エール

エ-ル新聞社社長堂林は斉木しげる!娘ひとみと鉄男の縁談ネタバレ

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが新聞社社長・堂林(どうばやし)役の斉木しげるさん。

最近コメンテーター出演が多い大竹まことさん、ドラマ出演でよく見かけるきたろうさんと一緒に芝居ユニット「シティボーイズ」を結成していた仲間の一人である俳優・タレントの斉木しげるさん。

破天荒なキャラクターで、特にパチンコ名人としてTV東京の「今夜もドル箱」で長く活躍されていました。コメディー以外では真面目なお父さん役や特撮もので見かけた方も多いと思います。同期には、朝ドラエールにも出演の風間杜夫さんがいらっしゃいます。

まんちゃん
まんちゃん
あ~あの斉木名人!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
破天荒なキャラとよく言われる俳優・タレントさんだね。

斉木しげるさんは今回エールで初めての朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

斉木しげるが演じる新聞社社長・堂林(どうばやし)ってどんな役?娘ひとみと鉄男の縁談ネタバレ

(中村蒼さん演じる)鉄男の勤務先の新聞社の社長である堂林(どうばやし)さん。鉄男のことをいたく気に入り、娘の仁美を連れて、ゆくゆくは鉄男に会社を任せたい、娘はどうかと打ち明ける役どころになります。

まんちゃん
まんちゃん
やはり真面目なお父さん役だね♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
社長さんといい、よく似合います。

ある日、裕一に頼まれて、たまたま上京していた鉄男がカフェーに音の様子を見にやってきます。
希穂子の顔を見て驚く鉄男。鉄男と希穂子は、福島で知り合い、つきあっていました。
ところが、鉄男に新聞社の社長の令嬢との縁談があることを知った希穂子は、福島を去っていました。希穂子は鉄男の将来を思い、新聞社の社長から手切れ金を受け取ることで鉄男への思いを断ち切ろうとしていたのです。
希穂子が東京にいるらしい、といううわさを聞いた鉄男は、希穂子のことを探し続けていました。
そんな鉄男を、希穂子は冷たく追い返します。

鉄男が作った詞に裕一が曲をつけて、『福島行進曲』が完成します。レコードの発売パーティーに、希穂子を誘う音。遅れてやってきた希穂子に、鉄男が結婚を申し込みます。
「私、結婚が決まったんです。」
うそをついて、希穂子は鉄男の前から去っていきます。

鉄男のモデルである野村俊夫さんは新聞社の奥さんとは結婚していないようなのでこの縁談は破断になるのでは無いかと思われます。

実在モデルについて

エールの鉄男の実在モデルである作詞家の野村俊夫さんは福島民友新聞社で新聞記者をしていた時代(1924年~1931年)があり、堂林は福島民友新聞社のその当時の社長である人物と思われます。

まんちゃん
まんちゃん
この縁談のエピソードは実話かな?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
社長令嬢の仁美含めて、鉄男の切ない恋物語に関係する大事な人物♪

斉木しげるのプロフィール♪

名前:斉木しげる(さいきしげる)

本名:斎藤滋樹(さいとうしげき)

誕生日:1949年11月18日

血液型:O型

出身地:静岡県浜松市

身長:178cm

所属事務所:ASH&Dコーポレーション

斉木しげるが芸能界に入ったきっかけは?

静岡県浜松市出身の斉木しげるさん。早稲田大学い入学するも中退し、俳優座養成所を中退した仲間同士で1971年に劇団「表現劇場」を結成します。このときのメンバーには、大竹まことさん、きたろうさん、風間杜夫さんがいました。

のちに大竹さん、きたろうさんと、芝居ユニット「シティボーイズ」を結成します。「シティボーイズ」の3名は当初からソロとしての活動も多く、斉木しげるさんは特に特撮物への出演が多い俳優でした。東映不思議コメディシリーズの「魔法少女ちゅうかなぱいぱい!」等の出演を経て、タレント・俳優としての活動を積んでゆきます。

まんちゃん
まんちゃん
シティボーイズの3人はずっと第一線で活躍されているね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
個性豊かで面白い叔父さん達♪

斉木しげるの代表作を紹介

ここで斉木しげるさんの代表作を紹介します。

3月のライオン

2017年に公開された大友啓史監督作品である、『3月のライオン』。原作は羽海野チカ原作の国民的人気コミックであり、主役の神木隆之介さんが演じる青年棋士・桐山零を取り巻く物語であり、彼の棋士として、人間としての成長を描いています。

斉木しげるさんは、60歳を越えてもA級で活躍する現役最年長の棋匠・柳原朔太郎(やなぎはらさくたろう)役を演じています。

まんちゃん
まんちゃん
なんといっても、日本将棋連盟の会長役の岩松了さんとの絡みが見どころ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
日本映画に無くてはならないベテラン俳優同士だものね。

今夜もドル箱

『今夜もドル箱』は1998年~2003年にTV東京で放映の深夜のバラエティー番組です。ゲストのタレントを、パチンコ名人の斉木しげるさんが迎え撃ち、全国各地のパチンコ店で制限時間内の遊技による出玉数を競うという内容の番組のMCを務めていました。

まんちゃん
まんちゃん
パチンコ名人と呼ばれる所以だね♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
パチンコ好きが高じて自己破産したとの噂も・・・・

陸王

2017年TBSでドラマ化された、井戸潤さんの小説『陸王』。主人公の足袋製造会社「こはぜ屋」の社長である宮沢紘一(みやざわ こういち)役を役所広司さんが熱演しました。

斉木しげるさんは第9話に登場し、「タテヤマ織物」代表取締役社長の檜山和人役を演じます。

まんちゃん
まんちゃん
確か、あえて社長であることを明かさずに、大地君(山崎賢人さん)への助け舟を出すんだよね~。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「陸王」復活の鍵を握るまさに重要な役どころ♪

斉木しげるの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

演技下手ではなくて、決して嫌味ではない「大きい」とかのコメント若干ありました。

まんちゃん
まんちゃん
このコメントの人、実は斉木しげる贔屓なのかな♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
あまり苦手って人はいないね…。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
破壊力凄いとか、大げさとか、コアなファンが多い方だよね~
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「今夜もドル箱」も斉木しげるさん時代が良かったの声多し!

斉木しげるさんの特撮への破天荒な演技や、パチンコ名人としてのキャラクターには当時からコアなファンがいましたが、長い芸能界での経歴を経て、現在では日本映画界になくてはならないベテランの俳優の一人に数えられる存在になっています。

特に、社長役や真面目なお父さん役、渋い棋士等がぴったりとはまる斉木しげるさんの大きめの演技が好きという方も多いと思います。

今後の活躍がますます楽しみな俳優さんの一人ですね。

エールでの斉木しげるに期待!

いかがでしたでしょうか?

エールでの役柄は鉄男が勤める新聞社社長・堂林(どうばやし)役です。

社長令嬢の仁美含めて、鉄男の切ない恋物語に関係する大事な人物を今回演じています。 鉄男の今後の上京しての作詞活動への絡みは続くのでしょうか?

エ-ルでの斉木しげるさんを楽しみにしておきましょう♪