スカーレット

スカーレット開発室の津山秋安は遠藤雄弥!ちゅらさんにも出演!

NHK連続テレビ小説第101作目「スカーレット」。
今回、私がスカーレットで注目したのが津山秋安(つやまあきやす)役の遠藤雄弥さん。

商品開発室の新入社員、津山の役でスカーレットに登場した遠藤雄弥さん。現在32歳と若い年齢なのに、実は子役からスタートして芸歴は20年を超えるベテラン俳優さんです。
テレビドラマの出演も多く、そういえばあの番組のあの役だった!と思い出す人もあるかもしれません。
2004年から2005年には、「ミュージカル テニスの王子様」で越前リョーマを演じ、評価されています。
映画にもたくさん出演していて、2020年には主演映画の「辰巳」が公開される予定です。

まんちゃん
まんちゃん
ナチュラルな大阪弁が印象的だったね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも、関西出身じゃないんだって!

遠藤雄弥さんは今回スカーレットで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

遠藤雄弥が演じる津山秋安(つやまあきやす)ってどんな役?

 

喜美子が働く丸熊陶業では、婿に来た敏春が事業拡大のために商品開発室を新設して、三人の従業員を新しく雇います。雇われたのは、津山秋安、藤永一徹(ふじながいってつ)、十代田八郎(そよだはちろう)の三人です。
津山は、生まれも育ちも大阪で、大阪の工業大学を卒業して、大阪で資材研究員をしていました。
敏春に連れられて丸熊陶業のあちこちにあいさつをしたときに、二番目にあいさつをしていた、ハンチング帽の青年が津山です。関西人らしい、明るく人懐っこそうな青年でしたね。

 

まんちゃん
まんちゃん
三番目に八郎があいさつしようとしたときに、言い残したことが!ってかぶせちゃっていたね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ひょうきんな津山と、まじめな八郎のコントラストがおもしろかったよね

実在モデルはいるの?

津山の実在モデルについては、「この人だ!」という確かな情報は見つかりませんでした。
スカーレットは、陶芸家の神山清子さんをモデルにしていますが、脚本はオリジナルで書かれています。そのため、津山もオリジナルのキャラクターになるのかもしれません。

まんちゃん
まんちゃん
オリジナルキャラクターなのかな?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
明るい性格で、商品開発室を盛り上げてくれそうだね

遠藤雄弥のプロフィール♪

名前:遠藤雄弥(えんどうゆうや)

本名:遠藤雄弥(えんどうゆうや)

誕生日:1987年3月20日

血液型:B型

出身地:神奈川県厚木市

身長:171cm

体重:59kg

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

遠藤雄弥が芸能界に入ったきっかけは?

小学5年生のときに劇団に入り、子役からスタートしていろいろなドラマに出演。2000年に映画「ジュブナイル」で映画デビューします。
所属するワタナベエンターテインメントの男性若手俳優から成るD-BOYSで2004年から活動し、リーダーを務めましたが、2012年にD-BOYSを卒業します。
テレビドラマ、映画、舞台など活躍は幅広く、バラエティ番組や声優としての活動もあります。

まんちゃん
まんちゃん
D-BOYSの現メンバーには、「半分、青い。」の志尊淳さん、「まんぷく」の瀬戸康史さん、「なつぞら」の山田裕貴さんたちがいるよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「ごちそうさん」の和田正人さんも!

遠藤雄弥の代表作を紹介

ここで遠藤雄弥さんの代表作を紹介します。

ジュブナイル

 

「ジュブナイル」(Juvenile)は、2000年に公開されたSF映画です。
2000年の夏休み、4人の子どもたちがキャンプ場で、未来から来たロボット「テトラ」と出会います。子どもたちは、テトラの助けを借りて、地球の侵略をねらう宇宙の商人・ボイド人と戦うことになり・・・という内容で、遠藤さんは4人の子どもたちのうちの一人、坂本祐介の役でした。

まんちゃん
まんちゃん
2000年から2020年へと、話がつながっていくんだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
2020年の祐介は、吉岡秀隆さんが演じているよ

ちゅらさん

 

「ちゅらさん」は、2001年度前期の朝ドラです。沖縄県を舞台にして、脚本は「ひよっこ」の岡田惠和さんが担当しています。
ヒロインの恵里(えりぃ)を2084人からオーディションで選ばれた国仲涼子さんが演じた「ちゅらさん」は、視聴者からの人気も高く、シリーズ化されてパート4まで作られました。
遠藤さんは、後に恵里と結婚する上村文也の兄、和也を演じています。病弱で、若くして亡くなってしまう難しい役でした。

 

まんちゃん
まんちゃん
スカーレットの津山さんを見て、ちゅらさんを思い出した人の声がtwitterにいくつか挙がっていたよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
チェックしている人はたくさんいるんだね

ヴォイス 〜命なき者の声~

 

「ヴォイス 〜命なき者の声~」は、2009年の1月から3月までフジテレビの「月9」で放送されたヒューマンドラマです。
瑛太さん・生田斗真さん・石原さとみさん・佐藤智仁さん、そして遠藤さんが、法医学ゼミで命や人の死と向き合う5人の医学生を演じました。
遠藤さんが演じた哲平は、歯科医の息子なのに法医学ゼミに所属する、お調子者でお人好しの医学生でした。

まんちゃん
まんちゃん
主題歌はGReeeenの「刹那」だったね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
GReeeenのメンバーも、歯科医さんたちなんだよね

遠藤雄弥の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

遠藤雄弥さんの演技が下手だという意見は見つかりませんでした。映像作品はもちろん、舞台でも活躍する俳優さんなので、演技力は間違いないのでしょう。

まんちゃん
まんちゃん
10代のころは、主役の少年時代の役を演じていることもあるよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
美少年なんだよね

上手な意見

 

 

まんちゃん
まんちゃん
ちょっと癖のある津山さんを、納得できる人物像にしているっていう声もあったよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
細かいところまできっちりお芝居しているんだね

主役級の役からわきを固める役まで、幅広い役柄で演技力を発揮している遠藤さん。イケメン枠の俳優さんに入りそうですが、それだけではない確かな実力を持っています。twitterでも、「津山さんと過去のあの役をやっていたときと、まったく違う人みたい!」とビックリする声もありました。

スカーレットでの遠藤雄弥に期待!

いかがでしたでしょうか?

スカーレットでの役柄は、新設された商品開発室の新入社員、津山。大阪生まれの大阪育ちで、三人の商品開発室のメンバーの中ではムードメーカー的な明るい人柄です。
「ちゅらさん」では、はかなくも美しい病弱な少年役だった遠藤さんですが、スカーレットでは真逆の人物像になりそうですね。
スカーレットでの遠藤さんの演技を楽しみに、放送を見ていきたいと思います♪