エール

エール会長舘林信雄役は川口覚!モデルはハーモニカソサエティーの創設者

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが舘林信雄(たてばやしのぶお)役の川口覚さん。

コロナウイルスで自宅にいる時間が格段に増えた今、著名人が昔話の朗読をして子どもたちを元気づけようとネット動画の投稿が相次いでいます。
朗読のテレビ番組の一つNHKの『100分de名著』。以前放送されたカミュ著の『ペスト』。朗読を川口覚さんが担当されていました。再放送が最近あり、朗読が素晴らしかったと反響を呼んでいます。

まんちゃん
まんちゃん
『ペスト』にはコロナの影響で注目が集まっているようだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
読書もいいけど、朗読で耳から作品を味わうのもいいね。

川口覚さんは今回エールで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

川口覚が演じる舘林信雄(たてばやしのぶお)ってどんな役?

裕一が所属するハーモニカ倶楽部。その会長が舘林信雄です。実家は料亭を営んでいます。以前はプロの音楽家を目指し、東京の音楽学校で学んでいました。裕一の尊敬する存在です。
しかし、実家の料亭を継ぐためハーモニカ倶楽部を辞めることになります。
裕一は引き留めようとしますが、舘林はちゃんと音楽を学んでいない裕一が、音楽家になりたいという夢を持っていることを笑います。
舘林の最後の公演で演奏する曲を、裕一の曲か舘林の曲か争うことになるのですが、夢を笑われたことで裕一は舘林を見返そうと奮起します。

まんちゃん
まんちゃん
ハーモニカ倶楽部の演奏会のシーンは福島市にある国指定重要文化財・旧広瀬座で行われたんだって。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
広瀬座は明治時代から芝居小屋、映画館として使われてきたよ。

 

ハーモニカ倶楽部で演奏する曲、一体どんな曲ができあがったのでしょうか。

撮影された建物にも注目してご覧ください!

実在モデルについて

古山裕一のモデル・古関裕而さんは実際に福島商業学校在籍時、1923年、福島ハーモニカソサエティーでハーモニカを吹いていました。これがドラマの中のハーモニカ倶楽部となっています。
舘林信雄はハーモニカソサエティーの創設者である橘登(たちばなのぼる)さんがモデルのようです。古関裕而さんより5歳年上ですが、同じ福島商業学校を卒業しています。家業はお蕎麦屋さんだったようです。
家業を継ぐため1932年に福島ハーモニカソサエティーを解散しています。
解散時期が古関裕而さん在籍時よりもだいぶ後のため、ハーモニカ倶楽部の演奏会でのエピソードはオリジナルのようです。

まんちゃん
まんちゃん
家業を継ぐとき、仕事に専念するため橘登さんは楽譜を全部燃やしたそうだよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
大きな決意だったんだね。

福島ハーモニカソサエティーの皆さんも、きっと素敵な演奏をされていたのでしょう。
ドラマの福島ハーモニカ倶楽部の演奏も楽しみですね!

川口覚のプロフィール♪

名前:川口覚(かわぐちさとる)

誕生日:1982年1月9日

血液型:AB型

出身地:鳥取県

身長:172cm

所属事務所:レディバード

川口覚が芸能界に入ったきっかけは?

あまりプライベートを公にされていない川口覚さん。2004年の吉田修一さん原作・監督の映画『Water』で主演デビューします。
蜷川幸雄さんが主宰する劇団、さいたま・ネクストシアターに2009年から2014年まで在籍します。団員のオーディションは1225名の応募があり44名が合格したそうです。
2004年から映画、舞台、テレビドラマ、CM様々な場面で活躍されています。

まんちゃん
まんちゃん
劇団の倍率がすごい!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
選ばれし人だね!

川口覚の代表作を紹介

ここで川口覚さんの代表作を紹介します。

2012年・蒼白の少年・少女たちによる「ハムレット」

劇作家・シェイクスピアの代表作の一つ『ハムレット』。
蜷川幸雄さん演出の舞台で2012年、主演を務められています。
蜷川幸雄さんの『ハムレット』はこれまで渡辺謙さんや藤原竜也さんといった大物俳優陣も演じられてきました。
舞台の後、2014年にNHKの『100分de名著』では『ハムレット』を朗読されました。

まんちゃん
まんちゃん
蜷川幸雄さんはインタビューで『ハムレット』は、やる度に大きな発見があると話していたよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
この作品は読売演劇大賞優秀作品賞、蜷川幸雄さんは最優秀演出家賞を受賞したんだ。

龍馬伝

2010年のNHK大河ドラマです。福山雅治さんが坂本龍馬役で主演でした。
神戸に創設される海軍操練所。龍馬は勝臨太郎の弟子となり、操練所で航海術等学ぶこととなります。操練所が完成するまでの期間は、大阪の専称寺の勝塾で全国から集まった大勢の藩士と勉強に励むこととなりました。
川口覚さんは、出身地である鳥取の藩士・川口平九郎役で龍馬と共に学びます。

まんちゃん
まんちゃん
出身地が同じ人の役を演じられるって嬉しいね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
勝塾、操練所のシーンでは色々なお国ことばが飛び交っていたよ。

夕陽のあと

2019年11月より公開されている映画作品です。鹿児島県長島町が舞台。
島の港の食堂で働く佐藤茜(貫地谷しほり)。1年前に都会からやってきた彼女は、自分の事を語らず謎の女性。
同じ島で生まれ育った日野五月(山田真歩)は不妊治療を行うが子宝に恵まれず、児童相談所から男の子の赤ちゃん・豊和を預かり、7年間共に暮らします。生活が安定してきたので、特別養子縁組をしようとしますが、豊和が乳児置き去り事件の被害者で佐藤茜が生みの親である事が判明。
親子の絆とはなにか問いかけるヒューマンドラマです。
川口覚さんは五月の幼馴染で町役場に勤務する新見秀幸として登場します。

まんちゃん
まんちゃん
豊和役を務めた松原豊和君は町内で行われたオーディションで選ばれたそうだよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
作品にはエキストラで300名以上の人が参加したんだって。

川口覚の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

まんちゃん
まんちゃん
下手という意見は少なかったね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
下手という意見はあったけれど、川口覚さんが出演するから『黒薔薇2』視聴する!という熱烈なファンの声もあったよ。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
いい声というコメントも多かったね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
初めて川口覚さんの演技を観たときから夢中になったという声もあったね。

演劇以外でも活躍する川口覚さん。
エールで川口覚さんにはまった!という人もきっとでてくるに違いありません。

エールでの川口覚に期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでの役柄はハーモニカ倶楽部の会長・舘林信雄。裕一と演奏会でどちらが作曲した曲を演奏するか争います。
裕一にいい刺激を与えてくれそうですね!
指揮のシーンやハーモニカも楽しみに、川口覚さんの演技も注目しましょう!