エール

エ-ル音楽学校の生徒西田宏役は中山求一郎!現在注目の若手俳優!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが西田宏(にしだひろし)役の中山求一郎さん。

大学時代に友人から「劇団を旗揚げしないか?」と誘われたことが、役者になるきっかけだったと話す中山求一郎さん。劇団の中で、初めて自分の思いを、自分の言葉で表現できるようになり、人への関わりが好きになる経験を積んだことが、現在の俳優・中山求一郎の出発点になっているようです。

特に劇団の演技の中で、生々しくぶつかり合ったり、喋りあったりする中で、「初めて人とちゃんと関われた」と思ったのが演劇であり、そこでの人との交流に魅力を感じたと御本人は語ります。

まんちゃん
まんちゃん
どこか上品でやさしい眼が魅力の俳優さん♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それでいて存在感あるんだよね…。

中山求一郎さんは今回エールで初めての朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

中山求一郎が演じる西田宏(にしだひろし)ってどんな役?

西田宏(にしだひろし)は、ヒロイン音と同じ音楽学校の生徒であり、椿姫の舞台に立つ共演者でもあります。同じ舞台の共演者に、清瀬やえこさん演じる沢田豊子や諌早幸作さん演じる井上晃がいます。

まんちゃん
まんちゃん
同じ音楽学校の生徒さん♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
舞台仲間でありながら、ライバル同士の関係です。

実在モデルについて

ヒロイン音の実在モデルは古関金子ですが、彼女は帝国音楽学校の声楽部の本科に通っていました。その同世代の学年の生徒は当然いたと思いますが、特定はできませんでした。

まんちゃん
まんちゃん
音の妊娠が一大騒動に発展したね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
舞台共演者としては、心中察するところかな~。

中山求一郎のプロフィール♪

名前:中山求一郎(なかやまきゅういちろう)

誕生日:1992年5月16日

出身地:埼玉県

身長:177cm

所属事務所:カクトエンタテイメント

中山求一郎が芸能界に入ったきっかけは?

1992年埼玉県生まれの中山求一郎さん。大学時代に演劇に目覚めた彼は、橋口亮輔監督の映画「恋人たち」オーディションを受け、2015年に映画初出演を果たします。
その後は、2016年映画「何者」(三浦大輔監督)、2017年「少女邂逅」(枝優花監督)、2018年「闇金ぐれんたい」(いまおかしんじ監督)、「寝ても覚めても」(濱口竜介監督)と毎年コンスタントに映画出演を続け、現在注目の若手俳優の一人になっています。

まんちゃん
まんちゃん
立て続けに映画出演されてるね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
求められる俳優さん♪

中山求一郎の代表作を紹介

ここで中山求一郎さんの代表作を紹介します。

あなたの番です

マンションでの「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる新婚夫婦を描いた2019年度の日テレ系ミステリードラマで、企画・原案は秋元康が担当。

主人公夫婦の夫の手塚翔太役に田中圭さんが、その年上の妻である菜奈役を原田知世さんが演じました。中山求一郎さんは、マンション住人が助けを求める刑事役で出演しました。

まんちゃん
まんちゃん
あな番の刑事役か~
ぷくちゃん
ぷくちゃん
あな番って有望な役者さんの宝庫なドラマだね。

ダニ-と紺碧の海

2020年1月東京・小劇場楽園で上演された舞台「ダニーと紺碧の海」。岡本玲さん(ロバータ役)と中山求一郎さん(ダニー役)の二人芝居です。ジョン・パトリック・シャンリィによって1983年に描かれた作品であり、ニューヨークのバーを舞台に主役の男女の関わりあいを描いています。

まんちゃん
まんちゃん
自ら劇場を借りて上演したそうだよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
凄く評判いい二人芝居だったみたい♪

つま先だけが恋をした

2018年公開映画の猫目はち監督作品「つま先だけが恋をした」。元彼と今彼および、猫目はちさん演じる雪の物語です。

中山求一郎さんは主人公の今彼役の紳司を演じました。

まんちゃん
まんちゃん
猫目はちワールド満載だね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
この後、「突き射す」が続編で公開されました。

中山求一郎の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

下手なコメントは見当たりませんでした。

まんちゃん
まんちゃん
中山さん努力してるもの。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
気概あるんだ~。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
リアルなとか、迫真の演技とかのコメント多いね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
田中爽一郎さんともよく共演してます。

「ダニ-と紺碧の海」出演時には、役者としての壁にぶつかっている中山求一郎さんと、思いを同じくする岡本玲さんが、自らの情熱をぶつける舞台を自分達で用意して、(観客に役者としての是非を問う)二人の決意にも似た感情が感じ取れました。

結果として、次世代を担う俳優・女優の登竜門的な側面をもつ、朝ドラへの出演を今回果たしています。冒頭のご自身のTwitterの文面からも、朝ドラの視聴者の反響の大きさに素直に驚く中山求一郎さんの姿が見てとれますね。

今後の飛躍が楽しみな俳優さんがまた一人出てきました。

エールでの中山求一郎に期待!

いかがでしたでしょうか?

エールでの役柄は西田宏(にしだひろし)です。ヒロイン音と同じ音楽学校の生徒であり、椿姫の舞台に立つ共演者でもあります。

エール後半で再び、音楽学校の生徒と、ヒロイン音との交流を描く機会は訪れるのでしょうか? 期待が高まりますね。

エールでの中山求一郎さんを楽しみにしておきましょう♪