スカーレット

スカーレット脚本家水橋文美江の評価は?代表作品やプロフィールまとめ

NHK連続テレビ小説第101作目「スカーレット」。
今回、私がスカーレットで注目したのが脚本を担当することになった水橋文美江(みずはしふみえ)さんです。

いよいよ始まりました、朝ドラ「スカーレット」の脚本を手掛けたのは、「妹よ」や「ビギナー」「ホタルノヒカリ」、映画「冷静と情熱のあいだ」などの脚本を執筆してきた水橋文美江さんです。

私も大好きなドラマや映画も手掛けていた事を今回初めて知りました。

まんちゃん
まんちゃん
ドラマは脚本が大事っていうよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「ホタルノヒカリ」はとっても面白くて大好きなドラマだよ♪

それでは今から水橋文美江さんのプロフィールや代表作、経歴、他には水橋文美江さんに対しての視聴者の声をご紹介します♪

水橋文美江のプロフィール

名前:水橋文美江(みずはしふみえ)

誕生日:1964年1月15日

出身地:石川県金沢市

水橋文美江が脚本家になったきっかけや経歴は?

中学生のとき、担任教師のすすめで石川県児童文化協会が後援する児童劇団に所属し、このころから短い脚本を書き始めていました

第3回フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに、1990年の「東京ストーリーズ」第35回「おろしたての夫婦生活」で脚本家としてデビューを果たします。

まんちゃん
まんちゃん
中学生でもう脚本家への道がスタートしていたんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
経歴30年の超ベテラン脚本家だね

テレビでは、フジテレビで放映されるドラマの脚本を担当されていることが多いです。

フジテレビで担当した主な作品

  • 妹よ(1994年)
  • 24時間テレビドラマスペシャル(2001,2002,2003,2006,2015年)
  • ビギナー2003年
  • 早子先生、結婚するって本当ですか?(2016年)

意外にもNHKでの脚本は少なく、今回でNHKドラマは4作目です。

NHKで担当した主な作品

  • 緑のクリスマス(2002年
  • つるかめ助産院〜南の島から〜(2012年)
  • 土曜ドラマ みかづき(2019年)
  • スカーレット(2019年

また、本の執筆活動にも取り組んでおり、特に面白いと評判なのが2009年に出版された「かさだかな日々」で、水橋文美江さんの魅力満載です。

代表作を紹介

冷静と情熱のあいだ

 

2001年公開の映画で、主演・竹野内豊さんと香港歌手で女優のケリー・チャンさんが出演したことで話題になった作品です。

愛し合いながらも別れることとなってしまった男女が10年後、再び愛を実らせるまでを描いたラヴ・ロマンスです。

水橋文美江さんの夫・中江功さんが、映画監督を務めました。

まんちゃん
まんちゃん
夫婦で同じ作品を作り上げるなんて素敵だね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
映画もロマンチックで最高傑作だよね

ホタルノヒカリ

 

2007年のテレビドラマで、綾瀬はるかさんが主役を演じる「外では出来る女・家では干物女」と、藤木直人さん演じる「ブチョー」の掛け合いが面白い作品です。

あまりの人気ぶりに続編・映画化もされるなど大ヒットでした。

まんちゃん
まんちゃん
評価の高い作品で視聴率も良かったんだよね♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
綾瀬はるかさんの「ブチョー」と、話す姿が可愛かったなぁ

母になる

 

2017年、沢尻エリカさん主演のテレビドラマです。

「ある日突然息子がいなくなり、9年の時を経て息子が現れたと思ったらそこのは別の母親がいた」という衝撃のストーリーです。

母になる事が自然だと思っていた女性、良い母になれないと悩む女性、どうしても母になりたかった女性の3人の母親が登場し、母になるとはどういうことなのかを、子供を通して知っていくことになります。

原作なしのオリジナル脚本ドラマでした。

まんちゃん
まんちゃん
同クールの別のドラマで夫・中江功さんが監督していたんだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「夫婦対決」なんて一部で話題になっていたんだって(笑)

「ホタルノヒカリ」「母になる」は好きなドラマでしたが、あまり脚本について意識したことがなかったので、水橋文美江さんが担当していたのは知りませんでした。

視聴者の声を紹介♪

 

 

 

まんちゃん
まんちゃん
期待の声が高まっているね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
安心感があると書いていた人が多かったよ

脚本に注目している方が多くいらっしゃった印象でした。

私はストーリーやキャスト・原作などには注目しますが、誰が脚本を書いているのか意識したことがほとんどないので、これからは少し意識してドラマを見てみようと思いました。

これらの反応を見ていて、今回の朝ドラも楽しみになってきました♪

最後に・・・

名前だけではピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、既に沢山の名作を世に送り出している経歴の持ち主でした。

評価の高い名作を数多く世に送り出していて、一度は水橋さんの脚本の映画やドラマを「見たことがある!」という人も多いでしょう。

私自身 「ホタルノヒカリ」や「母になる」がすごく好きなドラマでしたし、この朝ドラもさらに楽しみになってきました。

脚本にも注目してみたいと思います♪