スカーレット

スカーレット深野心仙(イッセー尾形)の実在モデルネタバレ!

NHK連続テレビ小説第101作目「スカーレット」。
今回、私がスカーレットで注目したのが深野心仙(ふかのしんせん)役のイッセー尾形さん。

日本での一人芝居の第一人者として、国内はもとより、海外でも評価の高いイッセー尾形さん。その活躍は一人芝居の枠にとどまらず、たくさんの映画やドラマ、CMなどにも出演をしています。
1985年の文化庁芸術選奨文部大臣新人賞の受賞をはじめとして、さまざまな演劇の賞も受賞している尾形さんですが、小説の執筆や、絵画など、演劇以外にも多方面に才能を発揮しています。

まんちゃん
まんちゃん
良い人の役でも、悪い人の役でも、どちらでも画面に爪痕を残しているね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
じわじわっと来る存在感だよね

イッセー尾形さんは今回スカーレットで4回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

イッセー尾形が演じる深野心仙(ふかのしんせん)ってどんな役?

 

日本画家であり、信楽焼の火鉢の絵付け師でもある深野心仙は、ヒロイン喜美子の師として喜美子を導く役どころでもあります。
ひょうひょうとしたつかみどころのない人物ながら、ユーモラスな面も持っていて、喜美子はどう接してよいか、ちょっととまどってしまうようなところもあります。
そんなとらえどころのない印象とは裏腹に、創作に対しては熱い思いを心に秘めています。

まんちゃん
まんちゃん
イッセー尾形さんに、ぴったりの役だね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ヒロイン喜美子との掛け合いが楽しみだね♪

実在モデルについて

深野心仙の実在モデルについて調べてみましたが、現在のところ、「この人だ!」という確かな情報は見つかりませんでした。ドラマオリジナルのキャラクターになる可能性もありますね。
スカーレットと同じように、陶芸家の神山清子(こうやまきよこ)さんをモデルにした映画「火火(ひび)」では、岸部一徳さんが演じる石井利兵衛という人物が、神山さんから先生として慕われる陶芸家として描かれています。

まんちゃん
まんちゃん
オリジナルキャラクターなのかも?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ヒロインに大きな影響を与える人物なのは間違いなさそうだね

イッセー尾形のプロフィール♪

 

名前:イッセー尾形(いっせーおがた)

本名:尾形一成(おがたかずしげ)

誕生日:1952年2月22日

血液型:A型

出身地:福岡県福岡市

身長:171cm

所属事務所:イッセー尾形事務所

イッセー尾形が芸能界に入ったきっかけは?

イッセー尾形さんのデビューのきっかけになったのは、日本テレビのお笑いオーディション番組、「お笑いスター誕生!!」です。1981年、この番組で、尾形さんはいろいろな職業の人たちを一人で演じ分け、8週を勝ち抜いて金賞を受賞しました。
この直後、フジテレビのテレビドラマ「意地悪ばあさん」で早野金造巡査を演じて、知名度が一気に上がりました。
現在、一人芝居では、ニューヨーク、ベルリン、ミュンヘンなど海外でも多くの巡業を行っていて、年間に100本以上の舞台に出演することもあります。

まんちゃん
まんちゃん
「お笑いスター誕生!!」からは、とんねるずやウッチャンナンチャンも出てきているよ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
すごい番組だったんだね・・・

イッセー尾形の代表作を紹介

ここでイッセー尾形さんの代表作を紹介します。

カルテット

 

「カルテット」は、2017年1月から3月、TBS系で放送されたドラマです。
松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんをメインキャストにした大人のためのラブサスペンスで、複数のドラマ賞を受賞するなど、高い評価を受けました。
イッセー尾形さんは、「余命9ヶ月のピアニスト」を名乗るベンジャミン瀧田を演じ、深みのある演技を見せました。

まんちゃん
まんちゃん
初回のゲストだったんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
心にしみる演技だったね

まんぷく

 

2018年後期に放送された朝ドラ「まんぷく」。インスタントラーメンを作り上げた安藤百福・仁子夫妻をモデルに、長谷川博己さん・安藤サクラさんが夫婦を演じたこのドラマは、まだ記憶に新しいですね。
イッセー尾形さんは、長谷川博己さん演じる萬平が脱税の罪で入っていた刑務所で出会う、受刑者で占い師の剛田一隆を演じています。

まんちゃん
まんちゃん
ちょっとうさんくさい感じがよく出ていたね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
萬平さんは、刑務所でいろいろな人と出会っていろいろな経験をしているね

沈黙ーサイレンスー

 

「沈黙ーサイレンスー」(原題:Silence)は、マーティン・スコセッシ監督の、2016年のアメリカ映画です。原作は、遠藤周作の小説「沈黙」です。
日本の江戸時代初期のキリスト教徒弾圧を通して、神とは何か、信仰とは何かをポルトガル人の司祭の目から描いたこの作品で、イッセー尾形さんは、キリシタンを苛酷に弾圧する長崎奉行の井上筑後守を演じています。

まんちゃん
まんちゃん
血も涙もない役なんだよね・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
尾形さんはこの作品で、ロサンゼルス映画批評家協会賞助演男優賞の次点に選ばれているよ

イッセー尾形の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

いろいろ探してみましたが、イッセー尾形さんの演技が下手、という意見は見つかりませんでした!
長いキャリアに裏付けられた演技力が、高く評価されている様子がうかがえます。

まんちゃん
まんちゃん
どんな役でもこなしてしまう、幅の広い俳優さんだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
一人芝居のキャリアが生きているんだね

上手な意見

 

 

まんちゃん
まんちゃん
演技力を絶賛する意見が多いね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
上手すぎて、嫌な人物を演じているときには本当に憎らしい気持ちになる、って声もあったよ

カメレオン俳優と異名をとるくらい、さまざまな人物を巧みに演じ分けるイッセー尾形さん。一人芝居で何人もの人物を演じ分ける経験が、活かされているのではないでしょうか。
最近では、ひょうひょうとしたその外見にふさわしい好人物も多く演じていますが、頑固ともいえるほどの筋の通った役や、意地悪な役、冷酷な人物もこなしてしまう俳優さんです。

スカーレットでのイッセー尾形に期待!

いかがでしたでしょうか?

スカーレットでの役柄は、ヒロイン喜美子の師となる陶芸の絵付け師。イッセー尾形さんご本人も絵画の腕が高く、味のある絵を描かれるので、もしかしたらご本人の絵をドラマの中で見ることができるかもしれません。
まんぷくでは、短い出演期間の中で忘れられない印象を残した尾形さんですが、スカーレットでは、それよりも長い出演期間が期待できそうですね。
スカーレットでのイッセー尾形さんの登場を、楽しみに待ちましょう♪