なつぞら

なつぞら魔界の番長の実在モデルはデビルマン!最終回の結末は?

優の一言で、なつが初めて作画監督を務めた「キックジャガー」も無事に最終回を迎えることが出来ました。
茜さんに優を預かってもらいながらの作画監督でしたが、茜さんが二人目の赤ちゃんを授かっていることが分かりました。
いつまでも茜さんに甘えるわけにはいかないと、なつはまた悩み始めます。

まんちゃん
まんちゃん
なつの初めての作画監督の作品が成功して良かったね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
茜さんや優のおかげだね!

今回はなつぞらに出てくる「魔界の番長」と実在モデルである「デビルマン」について朝ドラマイスターの私が紹介します♪

魔界の番長とは?

キックジャガーの成功で、山川社長からなつにまた作画監督の依頼がありました。
その作品が「魔界の番長」です。

しかし、なつは優を預かってくれていた茜さんが妊娠中とのことで、優の預け先に困り、次回作からは作画監督をやめて原画に戻ろうと思っていたところでした。
山川社長からは次も作画監督を引き受けてくれるのであれば、昇給も約束する!と言われてしまい、なつはまた仕方なく作画監督を引き受けます。

魔界の番長はまた漫画を原作とした物語でした。
しかも暴力的な内容でもあった為、なつはますます苦戦してしまいます。

魔界の番長はいわゆる変身ヒーローの作品で、番長が恐ろしい魔人に変身するという内容でした。
自宅でなつと一緒に放送を見ていた優は、番長が魔人に変身すると、怖くて部屋にとじ込もってしまうほどです。
そんな内容の作品を作り続けることに、なつの葛藤はどんどん大きくなっていきます。

まんちゃん
まんちゃん
魔界って聞くだけでも怖いもんね・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
幼い優は逃げちゃうよ…

実在モデルのデビルマンとは?

1972年に放送された「デビルマン」がモデルとされています。
デビルマンは漫画版とアニメ版がありますが、なつぞらではアニメ版がモデルになっていると思います。

主人公・不動明は悪魔に体を乗っ取られるも、美樹という人間の女性に惹かれ、自分の世界を裏切り、地球の先住人類「デーモン」と戦います。

デーモンと人間の戦いはエスカレートしていき、最終回では妖怪によって美樹に明の正体が明かされてしまうというピンチに陥ります。
しかし、美樹は妖怪によって変身させられてたのだと思い込み、事なきを得たのでした。
戦いを超越した人間の愛がテーマの一つでもあり、戦いの決着が最終回でもつかないこともまた長くファンを魅了する作品になりました。

まんちゃん
まんちゃん
悪魔とか乗っ取るとか、やっぱり怖いイメージなんだけど…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でもこの独特の設定に、逆にファンが多いらしいよ

デビルマンは調べてみると地域で最終回の放送があったりなかったりしていました。今ではありえないですよね(笑)

最後に・・・

実在モデルになったデビルマンは、今でもコスプレイヤーに人気があるほどの作品ですが、なつは優が怖がるほどの作品を自分が作ることに疑問を感じてしまいます。
富士子にまで仕事を辞めようかと相談をするくらいなので、その葛藤は相当なものだったのでしょう。
なつが魔界の番長以降、アニメーターとしてどういう道を選ぶのか、なつの決断から目が離せません!