朝ドラキャスト

長谷川博己の演技力の評判まとめ!上手いか下手かは賛否両論?

長谷川博己さんは2001年に文学座附属演劇研究所に入団しました。翌年、『BENT』で初舞台を踏み、2010年に出演したドラマ『セカンドバージン』で、一躍注目を集めました。以降、話題のドラマや映画、舞台で活躍する実力派俳優です。

まんちゃん
まんちゃん
たくさん映画やドラマでてるけど、どれもはまり役!


ぷくちゃん
ぷくちゃん
長谷川博己さんが出演してるものって面白いよね!

今回は長谷川博己さんが出演しているドラマの作品や演技力の評判について詳しく紹介していきます。

出演ドラマを紹介

ここで長谷川博己さんが出演していたドラマ作品を紹介します。

デート〜恋とはどんなものかしら〜

いつの頃からか「人生に恋愛は不要だ」と考えるようになった“恋愛力ゼロで恋愛不適合者”の女と男が、それぞれのやむにやまれぬ事情から結婚を目指すことになりました。
一切の恋愛感情を持たぬまま、日々つたないデートを積み重ねていく、少しビターなロマンチック・ラブコメディです。
長谷川博己さんは高等教育を受けながらも定職につかず、読書をして教養を深める生き方「高等遊民」を自称するニートを演じています。

まんちゃん
まんちゃん
自称”高等遊民”の最低最悪なダメ男なのになぜか憎めない!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
主演の杏さんとの掛け合いが最高!!

進撃の巨人

100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまいます。
生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていました。
そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまうのです。
長谷川博己さんは映画オリジナルキャラクターのシキシマを演じました。

まんちゃん
まんちゃん
シキシマかっこよすぎる!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
CG、映像技術がすごく、迫力満点!!

シン・ゴジラ

「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?」というテーマのもと、リアリティを限界まで追求し、まるでドキュメンタリーのような迫真のストーリーです。
海底に正体不明の巨大生物(ゴジラ)が生息し、それが原因で、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生しました。
首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾するなか、ゴジラが街を破壊しながら突進していきます。
政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かう物語です。

まんちゃん
まんちゃん
長谷川博己さんの英語力にアメイジング!!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
豪華キャストのシンゴジラは話題に!

演技力や評判は?上手いか下手かは賛否両論?

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

まんちゃん
まんちゃん
小さな巨人は演技下手という意見が多かったなぁ…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
演技が下手と言われるのは個性派俳優の宿命なのかも

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
演技の幅の広さ…!いいこと言うね〜!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
演じる役で本当変わるよね!

風変わりな役柄でも見事にこなし、出演する作品ごと印象に残るキャラクターを演じています。
演技が下手との噂があるようですが、私は素晴らしい役者さんだと思います。

最後に・・・

幅広い役柄を器用にこなし、どれもハマり役にみせてしまう個性派俳優・長谷川博己さん。
調べる前は知的で物静かなイメージがありました。
共演した監督やベテラン俳優さん、女優さんからも面白い、変な人とのコメントに、だからこそ映画やドラマで一癖も二癖もあるキャラクターを魅力的に演じることができていたのではと感じました。
これからもたくさんのメディアに露出して、どんどん新しい魅力を見ていきたいです。

これからも長谷川博己さんに注目していきましょう♪