なつぞら

なつぞら雪次郎は俳優になり亀山蘭子と結婚?!ゆみことの恋は?

NHK連続テレビ小説記念すべき第100作目「なつぞら」。
今回、私がなつぞらで注目したのが小畑雪次郎(おばたゆきじろう)役の山田裕貴さん。

なつと共に高校卒業後上京。高校時代の部活で演劇に興味を持っていたため東京でも演劇にのめり込みます。そのためお菓子作りの修行のために来たものの辞めると言い出します。

まんちゃん
まんちゃん
雪次郎大丈夫なの?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お父さんの怒りが・・・

山田裕貴さんは今回初めての朝ドラ出演です。雪次郎は俳優になり蘭子と結婚するのか?!そして片思いの相手だったゆみことの恋はどうなるのかを詳しくご紹介します♪

雪次郎は俳優になり蘭子と結婚?!ゆみことの恋は?

6月11日に放送された「人形の家」雪次郎(山田裕貴さん)が舞台女優・亀山蘭子(鈴木杏樹さん)に演劇に感動。雪次郎は、上気した表情で「本物は普通なんだと思いました」と話すと「普通の人がまるでそこにいるみたいというか、そういうアマチュア精神を感じるというか…」と真剣な表情で語りました。
その後、雪次郎は演劇にハマってしまい仕事終わりに毎日第3幕を見るために通いました。

そして6月22日に雪次郎は退職届を提出。「川村屋を辞める!」と衝撃発言をしてみんなを驚かせます。

今回雪次郎が蘭子と出会ったことにより大きく運命が変わってしまいます。お菓子屋の「雪月」の一人息子であり、跡継ぎですが「川村屋を辞める!」と言い出し、なつ(広瀬すずさん)の知らないうちにマダム(比嘉愛未さん)に退職届を提出していました。マダムは「まずは雪之助に許しを得るべきだ」とたしなめますが言うことを聞きません。マダムは困り、たまたま川村屋に来たなつに相談します。

なつは、雪次郎をアパートから風車へとつれて来ます。芝居の道に進む決意を固めた雪次郎を必死に説得するなつですが雪次郎の意思が固い。咲太郎(岡田将生さん)も本人の意思を尊重すべきとなつに伝えます。

そんなこともありネット上では「もしかして亀山蘭子と結婚?」「演技の道に進んでも大丈夫!」「雪月はどうなるの?」などいろんな疑問の声が寄せられます。

雪次郎が役者になるため川村屋を辞めると言い出してから数日後。朝、なつの窓の下に懐かしい3人の姿が。とよ(高畑淳子さん)、雪之助(安田顕さん)、妙子(仙道敦子さん)が東京にやってきていました。風車のカウンターに腰掛けると亜矢美(山口智子さん)と咲太郎(岡田将生さん)がお店に降りてきます。雪之助は雪次郎が劇団に入りたいといった背景に、咲太郎の影響があるはずと考えていました。3人が来たことに気づいた雪次郎は川村屋から姿を消します。

雪之助たちの説得に対し、雪次郎は、自分の夢を追わせてほしいと必死に懇願します。しかし、雪次郎の抵抗もむなしく川村屋に連れ戻されてしまいます。雪之助は「息子が落ち着くまで、私も一緒に働く」と言い出します。なつは自分も夢を追って上京したので雪之助と雪次郎、お互いの気持ちがわかるだけに、どうしていいのかわからないのでした。

なつは雪之助から、雪次郎に雪月を継がせたい理由を聞きます。その後、なつたちが風車を訪れると、とよと咲太郎が酒を酌み交わし陽気に歌っていました。すると雪之助は亜矢美に、明日の朝、店を貸してほしいと願い出ます。そして、風車に呼び出された雪次郎は、雪之助に「バタークリームケーキを作り、その場の全員がケーキの味に満足できれば認める」と言われます。

今回雪次郎は製菓用の設備のない風車でケーキを作ります。料理監修をしている住川啓子さんはオーブンなしで果たして何が作れるのか、当時の日本に既にあった洋菓子をあれこれ検討した末に、フライパンでスポンジを焼いてクリームを巻くロールケーキなら作れるんじゃないかと思いつきました。泡立てやナッペなど修業2年目の雪次郎の腕を見せるという面でもちょうどいいと思ったそうです。

ところがいざフライパンでケーキの生地を焼いてみると膨らまないは焦げ付くわで全然うまくいかず。試行錯誤の結果、フライパンに紙を敷いてその上で生地を焼けばふっくら焼きあがることが判明しました。どれくらいの厚さの紙が適しているのか何度も試作しようやくレシピが完成しました。

山田裕貴さんは「みんなを納得させられるバタークリームケーキが作れたら許す」と言われた雪次郎がなっちゃんや家族が見守る中、一人でケーキを作る場面。雪次郎が役者を目指すのを認められるか否かが判明する、重要な場面。
山田裕貴さん自身ケーキ作りの練習を何度も重ねて臨んだ場面でした。 この場面では役者を目指すことを認めて欲しいという思いだけでなく、これまで育ててくれた家族への感謝、だからこそ家族をがっかりさせるような菓子は作ってはならないという覚悟。雪次郎と小畑家の絆が描かれる場面であるので是非ご覧いただきたいですとコメントしていました。

やはり演劇の道には進めないような気がしますがどうなるのでしょう。私個人的な意見としてはやはり亀山蘭子よりはゆみことくっついて欲しい気持ちが大きいです(笑)これがどうなるのかはまた先のお楽しみですね♪

山田裕貴のプロフィール♪

名前:山田裕貴(やまだゆうき)

本名:山田裕貴(やまだゆうき)

誕生日:1990年9月18

血液型:O型

出身地:愛知県名古屋市

身長:178cm

所属事務所:ワタナベエンターテイメント

山田裕貴が芸能界に入ったきっかけは?

高校卒業後にお芝居の勉強をするためワタナベエンターテイメントカレッジに入ります。

2010年「D☆DATE新人メンバーオーディション」で特別部門でグランプリをとり、ワタナベエンターテイメントに所属。

2011年テレビドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー/ジョーギブケン役でデビューします。

まんちゃん
まんちゃん
デビューは戦隊ものだったんだね♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
最近、戦隊ものでデビューして人気俳優になる人が凄く多いよね。

山田裕貴さんは俳優集団D-BOYSとD2のメンバーとして活躍しています。お父さんは元プロ野球選手で現在は広島東洋カープの二軍コーチです。

山田裕貴さんも中学生まで野球をやっていましたが、自分の実力ではプロにはなれないと感じ新たな将来を考えて高校生の途中で辞めます。

現在は、多数の映画やドラマに出演しており期待の若手俳優として注目を浴びています。

まんちゃん
まんちゃん
お父さんは元プロ野球選手なのか~。知らなかった。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
山田裕貴さんのプロになれないから野球を辞めるっていう決断もすごいね!

なつぞらでの山田裕貴に期待!

いかがでしたでしょうか?

今までは北海道から生まれたほんわかキャラでしたが、今回の雪次郎の川村屋を辞めて役者になるという一大決心について山田裕貴さんは「雪次郎よくやった!よくぞ言った!」と思い、うれしかったそうです。

そんな中で雪次郎の家族である小畑家の素敵な家族愛が見ることができます。

それは言葉少なに息子の角度を見極めようとする父ちゃんの「厳しさ」という愛。どこまでも息子の味方でいようとする母ちゃんの「優しさ」という愛。「やりたいようにやらせてあげよう」 というおばあちゃんの寛容な愛。特に父ちゃんの姿勢はとても素敵だと思いました。叱りつけるわけでもなく、ただそばにいて息子を見守る。安田さんのお芝居から厳しさの奥にある愛情痛いくらい感じて雪次郎として逃げずにちゃんと自分の思いを家族に伝えないといけないと強く思いました。

こんな展開が待っていますので楽しみにしておきましょう♪