モデルは宮崎駿の指導係!?

NHK連続テレビ小説記念すべき第100作目「なつぞら」。
今回、私がなつぞらで注目したのが下山克己(しもやまかつみ)役の川島明さん。

川島明さんはお笑いコンビ「麒麟」として活躍中です。相方の田村祐さんが「ホームレス中学生」という本を出版し大ヒットした頃から、ピンで活躍する機会が増えました。

そんな川島明さんはインスタグラムが面白いと近頃話題になっています。写真よりハッシュタグの一言が面白いと言われており、今は10万人以上のフォロワーが存在します!

最近は俳優業にも活動の幅を広げている川島明さん。なつぞらでもどんな演技を見せてくれるのか期待大です♪

まんちゃん
まんちゃん
確かに最近はコンビでの活動は減った気がする。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ピンでも活躍して俳優業もしていてすごいね!

川嶋明さんは今回なつぞらで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

川島明が演じる下山克己(しもやまかつみ)ってどんな役?

川島明さんは、なつが働くことになる「東洋動画」のアニメーターでなつの先輩にあたる下山克己を演じます。なつが咲太郎を探しに上京した時に2人はすでに会っていますね。下山克己はなつの描いた絵を評価していました。

元警察官という異色の経歴を持ちますが、人一倍努力家でディズニー映画を分析したり、新しい動画表現を研究しています。

他にはなつが毎日いろんな服を着てくることを面白がってスケッチをします。同じ服を着てきたらスケッチすることを辞めると決めますが、毎日組み合わせを変えて服を着てくるためなかなかやめられないと嘆きます(笑)

あのスケッチブックに「半分青い」の文字が見えたときは感動しましたね(笑)

まんちゃん
まんちゃん
警察官からアニメーターになるなんてすごいね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
何かきっかけがあったのかな?気になる!

実在モデルはいるの?

川島明さん演じる下山克己の実在モデルは、アニメーターの大塚康生さんです。大塚康生さんは「東映動画」の第1期生で日本アニメの創成期から第1線で活躍しました。アニメーターとしての他にも軍事車両研究家としての一面も持ち、代表作である「ルパン3世」にも生かされています。

下山克己の元警察官という設定の通り、大塚康生さんは元麻薬取締官事務所で働いていたという異色の経歴の持ち主です。

「東映動画」ではその当時新入社員であった宮崎駿の指導係も務めていました。下山克己に指導され羽ばたいていったアニメーターは数多く、今でも「東映アニメーション」や「スタジオジブリ」などで後進の指導に当たっています。

「東映動画」の前身である「日本動画社」のテストで大塚康生さんは、薪割りの絵を描いたと言われています。なつが上京した際に受けたテストと同じ内容ですね。

まんちゃん
まんちゃん
下山克己の元警察官という設定は実在モデルの大塚康生さんの職業からきているんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
宮崎駿監督の指導をしていたなんてすごい♪

川島明のプロフィール♪

名前:川島明(かわしまあきら)

誕生日:1979年2月3日

血液型:AB型

出身地:京都府宇治市

身長:179cm

体重:65kg

所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

川島明が芸能界に入ったきっかけは?

川島明さんは、1997年18歳の時に吉本総合芸術学院(NSC)に第20期生として入所。その後、1999年に田村裕さんとお笑いコンビ「麒麟」を結成し、ボケ・ネタ作りを担当します。

2001年のM-1グランプリで決勝に進出したことが飛躍のきっかけとなり、一躍注目を浴びます。それ以降は数々の大会や漫才コンテストなどで大活躍し、M-1グランプリでも決勝進出を続けました。

まんちゃん
まんちゃん
お笑い芸人の登竜門はやっぱりM-1グランプリなんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
結成2年足らずで決勝進出はすごいな~。

川島明の代表作を紹介

ここで川島明さんの代表作を紹介します。

連続テレビ小説「つばさ」

「つばさ」は2009年前期に放送された第80作のNHK朝の連続テレビ小説です。ヒロインは多部未華子さん。埼玉県川越市を舞台に母の膨大な借金が発覚したことから、その貸出先であるコミュニティーラジオ局で奮闘するヒロインを描いた作品です。

川島明さんはヒロインの翼が毎朝聞いているラジオ番組のDJのベッカム一郎役で出演しました。最初は声だけの出演でしたが、第15週から出演し話題を呼びました。

まんちゃん
まんちゃん
川島明さんは「つばさ」が俳優デビューなんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
声が良いもんね♪DJ役はぴったりだ。

「競馬BEAT」

「競馬BEAT」は関西テレビなど、西日本地区で2010年から放送している中央競馬の中継番組です。川島明さんはスタジオのメインキャスターとして出演しています。

川島明さんは競馬好きを公言しており、各レースの予想もしています。番組のキャッチコピーは「ライブなレースの楽しさを!時に心震わす感動を!」です。

まんちゃん
まんちゃん
競馬が好きなんだね!少し意外だったよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
キャスターとしても活躍していてすごいな♪

書籍「うつむきくん」

「うつむきくん」は川島明さんが初めて出版したイラスト&エッセイ集です。身の回りで怒るちょっとしたつまずきをテーマにしており、脱力感のある「うつむきくん」のキャラクターも人気を呼んでいます。

うつむきくんは展示会をはじめ、LINEスタンプとしても人気を集めており川島明さんはイラストレーターとしての活躍の場を広げています。

まんちゃん
まんちゃん
川島明さんはイラストも描いているんだね!!全然知らなかった。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
なつぞらではアニメーターの役だけど、自分で描いた絵とか出てくるのかな?

川島明の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

川島明さんはまだ俳優としての活動が少ないため、演技に対する意見は少なかったです。本業のお笑い芸人だけではなくイラストレーターやキャスターとしての活躍も多いですので、これから俳優としても活躍してくれることを期待したいですね。

まんちゃん
まんちゃん
なつぞらのアニメーター編では出番が多そうだよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これからどんな演技を見せてくれるのか期待大だ♪

上手な意見

なつがアニメーションの仕事を見学した時に、川島明さん演じる下山克己は一度登場しています。やはり朝ドラの反響は大きいため、なつぞらの演技に関しての感想がほとんどでした。

演技が上手いという意見や、演技の上手い俳優さんたちに混ざって頑張っているという応援するツイートが多かったです。これからどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

まんちゃん
まんちゃん
下山克己はとても明るそうな役だった!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
芸人さんの川島明さんにピッタリだね♪

俳優としてのドラマ出演はまだ少ない川島明さんですが、イラストレーターとして本を出版しているので、実在モデルである大塚康生さんのことを知っていたようです。豪華俳優陣に混ざって「なつぞら」出演に意欲を見せていますので、川島明さんの演技に期待しましょう!

なつぞらでの川島明に期待!

いかがでしたでしょうか?

なつぞらでの川島明さんの役柄は「東洋動画」でなつの先輩アニメーターとなる下山克己役です。実在モデルである大塚康生さんが偉大なアニメーターですので、なつの先輩としてどのように関わって来るのか楽しみですね。

なつぞらはとうとう東京編に入りました。十勝とはまた違った華やかな雰囲気になってきましたが、アニメーター編でのなつの成長も楽しみですね。川島明さんたちアニメーター編の豪華キャストたちの熱演も期待しましょう!