エール

エール藤堂先生の実在モデルネタバレ!森山直太朗の演技の評価も!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが藤堂清晴(とうどうきよはる)役の森山直太朗さん。

今でも卒業シーズンや桜の季節になると、毎年聞きたくなる「さくら(独唱)」。
初めて森山直太朗さんの「さくら」を聞いたときは、感情が震えた人も多かったのではないでしょうか。
2019年、今の森山直太朗が歌う「さくら」を、と同曲をセルフカバーしたことも話題になりました。

まんちゃん
まんちゃん
この前も「スッキリ」で水卜アナが号泣してたね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でもそれくらい何度聞いても切ない曲だわ~

森山直太朗さんは今回エールで初めての朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

森山直太朗さんが演じる藤堂清晴(とうどうきよはる)ってどんな役?

主人公・古山裕一の小学校の時の担任で、音楽教育に力を入れている先生です。
裕一の音楽の才能にもいち早く気が付くという、ドラマの中でも大切な役どころにあたります。
裕一が小学校卒業後はもちろん、大人になっても良き相談相手として裕一の成長を助けていく、裕一にとっては恩師と言っても過言ではない存在です。

まんちゃん
まんちゃん
裕一の才能に気が付くというのは、一つのポイントになりそうだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
きっと素敵な先生に違いないね!

裕一がただの音楽好きではなくて、きちんと才能もあるということを見抜いてくれる存在というのは、きっと物語の中でも大きなポイントになると思います!
音楽教育に力を入れている先生、ということは森山直太朗さん自身が音楽に触れる演技もあるでしょうし、いろんな角度から楽しめる役どころになりそうですね。

裕一が小学生のころ。
運動が苦手で、緊張すると言葉がうまく出てこない裕一は、悪ガキたちの格好のいじめの的でした。
運動会の騎馬戦の練習でもすぐに転んでしまい、体育教師から平手打ちされてしまいます。もう一発、と手を振り上げた体育教師を止めてくれたのが、東京から赴任してきたばかりの藤堂でした。
運動会当日も、徒競走で転んでしまった裕一。でも、藤堂が指揮をするハーモニカクラブのハーモニカが、裕一をゴールまで引っぱってくれました。

五年生になった裕一の担任は、藤堂でした。音楽教育に熱心な藤堂は、子どもたちに、作曲の宿題を出します。
そのころ訪れた、母の実家のある川俣の楽しい思い出を思い浮かべながら、一気に曲を書き上げた裕一。その曲の出来栄えは素晴らしく、藤堂は裕一の才能を見抜きます。
裕一の両親に裕一の才能のことを伝え、裕一にもこう言います。
「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、ほんの少し簡単にできること、それがお前の得意なものだ。それが見つかればしがみつけ。必ず道は開く。」
この言葉が、裕一をそれからも励まし続けます。

数年後、商業学校を卒業した裕一は、川俣銀行で働いていました。
傾いている家業を助けるため、融資の代わりに音楽はあきらめて伯父の家に養子に入るという準備のためでした。
そのころ、裕一は自分は音楽をあきらめるべきなのか、知り合って結婚を考えるようになった音とのことをどうしたらいいのか、何度か藤堂に相談しています。
そして、その流れで、川俣銀行の同僚の菊池昌子と藤堂を引き合わせたりもしています。

結局、裕一は福島を飛び出して上京、音とも結婚して作曲家としての生活をスタートさせます。
初めから順調には行かなかったものの、「船頭可愛や」でヒットを飛ばし、音との間にも娘の華が誕生します。
そんな中、藤堂から手紙が届きます。福島の小学校の校歌を作曲してほしい、という依頼に、裕一は徹夜で曲を書き上げます。

譜面を送って数日後、藤堂から返事が届きます。校歌の完成披露会を開くので、家族で出席してほしいという内容でした。
同じ日に、母のまさからも手紙が届きます。藤堂から校歌の作曲のことを聞いたと書いてあり、これを機会に家族で福島に帰省してはどうかと誘う手紙でした。

故郷も家族も捨ててきた自分に、福島に帰る資格があるのか、裕一は悩みます。音も福島に行こうと誘いますが、裕一は決心がつきません。
鉄男のおでん屋でこの話をすると、同じように故郷を捨ててきた木枯や、鉄男も、それぞれの母のことを思い出してしんみりしてしまいます。
華が大きくなったら、胸を張って福島のことを話したい・・・そう思って、裕一は福島に行くことを決めます。

福島では、校歌の完成披露会で大歓迎を受けます。
藤堂は、子どもたちに、地味な小学生だった裕一が音楽と出会って変わったことを語ります。
藤堂から、古山君も一言、と言われて裕一は言います。
「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、ほんの少し簡単にできること、それがお前の得意なものだ・・・先生が教えてくれました。」
拍手の中、裕一と藤堂は笑顔になりました。

披露会が終わり、帰ろうとする裕一たちを藤堂が見送ってくれます。
裕一と同じように東京に住んでいる鉄男や久志のことを心配して、いろいろ尋ねる藤堂。すると、おなかの大きな女性がやって来ます。
「紹介するよ、僕の妻の・・・」
「やっほー!裕一君、お帰んなさい!」
目の前にいるのは、川俣銀行の同僚だった昌子でした。

裕一が福島を去ったあと藤堂と昌子は結婚し、しかも来月には子どもが産まれると言います。バツ3の昌子にとっては4度目の結婚です。
昌子は言います。
「ご両親に孫の顔見せで、安心させであげでね。」
その言葉を聞いて、裕一たちは実家へと向かいました。

実在モデルについて

森山直太朗さんが演じる藤堂清晴の実在モデルは、古関裕而さんの小学3年生から6年生まで担任だった遠藤喜美治さんです。
遠藤喜美治さんは農家の出身でしたが、長男ではなかった為、農家を継ぐことはなく小学校卒業後から母校で雑用を担う仕事をしていました。
雑用をしながら中学検定を取得して代用教師になり、代用教師になった後は代用教師をしながら、最難関の文部省の教員検定に合格するなど常に二刀流の道を続けていました。
ついには教師をしながら、自らも夜学に通って私塾を開いています。

遠藤喜美治さんは音楽好きだったこともあり、子どもたちに童謡を作曲させるなど、今でも難しいのでは、と思うような指導を当時から行っていました。
しかし、その遠藤喜美治さんの影響で、古関裕而さんも作曲を始めるようになり、その点はドラマでも忠実に再現されるようですね。

まんちゃん
まんちゃん
とても苦労して教師になった方なんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
小学生に童謡を作らせるってスゴイ指導だね!

遠藤喜美治さんと古関裕而さんが出会う栗田小学校から校歌の制作の依頼が遠藤喜美治さんにあった時、迷わず古関裕而さんに降ったという遠藤喜美治さん。
それくらい卒業後も二人の信頼関係は続いていたのですね。

森山直太朗さんのプロフィール♪

名前:森山直太朗(もりやまなおたろう)

本名:森山直太朗(もりやまなおたろう)

誕生日:1976年4月23日

血液型:B型

出身地:東京都県渋谷区

身長:170cm

所属事務所:セツナインターナショナル

森山直太朗さんが芸能界に入ったきっかけは?

森山直太朗さんは大学在学中からギターを片手にストリートライブなどをしていましたが、2002年にメジャーデビューを果たします。
しかしすぐに知名度が上がったわけではなく、翌年に発売された「さくら(独唱)」もすぐにはヒットしませんでした。
ジワリジワリと広がりを見せ、のちに大ヒットシングルとなります。

まんちゃん
まんちゃん
あの、さくらも最初からヒットしたわけじゃないんだね…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お母さんだった大物歌手なのに、お母さんの力は使わなかったんだね!

森山直太朗さんの代表作を紹介

ここで森山直太朗さんの代表作を紹介します。

CM キリン「生茶」

キリンビールの「生茶」のCMに出演されていました。
俳優の高橋一生さんがたどたどしく弾くピアノに合わせて歌う森山直太朗さんの気持ちよさそうな姿が印象的でした。
そんな二人の姿に癒された視聴者の方も多かったようです。

まんちゃん
まんちゃん
あんなに気持ちよさそうにセッションするんだもん!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
より生茶が美味しそうに見えたよね♪

HERO 第2シリーズ

言わずとしれた木村拓哉さん主演の大ヒットドラマ「HERO」でドラマ初出演を果たしていました。
木村拓哉さん演じる検察官の久利生公平が傷害事件で逮捕したのが森山直太朗さん演じる大西祐二でした。
矛盾ばかりの供述で検察官たちを翻弄させていましたが、久利生の熱心な操作で15年前の時効間際の別件の起訴もすることが出来ました。

まんちゃん
まんちゃん
ドラマ初出演とは思えない演技だったよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
大どんでん返しが見ていてハラハラする内容だったねぇ!!

森山直太朗さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。
森山直太朗さんの演技経験はHEROなど数えるほどしかありません。
しかし、2020年以降エールの他にもドラマが決まっているため、期待の声が多くありました。

まんちゃん
まんちゃん
HEROが2014年だから5年以上ぶりの演技なんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これは皆、期待してしまうよね!

HEROの演技から6年もの間、演技の仕事から離れていて、急に立て続けにドラマに出演というのは、何か心境の変化があったのでしょうか?
音楽もとても繊細なものを作られるので、演技もその魅力を発揮したものが見てみたいと思ってしまいますが、ブランクも心配ですね・・・

エールでの森山直太朗さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでの役柄は裕一の音楽の才能に気が付く恩師の役になります。
もともと演技経験が少ない上に、ブランクもあるので心配なところもありますが、森山直太朗さんが作られる曲のような魅力的な演技を期待したいですね!
役どころも音楽に関わる役なので、森山直太朗さんの得意分野でもありますし、自然な形での演技が出来るのでしょうか?
バラエティ番組でも面白い人柄を披露してくれているので、そんな雰囲気の先生像を期待しましょう♪