エール

エール音のお見合い相手は坂口涼太郎!ひょっこりはんに似てると話題

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが野島夏彦(のじまなつひこ)役の坂口涼太郎さん。

おかっぱのヘアスタイルが印象的な坂口涼太郎さん。俳優・坂口健太郎さんとは一文字違いですが兄弟、親戚ではないようです。また、お笑い芸人・ひょっこりはんにも似ている!という声もありますがこちらも親戚ではないとのこと。
坂口涼太郎さんは現在放送中のテレビドラマ『FAKE MOTION 卓球の王将 』にも出演中です。

まんちゃん
まんちゃん
おかっぱの男性には仲間意識があるそう。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
韓国旅行の際には、韓国の男性のスタンダードがおかっぱだったので、街行く人々に馴染むことでき居心地が良かったとブログで綴っているよ。

坂口涼太郎さんは今回エールで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

坂口涼太郎が演じる野島夏彦(のじまなつひこ)ってどんな役?

ヒロイン関内音のお見合い相手・野島夏彦。
薔薇を顔に近づけているお見合い写真を見てもわかるようにナルシストのようです。
昔ながらの考えで、大和なでしこは男の後ろを歩くべきと思っています。その考えを音に話すと、音は怒って夏彦の胸倉につかみかかってしまいます。

まんちゃん
まんちゃん
音がお見合い写真を見た時、「これと?!」っていったのも納得のお見合い写真だったね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
数分のシーンだったけれど、濃いキャラクターだったね。

残念ながら(?)音とは結ばれませんが、成長した音がどういった女性になったのかよくわかる場面になっています。

実在モデルについて

音のモデルとなった内山金子さん。実際にお母さんやお姉さんから縁談の話もすすめられていました。
ですが、ドラマの音と同じで音楽の道に進みたいと金子さんは訴えていました。その気持ちを古関裕而さんとの手紙の中でも綴っています。
結果的に文通で愛を育んだ古関裕而さんと結婚した金子さん。
お見合いをした野島夏彦のモデルとなった人物はいないと思われます。ドラマオリジナルのキャラクターのようです。

まんちゃん
まんちゃん
縁談の話はあったんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
手紙のやり取りで愛を育むってロマンチックだね。

金子さんも芯の強い女性だったようですね。古関裕而さんと歩んだ音楽の道。後ろに下がってではなく、きっと肩を並べ共に歩まれてきたのでしょう。

坂口涼太郎のプロフィール♪

名前:坂口涼太郎(さかぐちりょうたろう)

誕生日:1990年8月15日

血液型:B型

出身地:兵庫県神戸市

身長:171cm

体重:58kg

所属事務所:キューブ

坂口涼太郎が芸能界に入ったきっかけは?

両親の影響で幼いころから劇、映画、美術館等連れて行ってもらい芸術に触れてきた坂口涼太郎さん。ピアノも3歳から習っており、中学、高校と吹奏楽部で音楽にも親しんできたそうです。
小学3年生の時、ミュージカル『キャッツ』を観劇。楽曲に感動し、舞台に立ちたいと思うようになります。
中学校入学後、森山未來さんの両親が営むダンススタジオに通い始めました。2007年、森山未來さん主演・演出のダンス公演『戦争わんだー』の舞台に立ちます。
その後、2010年『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園』で俳優デビュー。俳優デビューとなったこの年、他にもCM、ドラマ、舞台、ライブと様々な方面で活躍し始めました。

まんちゃん
まんちゃん
自身のYou Tubeチャンネルでは歌、ダンスを投稿されているね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ピアノの弾き語りもかっこいい!!

坂口涼太郎の代表作を紹介

ここで坂口涼太郎さんの代表作を紹介します。

ちはやふる

大人気漫画の実写映画化!上の句、下の句、結びと3部で構成されています。
主演は朝ドラ『なつぞら』のヒロインも演じた広瀬すずさん。高校生の百人一首にかける青春を描いた作品です。
坂口涼太郎さんは主人公・綾瀬千早のライバル校である北央学園のかるた部の生徒・木梨浩(ヒョロ)として出演されています。

まんちゃん
まんちゃん
マンガのヒョロとかなり似ていると話題に。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
作者の末次由紀さんも坂口涼太郎さんに会った時、「ヒョロくんだ!ヒョロくんが生きている!」と言ったそうだよ。

SUNNY 強い気持ち・強い愛

2018年公開の映画です。広瀬すずさん篠原涼子さんW主演の作品。ギャル全盛期の1990年代、高校生の主人公・奈美を広瀬すずさん、その20年後の奈美を篠原涼子さんが演じています。
高校生の時、仲良しだったサニーの6人のメンバー。20年後、奈美はメンバーの一人・芹香と再会。芹香は余命わずかな状況でした。芹香は離ればなれになってしまったサニーのメンバーにもう一度会いたいと願います。奈美はメンバーを捜すことに。
『ちはやふる』ではライバル役でしたが、本作では奈美のアニメおたくの兄・慎二役として出演されています。

まんちゃん
まんちゃん
奈美、慎二の出身は兵庫県。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
坂口涼太郎さんも兵庫県出身だね。

書道ガールズ!!わたしたちの甲子園

2010年公開の映画です。坂口涼太郎さんの俳優デビュー作です。
愛媛県立三島高等学校書道部の実話がベースになっています。書道パフォーマンスで町を活気付ける青春ストーリーです。
坂口涼太郎さんは書道部員・村上悟役で出演。
なんと書道ボーイズのダンスの振り付けも坂口涼太郎さんが担当されています。

まんちゃん
まんちゃん
デビュー作で振り付けもなんてすごい活躍だね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
多方面で才能が光っているね!

坂口涼太郎の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

坂口涼太郎さんの演技が下手という意見は見当たりませんでした。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
やっぱり初めて観る人にとっても印象に残るようだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
エールを観て坂口涼太郎さんを知ったという人も、はまってしまうかも。

演技に関するツイートは少なめでした。どちらかというとその演じた役に的を射たコメントが多く、おもしろい濃いキャラクターといった声がみられました。
以前、ご自身のブログで「どんな役を演じているときも願っている事ですが、誰かが彼の姿を観て少しでも孤独ではないと思えたり、人生の慰めになれば、こんなに幸せなことはないと思っています。」と投稿されています。
坂口涼太郎さんの演技をみて、元気をもらった、笑顔になったという人はきっと多いはずです!

エールでの坂口涼太郎に期待!

いかがでしたでしょうか?

エールでの役柄は音のお見合い相手、野島夏彦。残念ながら継続しては出演されないようです。朝ドラに限らず、様々なシーンで活躍する坂口涼太郎さんに今後も注目です!!