なつぞら

なつぞら魔法使いアニーのモデルは魔法使いサリー!名前に問題が?

NHK連続テレビ小説「なつぞら」

なつと一久の結婚が決まり、新たなステージへと向かって行きそうな「なつぞら」。北海道への結婚報告もどんな展開になるのか楽しみです!泰樹はなつの結婚をどのように受けとめるのか、今から想像しただけでも涙が出そうです(涙)

一久は東洋動画を辞めてしまいましたが、なつは結婚後もそのまま東洋動画に残ることになります。2人はいったいどのような夫婦になるのでしょうか。


なつが結婚後初めて取り掛かる作品がテレビアニメ「魔法使いアニー」です。再びテレビアニメの世界に戻ってくるなつが今後どんな活躍を見せてくれるのか、一久との結婚生活とともに楽しみです!!

まんちゃん
まんちゃん
一久さんは東洋動画を辞めてどうするのかな…。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
あんなに才能があるのにもったいないよね。なっちゃんと一緒にまた働く姿を見たいな!

今回はなつが結婚後に新たに取り組む作品「魔法使いアニー」とその実在モデルについて詳しく調べてみましたのでお伝えいたします。

「魔法使いアニー」とは?

なつは一久との結婚後も東洋動画に残り、アニメーターとしての仕事を続けます。東洋動画を辞めた一久は、自宅でアメリカ小説の翻訳の仕事をしながら忙しいなつに代わって家事もすることに!なつとの結婚で一久自身も変わっていきそうな予感がします。


なつの新しい仕事はテレビアニメ「魔法使いアニー」の原画です。一緒に原画を担当するのは、下山と結婚して妊娠中の茜でした。結婚とともに仕事を辞める女性が多い時代のなか、なつや茜はアニメーターとして仕事を続けていてスゴいですね!

しかし、今後子供を出産するとなると仕事と子供の間での葛藤や苦難も待ち受けているのでしょうか?

まんちゃん
まんちゃん
なつはまたテレビアニメに戻るんだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
忙しい日が続きそうだけど、結婚生活は大丈夫かな…。

実在モデル「魔法使いサリー」名前に問題があった?!

なつが新しく取り組む作品である「魔法使いアニー」の実在モデルはあの有名な「魔法使いサリー」です!1966年12月から放送が開始された、日本初の少女向けのテレビアニメです。

「魔法使いサリー」は、魔法の世界からやってきたサリーが人間界で友達と出会い、魔法で家を建てて人間界に定住して様々な体験をしていく物語です。1989年には20年以上の時を経て続編が作られており、幅広い世代から認知されている人気アニメとなりました。

魔法使いサリーのオープニング曲は人気となり、発売されたレコードは30万枚を越える大ヒット!!このレコードの売上枚数は当時の日本コロンビア社の子供向けレコードの新記録です。

まんちゃん
まんちゃん
魔法使いサリー!懐かしいなあ。よく見ていたよ♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
アニメの主題歌も耳に残っているなぁ~。

テレビアニメ「魔法使いサリー」の原作は横山光輝さんの「魔法使いサニー」で、少女漫画雑誌「りぼん」で連載されていました。テレビアニメ化が決まった時に「サニー」は商標権を家電メーカ会社「ソニー」が持っていたため、使用許可が下りず漫画もテレビアニメも「サリー」に改名しています。

東洋動画初のカラーアニメ!

1963年に東京オリンピックが開かれたことによりカラーテレビは普及が広がり、1965年に虫プロダクションの「ジャングル大帝」が日本初のカラーテレビアニメとして放送を開始します。

カラーアニメはモノクロアニメよりも制作費が3倍にもなるためなかなか制作されませんでしたが、この「ジャングル大帝」のヒットによりカラーアニメが増えていくきっかけとなりました。

「魔法使いサリー」は17話まではモノクロで作られましたが、18話からはカラー放送となります。東映動画としては初のカラーテレビアニメです。

まんちゃん
まんちゃん
東京オリンピックの後だったんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それでカラーテレビが一気に広まったんだ。

最後に

いかがでしたでしょうか?

結婚という人生の転機を迎えて、また新たな気持ちでアニメーターとしての仕事に取り組むなつ。新しい作品は少女向けテレビアニメの「魔法使いアニー」。実在モデルの「魔法使いサリー」は今もなおたくさんの人々に愛されています。

なつが新たな作品でどんな活躍を見せてくれるのか、また一久とどんな夫婦になっていくのか今後の展開が楽しみですね!