エール

伊藤久男の離婚した妻や子供の現在を調査!古関裕而との関係も!

NHK連続テレビ小説「エール」

来春スタートの「エール」は昭和を代表する作曲家である古関裕而さんが主人公の実在モデルとなります。その古関裕而さんと親友であり、歌手でもあるのが伊藤久男さん。その伊藤久男さんを実在モデルとした佐藤久志役を演じるのが山崎育三郎さんです。

山崎育三郎さんは歌手としても活躍しミュージカルも大好評ですのでその歌声を存分に聞くことが出来そうで楽しみですね♪

まんちゃん
まんちゃん
山崎育三郎さんのミュージカル一度見てみたいな~♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
音楽番組でも抜群の歌唱力だよね。

今回は山崎育三郎さん演じる佐藤久志の実在モデルである伊藤久男さんについて詳しく調べてみましたのでお伝えします。

伊藤久男さんについて

ピアニストを志す

伊藤久男さんは1910年7月福島県本宮市に生まれます。父親は県会議員の伊藤彌さん、兄も福島県議会議員を務めて戦後には衆議院議員となった伊藤幟さんで、とても裕福な家庭に育ちました。

中学時代からは当時まだ珍しかったピアノに没頭し、後にピアニストを志します。しかし、家族の強い反対にあい単身で上京。伊藤久男さんはピアニストを志望していることを家族に隠すため、東京農業大学に入学しました。

その後は同郷の作曲家である古関裕而さんの影響を受けて東京農業大学を退学し、帝国音楽大学へと入学します。それを知った家族は仕送りを打ち切ったため、伊藤久男さんは金銭面でとても苦労をしました。

歌手の道へ

伊藤久男さんは金銭的に苦しい生活だったため、コロムビア吹き込み所で合いの手や囃子の吹き込みのアルバイトを始めます。本人にとっては不本意なアルバイトでしたが、後にその声が認められて1933年6月25日リーガル社から「今宵の雨」で歌手デビュー

1938年に発売した「湖上の尺八」がヒットすると、バリトン流行歌手として次々にヒット曲を生み出し一躍スター歌手となります。

1952年には紅白歌合戦に初出場し、その後も計11回の出場。1978年には紫綬褒章を受章し、1982年日本レコード大賞特別賞を受賞しました。

古関裕而との関係


伊藤久男さんは、同郷で同年代の作曲家古関裕而さんの曲を多くレコーディングしています。戦時中の歌謡曲から代表曲「イヨマンテの夜」や「君いとしき人よ」、戦後は現在でも高校野球の入場曲として有名な「栄冠は君に輝く」を歌いました。

ピアニストを志望していた伊藤久男さんが歌手デビューすることを進めたのも親交があった古関裕而さんだと言われています。

まんちゃん
まんちゃん
伊藤久男さんはすごくお酒が好きだったみたいだよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そうなんだ!すごく潔癖だったという話も聞いたな。ドラマではどう描かれるのか楽しみ。

伊藤久男さんの家族

元妻 赤坂百太郎(大西ふさ子)

伊藤久男さんは一度離婚を経験しています。元妻は芸者歌手の赤坂百太郎さん(本名・大西ふさ子さん)。赤坂百太郎さんは1937年に歌手デビュー。その後、美人芸者歌手として活躍し「アリラン月夜」「夕日のアレリナ」などを歌いました。

デビューの翌年の1938年に伊藤久男さんと結婚。4人の子供を授かりますが、伊藤久男さんの浮気により1950年に離婚しています。

妻・桃園ゆみかと子供たち

伊藤久男さんは赤坂百太郎さんと離婚後、宝塚歌劇団娘役で宝塚歌劇団21期生の桃園ゆみかさんと再婚します。元妻である赤坂百太郎さんとの離婚の原因は伊藤久男さんの浮気であったと言われていますが、その浮気相手が桃園ゆみかさんであったかどうかは分かっていません。

子供は長女の伊藤三礼子さんと次男の伊藤悟さんがNHKの歌番組「ステージ101」に出演するなど歌手として活動していたことが分かっています。伊藤悟さんは1980年頃に郷ひろみさんのバックコーラスを務めていました。

まんちゃん
まんちゃん
奥さんは宝塚歌劇団出身なんだ!歌がうまいんだろうな♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
子供も歌の道に進んでいるんだね。両親の影響かな。

最後に

いかがだったでしょうか?

古関裕而さん、作詞家・野村俊夫さんとともに「福島三羽カラス」と呼ばれて人気を博した伊藤久男さん。ピアニストを志してから歌手への道へと進み、一躍人気歌手として活躍しました。

そんな伊藤久男さんを演じるのは山崎育三郎さん。ミュージカル俳優として大活躍中の山崎育三郎さんが歌手を演じるというのは期待が膨らみますね!!エールでは山崎育三郎さんの美声をたくさん聞くことが出来そうです♪