エール

エール秘書杉山あかね役は加弥乃!元AKBと話題!本名や演技力も調査

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが杉山あかね(すぎやまあかね)役の加弥乃さん。
新型コロナウイルスの影響で現在は1話から再放送中のエールですが、裕一が専属作曲家として契約するコロンブスレコードで優秀な秘書役として登場します!

まんちゃん
まんちゃん
再放送でも視聴率が高いんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
一度見た人でももう一回見ると、再発見があって面白いよ!

加弥乃さんは今回エールで初めての朝ドラ出演です。今までどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

加弥乃さんが演じる杉山あかね(すぎやまあかね)ってどんな役?

窪田正孝さん演じる古山裕一が専属の作曲家を務めるコロンブスレコードで秘書として働いています。
若い女性ですが、冷静沈着で、音楽に関しても豊富な知識があるので、ディレクターの廿日市も何かと頼ることが多い優秀な秘書です。

第9週

福島から上京していた裕一の幼なじみ・鉄男が久しぶりに福島をテーマに詩を書きました。
裕一はその詩にメロディーをつけ、コロンブスレコードで廿日市に見せます。
当時、日本では地方小唄が流行していて、コロンブスでも地方小唄を発売しようと目をつけていました。

あかねは廿日市から感想を求められると、「私はとても良いと思います」と裕一を評価しました。
廿日市もそれならば、と裕一のデビュー曲としてレコードを発売することを決めます。

まんちゃん
まんちゃん
裕一のデビュー曲が鉄男の詩って運命だね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
本当は久志に歌って欲しかったけどね…

第13週

コロンブスレコードでは、新人歌手のオーディションを行うことになりました。
音楽学校を卒業して4年もたった久志は、どこからオーディションもスカウトが来ず、プラプラとしていました。
裕一はコロンブスレコードの新人歌手オーディションを受けるように久志に勧め、なんとか久志もノリ気になります。

久志のために、コロンブスでどういう人材を求めているのか、裕一はあかねにリサーチします。
直接は聞けないので、なんとか間接的に廿日市の好きな曲などを聞きまわります。

裕一が調べてきた情報をもとに、久志は廿日市が去年の宴会で歌った「丘をこえて」を実技試験で歌い上げます。
久志の歌声を聞いた廿日市は、思わずペンを振りながらリズムをとっていました!
裕一のリサーチの甲斐もあり、久志はコロンブスの研修生として契約をしてもらえることになります。

まんちゃん
まんちゃん
研修生の件は、廿日市が会社にかけあってくれたんだよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
あかねも、そんな廿日市は初めて見たって驚いていたね。

窪田正孝さんが演じる古山裕一が少し頼りないタイプなので、仕事のパートナーとしてうまくいくのかしら…と不安を感じる登場でしたが、徐々に裕一とあかねの距離も縮まり、新人オーディションのときにはあかねは頼りになる存在でした。

実在モデルについて

加弥乃さんが演じる杉山あかねの実在モデルについて調べてみましたが、現時点では放送開始前ということもあり、情報が少なく見つけることが出来ませんでした。
杉山あかねが務めるコロンブスレコードの実在モデルは「日本コロムビア」だと言われているので、当時そこに務めていた人にヒントがあるかと思うのですが…
また詳しい情報が分かり次第、追記していきます!

まんちゃん
まんちゃん
ディレクターの実在モデルは武藤与市さんなんだろうけど…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
当時、その秘書をしていた人が分からないんだよね。

加弥乃さんのプロフィール♪

名前:加弥乃(かやの)

本名:増山加弥乃(ますやまかやの)

誕生日:1994年2月10日

血液型:A型

出身地:東京都

所属事務所:B’stars Productio

加弥乃さんが芸能界に入ったきっかけは?

加弥乃さんは幼いときから既に子役として芸能界で活躍されていました。
ミュージカル「アニー」にも出演されるなど、物心がついたときには表舞台で活躍するという子ども時代を送っています。

AKB スターディングメンバー

加弥乃さんは現在世界的に活躍するアイドルグループAKBの初期メンバーです。
応募総数が7924名もいて、最終的な合格者数は24名という難関を潜り抜け、小学校6年生のときにメンバー入りします。
AKBでの活動期間は2年ほどなので、知らない人も多いようです。

まんちゃん
まんちゃん
普通に子役からきた女優さんかと思っていたよ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
アイドルまでやってたんだね!?

加弥乃さんの代表作を紹介

ここで加弥乃さんの代表作を紹介します。

キューピーCMソング たらこ・たらこ・たらこ

お昼時になるとテレビから聞こえてくるキューピーのCMソング。
一度は耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか?
加弥乃さんは現在JKT48で活躍する近野莉菜さんとともに歌い、話題となりました。
その後「キグルミ」というグループによってCD化されたのですが、一番最初に歌詞を吹き込んだのは加弥乃さんなのです。

まんちゃん
まんちゃん
絶対聞いたことあるよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
CD化されなかったのが勿体ない…

大岡越前

東山紀之さん主演の「大岡越前」では時代劇にも挑戦しています。
NHKの時代劇というと、大河ドラマ「西郷どん」にも少しだけ出演されていたので、着物姿に見覚えがある人も多いかもしれません。
東山紀之さん演じる大岡忠相の大岡家の奉公人「お花」役として出演していました。

まんちゃん
まんちゃん
現場の雰囲気がよくて、何年も一緒だと思えたみたいだよ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
すごく良い雰囲気だね!

相棒

2019年秋からスタートしていたテレビ朝日の人気シリーズ「相棒」のseason18の初回ゲストとして出演されています。
ご自身も小学生のときに相棒のノベライズ本を買ったり、相棒は再放送も含めtて昼と夜の2回見るものというほどの作品の大ファンだったそうで、出演できることの喜びをテレビ朝日のインタビューで語っていました。

まんちゃん
まんちゃん
この回は元軍人役で船越英一郎さんが出演していて、メチャクチャ強くて…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
うんうん!こわすぎて記憶に残っているよ!

加弥乃さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。
加弥乃さんは幼い頃から子役としても活躍されているので、演技の評価が多いのかと思いきや、意外にも加弥乃さんさんへの演技に関するツイートはほとんどありませんでした。
あったとしても肯定的なものばかりだったのですが、ここに掲載しておきます。

まんちゃん
まんちゃん
相棒での演技は確かに印象深かったね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも皆もっとツイートしているのかと思ってたよ。

芸歴が長いので、高評価なコメントが沢山あるかと思っていたのですが、意外にも少なくて驚いてしまいました。
時代劇にも出演されるほどの実力派なので、今回の「エール」でもっと人気が爆発することを祈っています!!

エールでの加弥乃さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでは窪田正孝さん演じる主人公・古山裕一が専属作曲家を務めるコロンブスレコードのディレクター秘書役を演じます。
幼い頃からミュージカル「アニー」やAKBなど音楽と関わることが多かった加弥乃さんなので、音楽をテーマにした「エール」への出演は嬉しいことだと思います♪
出来る女!というイメージの役どころですが、音楽好きが集まるエールを見ていると、明るい気持ちになれると思います。