朝ドラキャスト

橋本マナミの朝ドラ出演歴について!評判は?まれで愛人として出演!

NHK連続テレビ小説第99作目「まんぷく」に出演される橋本マナミさん。

今回橋本マナミさんが演じるのは、福子(安藤サクラ )の先輩役・保科恵です。二人は同じホテルのフロント係りで、福子にとっては憧れの先輩で、目標としている存在になります。

保科恵は美人で華があるため、モテそうに見えますが男性と交際したことがないという意外な一面も持ち合わせています。

橋本マナミさんがモテないなんて普段では考えられないような役だからこそ面白い気がします!

そんな橋本マナミさんは今回2回目の朝ドラ出演で、前回出演されたのが「まれ」です。この作品で橋本マナミさんがどんな役だったのか、そして見た人はどう思ったのかを紹介します♪

橋本マナミの朝ドラ出演歴について!評判は?まれで愛人として出演!

橋本マナミさんはまれではスナック「崖っぷち」のママ・かなえ役で出演し、持ち前のセクシーさを生かした演技を見せました!かなえは周囲から明らかに浮いた派手な格好で塗師屋を訪れてしまい、まれ(土屋太鳳)や圭太(山崎賢人)のことを驚かせます!

スナック「崖っぷち」とは圭太の祖父で塗師屋の弥太郎(中村敦夫)がひいきにしている店で、愛人役でした。

この時は全く気にしませんでしたがまさかこんなに橋本マナミさんがブレイクするなんて思いもしませんでした♪

40代:女性

スナック「崖っぷち」のママ・かなえ役で朝からフェロモンがムンムンしていました。格好がとても派手だったので塗師屋に訪れる時はとても格好が浮いていましたがお芝居は上手だなと思いました。愛人にしたい女性ナンバー1で有名なので上手く表現が出ていると思いました。そこは橋下さんじゃないと出せない役だと思いました。また役柄も変わればまた違った橋下さんが見られるんじゃないかと思うのでこれからが楽しみだと思います。

 

40代:女性

正直、橋本マナミ、出てたっけ?と思ってしまいました。まれの父親は、ダメダメだし、山﨑賢人の役も、優柔不断ていうか、女性関係が、あんまり、好ましくなかったです。なんなら、漆職人として、女に目もくれない感じの方が、私的には好きです。ドラマって、あんまり現実的すぎると、面白味がなくなるのかもしれないですね。父親にしても、彼氏にしても、こんなダメ男、いるいる!みたいなところで、夢見れないという感じでした。結末は、悲しくても、もう少し、ドラマチックなものが、好まれるのでは、と思いました。

 

20代:女性

橋本マナミさんは朝の連続小説「まれ」で山崎賢人さん演じる圭太のおじいさんがひいきにしていたスナックのママを演じておられました。それまでの橋本さんには朝ドラというイメージはありませんでしたが、スナックのママなのですごく合っていたように思えました。あまり、出演の回数はありませんでしたが、ドラマの経験もない橋本さんはがんばっていたように思えます。まんぷくにも出演されるということなので、注目してほしいです。私もしっかり見ようと思います。

 

50代:女性

スナックのママをしていて、ここで起きる毎日の展開がとても面白かったです。また、彼女の人柄の良さが出でいて優しい人だなと感じていました。
スナックで、みんなの心のよりどころみたいなところがまさにスナックのママという感じがしました。悩み相談を聞いてる時も本当に聞いてくれてて役になりきれてるところがすごいなと思っています。
今回も出演されると聞いたので、楽しく彼女の人柄を生かしてやってほしいなと感じております。

まんちゃん
まんちゃん
やっぱり愛人っていうのははまり役だよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも愛人役が橋本マナミって気づいてなかった人も多かったみたい!

最後に・・・

今回橋本マナミさんは初めて朝ドラレギュラーとして出演します。それも今回は今までモテてなくて、いきなりモテ期が到来するという役柄で面白そうな展開になる気がします。

橋本マナミさん演じる保科恵の恋の行方も楽しみにしておきましょう!