歴代朝ドラ

【朝ドラ動画配信】つばさを全話見るならココ!ネタバレも!

2009年の前期に放送された朝ドラ「つばさ」

埼玉県川越市にある老舗和菓子屋「甘玉堂」を舞台に、20才の若いオカンと家族に巻き起こる出来事を笑いを交えて描かれています。

ヒロインの多部未華子さんは歴代朝ドラのヒロインとして初めての平成生まれで、オーディションで1,593人の中から選ばれました。

主題歌はアンジェラ・アキさんの「愛の季節」で、ヒロインの真っ直ぐでさわやかな雰囲気にぴったりの曲になっています。

またヒロインの母の幼馴染役で西城秀樹さんが登場します。舞台も「寺内貫太郎一家」を思わせる居間のセットで、懐かしく感じられる方も多いと思います。

そしてヒロインの話し相手ラジオの精のおじさん(イッセー尾形さん)がナレーションを務め、時々天使の格好で現れるのみも見所です。

まんちゃん
まんちゃん
NHKが、本FM放送を170の放送局・中継を始めて40周年の年だったんだって
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それでつばさちゃんがコミュニティFM放送局で働く設定になってるんだね。

こちらの記事では、「ドラマを見る時間がない」という方や「どんな内容だったっけ?」という方に向けてざっくりとしたドラマのネタバレとドラマの感想を紹介します。

後半ではつばさの好きな方の感想を紹介しているので、これを読めばあなたもドラマが見たくなるかもしれません♪

▼お得につばさを見るならこちらから▼

今すぐTSUTAYA DISCASを試す!

つばさ動画を全話見るならココ!見逃し配信をしている会社を徹底比較

まずはどこがつばさを配信しているのかを比較しました。

NHKオンデマンド なし
UNEXT なし
ビデオマーケット なし
TSUTAYATV/DISCUS 0円DVDレンタルのみ
FOD なし
Hulu なし
Paravi なし

実はつばさを見ることが出来るのはTSUTAYAが運営している「TSUTAYATV/DISCASのみ」です。

実はNHKは事件関係にかなり敏感で最近ではピエール瀧さんの問題でとと姉ちゃんも配信停止になってしまいました。こういう事があるため公式であるNHKオンデマンドでの朝ドラの配信作品もかなり少なくなっています。

そんな時に強い味方になってくれるのがTSUTAYATV/DISCUSです。TSUTAYATV/DISCUSは元々DVDレンタルをしている会社なのでいろんな事があっても左右されないある意味、素晴らしい会社です(笑)

それではそんなTSUTAYATV/DISCUSがどんなサービスなのかを紹介します。

TSUTAYATV/DISCUSってどんなサービス?

TSUTAYATV/DISCUSとはTSUTAYAが運営する公式の動画配信・宅配レンタルサービスです。テレビはもちろんスマホ、タブレット、パソコンを使って家や通勤・通学中などさまざまな場面でいろんな動画を見ることが出来ます。

またプランも3種類あり、自分のライフスタイルにあったプランを自由に選ぶことが出来ます♪

TSUTAYATV/DISCAS
登録p 1080p
月額料金 933円/2417円
無料期間 30日間
DL あり

オンライン動画配信サービス

動画見放題は、新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトル以上が見放題になるサービスです。
毎月付与される動画ポイント(1080pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。

CD/DVDの宅配レンタルサービス

CD/DVDをネットで注文し、自宅まで配送してくれるサービスです。
※月間レンタル可能枚数は「新作」「準新作」「まだまだ話題作」「旧作」の
すべての商品が対象となります。
※30日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外です。

そんなTSUTAYATV/DISCUSは現在30日間無料お試しキャンペーンが行われています。

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

しかし、無料お試しサービス終了後、自動更新となりますので退会する場合は登録した日を忘れないようにアラームなどを掛けておくことをおすすめします!

TSUTAYA DISCASで見ることが出来る朝ドラ一覧♪

①まんぷく
②半分青い
③わろてんか、スピンオフ
④ひよっこ
⑤べっぴんさん、スピンオフ
⑥とと姉ちゃん、スピンオフ
⑦あさが来た、スピンオフ
⑧まれ、スピンオフ
⑨マッサン、スピンオフ
⑩ごちそうさん、スピンオフ
⑪花子とアン、スピンオフ
⑫あまちゃん
⑬純と愛
⑭梅ちゃん先生、スピンオフ
⑮カーネーション
⑯おひさま
⑰どんと晴れ、スペシャル
⑱てっぱん
⑲ゲゲゲの女房
⑳ウェルかめ、スペシャル
㉑つばさ
㉒だんだん
㉓瞳
㉔ちりとてちん
㉕てるてる家族
㉖純情きらり
㉗ちゅらさん、2,3、4
㉘風のハルカ、スペシャル
㉙あすか
㉚ファイト
㉛純ちゃんの応援歌
㉜わかば
㉝あぐり
㉞私の青空
㉟天花
㊱まんてん
㊲ふたりっ子
㊳こころ
㊴おしん

こんなに過去の朝ドラが見ることが出来るのはTSUTAYA DISCASだけなのでぜひ試してみてください♪

つばさを見る!

つばさのあらすじ

川越は小江戸と呼ばれる、古くから栄えた町。その蔵造り通りにある「甘玉堂」は創業180年老舗の和菓子屋です。

女将として店を切盛りする祖母千代(吉行和子さん)、老舗の味を守る職人・婿養子の父竹雄(中村梅雀さん)、5才年下の中学三年生知秋(冨浦智嗣さん)、そして家事一切を任されている20才のオカン、つばさ(多部未華子さん)の4人家族です。

いいえ、もう一人、10年前CMで人気が出て、こどもを残し家出、時々帰ってくる母加乃子(高畑淳子さん)の5人家族です。

帰ってきた母に借金があることが分かり、それを返すために地元のラジオ局の開局へと導かれていくつばさ、周りの人のために一生懸命走り奔走していきます。

そんなつばさの姿を見て、家族も失われた絆を取り戻していきます。これからどんな出来事がオカンを待ち受けているのでしょうか。

まんちゃん
まんちゃん
つばさが持っているラジオはおばあちゃんが使ってたものをもらったんだって。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ラジオのおじさん、つばさの良き相談相手だよね。

ネタバレ「20才のオカン編」

 

川越祭りを二日後に控え、近所の人と竹雄はそろそろ加乃子が帰ってくるのではないかと大騒ぎをしています。

そわそわする竹雄は、つばさに聞きます。お母さんが帰ってきたら無理に家に縛られることもなくなるから、帰ってきて欲しいよねと。

しかしつばさは、「おばあちゃんがしっかり店を守って、お父さんがおいしいお菓子を作って、弟も手伝ってくれて、私がちゃんと家のことをする。そんな今がしっくりしている。」と、そして続けます。「家族を犠牲にしてまで叶える夢とかない。」

そんな時大量の注文が入り大忙しの中、4年ぶりに母加乃子が帰ってきました。祖母千代と大喧嘩をしつつも、忙しい店を手伝うためしばらく居座ると宣言します。

帰ってきた加乃子は千代に内緒で経営状態を調べたり、台所を占領してつばさを怒らせたりとこれまでの家族のリズムを見出しっぱなしです。

その上加乃子には借金があり、経営状態の悪い店を機械化し、自分の借金も一緒に返済しようと画策を始めるのです。

そんな時、借金取りが家に押しかけ大騒ぎに。加乃子の幼馴染の斎藤浩徳(西城秀樹さん)に追っ払ってもらったものの、千代に知られ、またも大喧嘩になってしまいます。

一方つばさは、幼馴染でプロサッカーを目指す大谷翔太(小柳友さん)と再会し、祭り見物に一緒に出かけ、淡い恋心を抱きますが、母の借金取り騒ぎに邪魔をされ、母ともぶつかってしまいます。

まんちゃん
まんちゃん
川越祭りは、毎年10月第3日曜日とその前日土曜日に開催されてるらしいよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
360年以上も続いてて、2016年にはユネスコの無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」の一つとして登録されたんだ。

 

「甘玉堂」を守るため機械化しようとした矢先、機械を買うために斎藤から借りたお金を詐欺師に持ち逃げされ、また先代から受け継いだ借金も滞り、破産の危機に陥いります。

売上を伸ばそうと和菓子の行商をして頑張るつばさの姿に、千代は大事なことは老舗を守ることではなく、お客に菓子を味わってもらうことと知らされ、店を手放すことを決心します。

そして斎藤が現れ、加乃子に貸した一千万円を待つ代わりにつばさに働けと。その依頼された仕事で、廃業した映画館に下宿している間瀬雅彦(宅間孝行さん)に出会い、ラジオ局の開局を手伝うことになります。

一方玉木家では、弟知秋が母親らしく振舞う加乃子に反抗的になり、また新しい作業場でお菓子作りに苦労する竹藏は、千代と喧嘩するなど家族にも新しい波風がたち始めます。

その頃つばさは、ラジオ局の資金が集まり、「ラジオぽてと」の開局に向けて動き始めましたが、翔太と気持ちを確かめ合った二人に試練が降りかかります。

サッカー選手を夢見た翔太が、宮崎のプロサッカーに入団することが決まり、つばさを宮崎に連れて行きたいと家族に頼み込みます。

しかし祖母は跡継ぎだと大反対、たえる父は密かに翔太の覚悟を確かめますが、翔太はついていくことを決めたつばさに別れを告げます。

急遽宮崎に出発することになった日が「ラジオぽてと」の試験放送日、つばさは翔太に会えた感謝と、翔太に夢を叶えてまた会いに来て欲しいと、思いを語ります。

まんちゃん
まんちゃん
出会いがあれば別れもあるよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これからラジオ局でたくさんの人と出会って行くんだよ。きっと!

ネタバレ「ラジオぽてと編」

 

つばさは短大を卒業し、ラジオ局も正式開局に向けて特番のリハーサルが行われますが、失敗ばかりのつばさや台本通りに番組を進めないロナウ次郎(脇知弘さん)は間瀬に叱られ、皆がお互いにいがみ合ってぎくしゃくした雰囲気になります。

つばさは社員たちの本音を聞き、全員がパーソナリティをやり、ほかの仕事も分担して、お互いの仕事を理解することができれば、いい放送を提供できると説得します。

放送初日は、うまくいくはずもなく、つばさの中継はとびの宇津木泰典(金田明夫さん)が緊張でかたまり、お店はレポートそっちのけで食べ物に夢中で大失敗。しかしそれを逆手にとったつばさんのアイディアでリスナーの関心を引き始めました。

知名度の上がらない「ラジオぽてと」をなんとかしようと間瀬は焦っていました。つばさは相変わらず失敗ばかりでしたが、母加乃子のリポート中継が好評になり、ライバル心をむき出し頑張り始めます。

そんな取材の中で、間瀬の娘優花(畠山彩奈ちゃん)と出会います。4年前に妻を亡くし子供の養育を妻の両親に任せっきりだったのです。

つばさの説得もあり、娘が心に傷を負っていることを知った間瀬は、優花を引き取ることを決意します。しかし優花から拒絶され、ショックをうけラジオの仕事にも身が入りません。

優花の祖父川原敏郎(渡辺哲さん)が現れ、間瀬に返せと詰め寄りますが、つばさは亡き優花の母千波(阿部美穂子さん)が残したお話のテープの続きを書きラジオで読み聞かせ、間瀬、優花、敏郎の気持ちを溶かし和解させることができました。

まんちゃん
まんちゃん
つばさと加乃子の親子関係、優花ちゃんと間瀬の親子、いろいろだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
優花ちゃんの家族のように、つばさも幸せな家族になれるかなぁ。

 

「甘玉堂」は、パート末永紀菜子(斉藤由貴さん)目当ての客で繁盛するようになっていましたが、紀菜子は「甘玉堂」の先代玉木梅吉(小松政夫さん)の隠し子で、玉木家をばらばらにするため、そして自分の不幸を解消するために来たと告白します。

それを知り給料は払うから出て行けという千代に、紀菜子は3千万の預金通帳を差し出します。それは梅吉が紀菜子親子に残したお金だったのです。

つばさは、「甘玉堂」の「千日草」という和菓子が紀菜子のために作られたことを知り、きな粉を使った「千日草」に込められた梅吉の思いをラジオで伝え、紀菜子は千代に感謝の気持ちを残し去っていきました。

そんな時埼玉で行われた試合で、複雑骨折をした翔太が近くの病院に入院することになり、つばさは喜んで看病しますが、翔太のサッカーをすることができない不安を考えて上げられなかったことにショックを受けます。

まんちゃん
まんちゃん
おじいちゃんに隠し子がいたなんてショックだよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも本当はおばあちゃん、おじいちゃんのことを愛してなかったんだって。そっちのほうがショックかも。

ネタバレ「父の過去編」

 

「ラジオぽてと」は人気芸能人ベッカム一郎(川島明さん)が番組を紹介してから取材が増え、つばさも自身もレギュラー出演を誘われますが、地元のために小さくとも話題を取り上げていくのが自分の夢と断ります。

そして翔太はフリーアナウンサーの横矢みちる(山本未來さん)のホームレス取材の写真をみて、10年前に翔太を捨てた父の康一(永島敏行さん)の姿を見つけます。

つばさは、いまだに父を許せない翔太に父と向き合うべきだと説得しますが、耳を貸しません。そんな時台風が関東を直撃し、康一の住む川が氾濫します。

氾濫した川で溺れたつばさは間瀬に助けられ、そして父康一を助けた翔太は、傷を負ってしまいます。それが原因でチームから戦力外通告を受け姿を消してしまいます。

つばさは間瀬に告白されますが、逆に翔田への気持ちが強くなり、斎藤から翔太の居所を聞き東京のビジネスホテルを訪ね、一緒に頑張ろうと励ましますが、「うっとしい」とはねつけられます。

つばさは失恋で心を痛めその上に、ラジオではスポンサー堀之内房子(冨士眞奈美さん)を怒らせる失態を起こし、窮地に陥り仕事を辞めてしまいます。

まんちゃん
まんちゃん
好きな彼に振られ、仕事でも大失敗、つばさ大ピンチ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
人生っていろいろだもん。頑張れつばさ!

 

つばさは弟知秋と傷心の旅を終え、人と人をつなぐラジオの仕事がしたい「ラジオぽてと」に復職します。

その頃「ラジオぽてと」は資金不足のため、出資を頼もうと斎藤の事務所を尋ぬると、新しい部下となった翔太と再会します。

また父竹雄は、自分の過去を知る仲間が川越に現れショックを受けて元気がなく、それを知らないつばさは、父に青春の思い出を語るラジオ番組を企画します。それが更に竹雄を落ち込ませることになりました。

竹雄は小料理屋「こえど」に通い女将の篠田麻子(井上和香さん)と浮気の噂が広まり、離婚騒ぎまで、しかし事情を聞いた加乃子はどこにも行かないでと本音を話すことができました。

しかし竹雄は家を出て行ってしまいました。つばさは東京の安旅館にいる竹蔵を見つけ出し、連れ戻そうとしますが俺に関わるなと言われます。

竹藏は幼い時から親戚の家を転々とし、自分の居場所がなく東京で道を踏み外してしまった。玉木家の不幸は自分のせいだと思い込んでいたのです。

つばさは東京のラジオ番組にメッセージを送り、竹雄に戻ってくるよう呼びかけます。その成果があり、戻った竹蔵と家族は心を通うわせるのでした。

まんちゃん
まんちゃん
あんなに明るい楽しいお父さんにも人に言えない過去があったんだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そういう時甘玉堂で助けられた思いがあって、怖くて話せなかったんだね。

最終回ネタバレと感想

それでは待ちに待った結末のネタバレです!

 

つばさの周りの人々に旅立ちの時がやってきます。

斎藤は加乃子のDJに送られ川越を去り、「ラジオぽてと」の丸山伸子(松本明子さん)は、息子の中学進学を考えて転職、ロナウ二郎はベッカム一郎とコンビを再結成、そして浪岡は病気の父に変わって家業を継ぐ為去っていきました。

また祖母千代も店のために引き裂かれた初恋の葛城清之助(山本學さん)の元へ、家族みんなから送り出されます。

一方「ラジオぽてと」に残されたのは、つばさと間瀬の二人だけとなり、更に房子から立ち退きを要求され、危機が訪れます、

つばさは、房子の再開発にかける思いを知ります。そして房子を応援したい気持ちにかわり、立ち退きを決め最後の放送を迎えます。

まんちゃん
まんちゃん
「ラジオぽてと」とうとうふたりっきりになっちゃって。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
どうしようもないのかな。何かいい方法ないのかなぁ。

 

房子が甘玉堂があった元の場所を買い取っており,つばさがラジオを辞めたことで蔵造り通りの店に戻ることができました。職人さんたちも戻り、「甘玉堂」心機一転再出発です。

そして、「ラジオぽてと」のあった川越キネマは、斎藤興業が買い戻したことで立ち退き問題から解放され、房子との和解を知った市民パーソナリティの面々も戻ってきました。

そんな時つばさは、佐賀県のコミュニティラジオ局からスカウトされた間瀬から、一緒に来て欲しいとプロポーズをされます。

優花のことが気になり悩みますが、自分のために決断しろと翔太にアドバイスをうけ、優花に優しく一緒に行けない理由を話し、二人を見送ります。

竹雄は、つばさがオカンとして卒業ができるよう加乃子と二度目の結婚式を計画します。三つ指をつき、加乃子はつばさに感謝の言葉を告げ、母として妻として「甘玉堂」の女将として羽ばたくことを誓います。

そして翔太もサッカー指導者の勉強をするためにブラジルに行くことになり、それを前に家族三人の時間を過ごし、両親に感謝をすることができました。

翔太が旅立つ日、「ラジオぽてと」とのおかんとして生きていくことを決めたつばさに、、「今度こそつばさに負けないくらい強くなって帰って来るから」と誓うのでした。

ラジオのおじさんの言葉

これはおめでたいことなの…はばたけた証なの… 立派に育ったよ。あんたは俺の誇りだ、ありがとう..つばさ

まんちゃん
まんちゃん
加乃子お母さんがやっとお母さんらしく見えてきた。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
オカンを卒業したつばさ、ラジオのおじさんとのお別れでもあるんだよ。

つばさはこんな人にオススメしたい!

つばさが家族のために一生懸命生きてきたこと、周りの人の悩みや問題にまっすぐに向かい合い幸せに導いてきたことは素晴らしいことだと思います。そして十人十色、家族のかたちもいろいろですね。幸せもいろんな形があって当然ですよね。つい他人と比べたがりますが、今の幸せに感謝します。

まんちゃん
まんちゃん
おかん長いことありがとう。家族のためにみんなのために。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これからはみんなに甘えて、幸せをつかんでね。

最後に・・・

このドラマを見てびっくりしたのは歌手の西城秀樹さんが出ていたことでした。2018年5月16日にお亡くなりになりましたが、秀樹ファンにはたまらない映像になっています。「ちびまるこちゃん」でも一周忌の時期に歌声が流れて話題になっていました。見逃せません。