エール

丘灯至夫(おかとしお)の嫁や子供について調査!朝ドラエールに出演は?

2020年4月からスタートした連続テレビ小説「エール」
エールは作曲家の古関裕而さんをモデルにした物語で、窪田正孝さんが主役を演じ、話題になっています。
新型コロナウイルスの影響で、撮影した分が6月末でストックが切れてしまうという報道もあり、心配の声もあがっています。

まんちゃん
まんちゃん
出来れば続けて見たいよー!!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
どうなっちゃうんだろう?

エールの主人公のモデルである古関裕而さんは作詞家の丘灯至夫(おかとしお)さんとタッグを組んで「乗り物シリーズ」としてレコードを出していた時期がありました。
今回は古関裕而さんのパートナーとも呼べる丘灯至夫さんについてご紹介します。

丘灯至夫さんの生い立ちや経歴について

経歴

・大正6年 福島県田村郡小野新町に生まれる(出生名:西山安吉)
・昭和4年 福島県郡山市立金透小学校を卒業
・昭和7年 福島県郡山市立郡山商工学校を卒業
・昭和10年 西條八十に弟子入りし、作詞の道に入る
・昭和16年 NHK郡山放送局に入局
・昭和17年 毎日新聞社に入社し、福島支局記者として勤務
・昭和24年 日本コロムビアの専属作詞家として契約
・昭和38年 日本レコード大賞作詞賞を受賞
・昭和39年 日本レコード大賞童謡賞を受賞
・昭和57年 福島県田村郡小野町特別功労表彰を受ける
・昭和63年 芸術文化功労により勲四等瑞宝章受賞
・平成5年 福島県田村郡小野町に「丘灯至夫記念館」がオープン
・平成13年 福島県小野町 名誉町民第1号
・平成21年 腎不全のため92歳で死去

生い立ち

丘灯至夫は福島県に現在もある西田屋旅館の六男として生まれました。
幼い頃は体が弱く、同じく福島県の猪苗代温泉に家族に連れて行ってもらっていました。
その時の思い出が後のヒット曲となる「高原列車は行く」の誕生にも繋がっています。

体が弱かったため、どの仕事も長続きはしませんでした。
鉛筆1本でやっていける仕事を探したところ、新聞記者と作詞家が思い浮かんだとのことです。
本を読む時間も多くなり、詩人である西條八十主宰の雑誌に作品を投稿したりファンレターを書くうちに交流が生まれ、弟子入りしたのをきっかけに本格的に作詞の道に入りました。

24歳のときにNHKに入局し、一時はアナウンサーまで務めましたが、わずか1年で退局してしまいます。
その後は毎日新聞に入り、新聞記者として勤務します。
新聞記者時代は押しが強くて面の皮が厚くないとやっていけないと、「押しと顔」を持論に掲げていました。
丘灯至夫というペンネームは「押しと顔」(おしとかお)を逆から読んだものだと言われています。

まんちゃん
まんちゃん
作詞家なだけあって、ユニークな人だね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
面白い!!

その後、日本コロムビアと作詞家として専属契約をしましたが、毎日新聞も定年まで務めあげています。
その後も終身名誉職員として特別な扱いを受けていました。
日本コロムビアの専属作詞家になる前からエールの主人公の実在モデルである古関裕而さんとも交流がありました。
古関裕而さんのことを「詞のイメージを大切にしてくれて、作曲に活かしてくれる」と気に入り、古関裕而さんが亡くなるまでの50年あまり交流は続きます。

作詞家として大成したあとは名誉町民に選ばれ、日本レコード大賞を受賞した「高校三年生」の歌碑まで建立されました。
除幕式では「日本語が失われつつある」とその頃の日本の歌謡曲をコメントしつつも「この世であんまり歌を作りすぎたので、今度はあの世で歌を作って送ります」と会場を爆笑の渦に巻き込んだというエピソードもあります。
しかし、その頃から日本の歌に疑問を感じていたのは本心のようで、晩年には「今の歌は大衆が歌えない。大衆は聞くだけだ。それは歌とはいえない」と苦言を呈すこともありました。

代表曲

丘灯至夫さんが古関裕而さんとコンビを組んで「乗り物シリーズ」として発売されたレコードの動画がありましたので、ご紹介します。

高原列車は行く

あこがれの郵便馬車

そして乗り物の曲だけではなく、歌謡曲もヒット曲を連発します。
みなしごハッチ

レコード大賞を受賞したヒット曲
高校三年生

家族について

父・西山亀太郎さん

丘灯至夫さんの父親は「西田屋旅館」の経営をしていました。
詳しい経緯は分かりませんが、その後旅館は人手に渡り、亀太郎さんは電気会社の副社長を務めていました。
現在の東北電力にあたる会社で、その流れで一時期、丘灯至夫さんも務めていたことがありましたが、役員の身内ということで大事に扱われ、何も仕事はさせてもらえずに用務員室で詞を書く日々だったようです。

妻・西山ノブヨさん

丘灯至夫さんのマネージャーも務めていました。
二人三脚で仕事をし、丘灯至夫さんが亡くなられたときも喪主を務めたのがノブヨさんでした。

息子・西山謹司さん

丘灯至夫さんが42歳のときに生まれた長男の謹司さんは「救心」でおなじみの救心製薬株式会社の取締役を務めています。
謹司さんが高校3年生のときに同級生と丘灯至夫さんがコロムビアから集めた「高校三年生」チームで野球対決をしたことが記憶に残っていると言います。
試合は引き分けで、大反省会が行われたとのことです。
息子の謹司さんからしても、「人を楽しませることが好きだったのでしょう」と推察したり、毎日が人を楽しませる学芸会の連続と言うほど、ユニークな人柄だったと語っています。

最後に

古関裕而さんと同郷ということで、一時期はコンビを組んで楽曲づくりをしていた丘灯至夫さんについて調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?
小さい頃から体が弱かったものの、長く活躍された方でした。
ペンネームの付け方からもユニークな人柄が想像でき、もっといろいろなエピソードを知りたいと思ったほどでした!
エールで丘灯至夫さんが登場するかどうかは発表されていませんが、福島の方にとっては地元の大スターだと思うので、どこかで登場シーンがあったら嬉しいですね!、