スカーレット

スカーレットマツ(富田靖子)の実在モデルネタバレ!方言の評価は?

NHK連続テレビ小説第101作目「スカーレット」。
今回、私がスカーレットで注目したのが川原マツ(かわはらまつ)役の富田靖子さん。

映画「アイコ16歳」で鮮烈なデビューを飾り、清純派女優として活躍。そののち、結婚・出産を経て、家庭と仕事のバランスを取りながら活躍している富田靖子さん。
夫の岡本裕治さんは富田さんより10歳年下のダンスのインストラクターで、テレビ番組で富田さんがダンスに挑戦したときにペアを組んだのが、交際のきっかけになりました。
富田さんは、ガンダムファンであることも公言していて、とくにシャア・アズナブルの大ファンだとコメントしています。

まんちゃん
まんちゃん
NHKの「あさイチ」に出演したときも、ガンダム愛について熱く語っていたよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
司会の博多華丸・大吉さんと盛り上がって、SNSで話題になっていたね

富田靖子さんは今回スカーレットで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

富田靖子が演じる川原マツ(かわはらまつ)ってどんな役?方言の評価は?

 

富田靖子さんが演じる川原マツは、ヒロインの川原喜美子のお母さんです。
もともとは大阪の大地主の家に生まれたお嬢様でしたが、北村一輝さん演じる川原常治と駆け落ち同然で結婚し、3人の娘を産みました。
楽天家の夫を支え、穏やかな性格ですが、粘り強い面も持ち合わせています。
裁縫の腕に長け、教養もありますが、少し体が弱いため、ヒロインの喜美子を頼りにしています。

まんちゃん
まんちゃん
優しそうなお母さんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お父さんがちょっとダメオヤジなのが、朝ドラっぽいね

方言ですが今回大阪出身ということで関西弁をしゃべることになります!が、富田さんは福岡出身であさイチでおなじみの博多華丸さんと一緒にめんたいぴりり(明太子を作った方のお話)でバリバリの博多弁を話されます。
関西弁と博多弁は全然違うので違和感があるかもしれませんが、そこは温かい目で見ていきましょう♪

実在モデルネタバレ

ヒロイン喜美子は、陶芸家の神山清子さんをモデルにしています。そのため、川原マツのモデルは、神山清子さんのお母さん、金場トミさんに当たることになります。
裁縫が得意で、子どもたちの服を手作りしていたというエピソードが残っていますが、それ以外は脚本家の水橋文美江さんのオリジナルキャラクターになる可能性もありますね。

まんちゃん
まんちゃん
金場トミさんについての記録はあまり残っていないみたいだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
どんなお母さんだったのかな?

富田靖子のプロフィール♪

 

名前:富田靖子(とみたやすこ)

本名:岡本靖子(おかもとやすこ)、旧姓:田靖子(とみたやすこ)

誕生日:1969年2月27日

血液型:AB型

出身地:福岡県糟屋郡志免町

所属事務所:アミューズ

富田靖子が芸能界に入ったきっかけは?

1983年、中学生の時に、映画「アイコ16歳」で主演デビュー。127000人の中からオーディションで選ばれました。同じオーディションでは、松下由樹さんもヒロインの友人役として選ばれ、本名の松下幸枝でデビューしています。
また、映画デビューと同時に、「オレンジ色の絵葉書」で歌手としてデビューもしています。
その後、1985年に大林宣彦監督の映画「さびしんぼう」、1987年に市川準監督の映画「BU・SU」に主演し、高い評価を受けました。
その後、ドラマやCM、映画、舞台と幅広く活躍しています。

まんちゃん
まんちゃん
なんと芸歴36年!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ベテランだね!

富田靖子の代表作を紹介

ここで富田靖子さんの代表作を紹介します。

さびしんぼう

 

「さびしんぼう」は、大林宣彦監督の「尾道三部作」の完結編として、1985年に公開された映画です。
尾道を舞台にしたノスタルジックな初恋の物語で、富田さんは、尾美としのりさん演じるヒロキがあこがれる美少女、百合子を含め、4役を演じました。
富田さんは、ショパンの「別れの曲」をアレンジして作られた、この映画の主題歌の「さびしんぼう」も歌っています。

まんちゃん
まんちゃん
この映画と同時上映されたのが、「カリブ・愛のシンフォニー」だって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
松田聖子さんが主演だったね

めんたいぴりり

 

「めんたいぴりり」は、2013年にテレビ西日本が製作したドラマです。
辛子明太子を日本で初めて製造し、福岡の名産として世間に広めた「ふくや」の創業者、川原俊夫さんをモデルにしていて、主人公の海野俊之を博多華丸さんが演じています。富田さんは、主人公の妻の千代子を演じています。
テレビドラマ放送ののち、舞台や映画にもなっています。

まんちゃん
まんちゃん
しっかり者の奥さんがはまり役だね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
富田さん、福岡出身だしね!

逃げるは恥だが役に立つ

 

「逃げるは恥だが役に立つ」は、2016年にTBS系で放送されたテレビドラマで、高視聴率を記録し、社会的にも大きなブームを呼びました。
ドラマで津崎平匡を演じている星野源さんが歌った主題歌「恋」も大ヒット、エンディングの「恋ダンス」も注目を浴びました。
富田さんは、新垣結衣さん演じる主人公、森山みくりの母、桜を演じ、夫婦についての数々の名言を残しました。

まんちゃん
まんちゃん
こちらもしっかり者で、娘思いのお母さんだったよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
夫役の宇梶剛士さんと、いいコンビだったね

富田靖子の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

 

 

まんちゃん
まんちゃん
出演作が多いから、中には評判が今一つの作品もあるんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
歌唱力も、初めは微妙だった、って声もあるね

上手な意見

 

 

まんちゃん
まんちゃん
称賛する声も多いよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
脇役としても存在感があるよね

清純派としてデビューし、主演も多く務めた富田さん。現在では、ヒロインの母親などの脇役を務めたり、舞台に出演したりするなど、ベテランとしての演技が光ります。
出演作品も多く、朝ドラはスカーレットが2作目ですが、初めて朝ドラに出演した「あさが来た」では、九州の炭鉱夫の親分、治郎作の妻、カズを演じています。
大河ドラマでも「毛利元就」で元就の正室の美伊の方、「江~姫たちの戦国~」で春日局と、幅広い役柄を演じている女優さんです。

スカーレットでの富田靖子に期待!

いかがでしたでしょうか?

スカーレットでの役柄は、ヒロイン喜美子たち三姉妹を育てる穏やかなお母さん。
最近、お母さん役の多い富田さんですが、今回はどんなお母さんになるのでしょうか。
北村一輝さん演じる、山っ気があって子ども思いのお父さんと、どんなやり取りが交わされるのかも、楽しみですね。
物語を、ベテランの演技力でスタートから心強く支えてくれることが期待できますね♪