エール

エールつぐひとの友だち利彦役は関口アナン!女優竹下景子の次男!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが利彦(としひこ)役の関口アナンさん。

エール第12週「アナザーストーリー」。いつもと違ってスピンオフ的な一週間で、エール主役の裕一・音夫婦に関りのあるいろいろな人たちの「愛のカタチ」が描かれます。
第59・60回は、「環のパリの物語」。
柴咲コウさん演じる双浦環の、パリでの恋と別れが描かれるこの回では、パリで環たちに関わった人たちがスポット的に登場します。
関口アナンさん演じる利彦もその一人。どんな人物なのでしょうか?

まんちゃん
まんちゃん
柴咲コウさんの美しさにうっとり・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
恋人役の金子ノブアキさんもすてき・・・

関口アナンさんは今回エールで初めての朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

関口アナンが演じる利彦(としひこ)ってどんな役?

環の恋人である今村嗣人は画家で、パリで個展を開きます。
ところが、新聞での批評は「ただただ凡庸」と、ひどいものでした。
失意の中、嗣人はホームパーティーを開きます。利彦は、そのパーティーに招かれてきていた嗣人の友人で、画家崩れの日本人です。

利彦は、嗣人に、
「君の奥さん、最近話題だよ?」
と声をかけます。
「妻じゃない」
という嗣人に、
「・・・なら、早く妻にしといたほうがいい。」
と言います。
オペラ「蝶々夫人」の初演に失敗した作曲家のプッチーニが、主役の日本人の役を日本人に演じさせることで起死回生を狙っていて、その主役にと環に目をつけていると利彦は言うのです。
そして、同じパーティーに来ていたアダムと言うイギリス人が、環を「蝶々夫人」のスカウトに来たのではないかと噂話をしています。

まんちゃん
まんちゃん
ついに環がチャンスをつかむ?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
嗣人との恋の行方は?

実在モデルについて

双浦環の実在モデルは、オペラ歌手の三浦環さん。三浦さんはドイツに留学の経験がありますが、留学時にはすでに結婚していました。
そのため、「環のパリの物語」はオリジナルストーリーで、登場人物もオリジナルキャラクターの可能性が高そうです。

まんちゃん
まんちゃん
そのころは、利彦みたいな留学生もいたのかな?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
いそうだね(笑)

関口アナンのプロフィール♪

名前:関口アナン(せきぐちあなん)

本名:関口アナム(せきぐちあなん)

誕生日:1988年9月17日

血液型:AB型

出身地:東京都

身長:177cm

所属事務所:ボックスコーポレーション

関口アナンが芸能界に入ったきっかけは?

関口アナンさんは、写真家の関口照生さんと女優の竹下景子さんの次男です。
中学校までは芸能活動とはとくに関わっていませんでしたが、武蔵野美術大学の映像学科に進学後、俳優を目指すようになります。
大学卒業後はロンドンへ2年間留学し、帰国後、現在の事務所であるボックスコーポレーションに入り、俳優としてスタートします。
2世タレントとして、バラエティ番組に出演することもあります。

まんちゃん
まんちゃん
本名は、「アナム」と書いて「あなん」と読むんだって
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ちゃんと読んでもらえないことが多いから、芸名を本名の「アナム」から「アナン」に変えたんだって

関口アナンの代表作を紹介

ここで関口アナンさんの代表作を紹介します。

僕のヤバイ妻


「僕のヤバイ妻」は、2016年の4月から6月にフジテレビ系で放送された連続ドラマです。
伊藤英明さん主演で、カフェを経営する望月幸平が資産家令嬢である妻の狂言誘拐に巻き込まれるうちに、妻の恐ろしい本性が明らかになっていくというサスペンスドラマでした。
関口さんは、カフェの従業員の熊谷司役で出演しています。関口さんが初めてレギュラー出演した連続ドラマです。

まんちゃん
まんちゃん
妻役は木村佳乃さん。美しかった・・・。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
幸平の愛人役は相武紗季さん。鬼気迫る演技だったね

一人の息子


「一人の息子」は、2018年公開の日本映画です。
テレビディレクターの山内樹が、父の間近に迫った死を通して自分の出生に隠された秘密と向き合い・・・というストーリーです。
関口さんは、ユーチューバーのササヤマ役で出演。母親である竹下景子さんと、初めて共演しています。

まんちゃん
まんちゃん
竹下景子さんも、朝ドラの常連だよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お母さんと共演するなんて、どんな気持ちなんだろう?

いだてん~東京オリムピック噺~


「いだてん~東京オリムピック噺~」は、2019年のNHK大河ドラマです。
主役は二人。日本人初のオリンピック選手、金栗四三を中村勘九郎さんが、東京オリンピック開催のために努力する田畑政治を阿部サダヲさんがリレーで演じました。
関口さんは、ブルーインパルスの隊員である淡野徹(だんのとおる)役で出演しています。

まんちゃん
まんちゃん
今年のオリンピックは残念だったね・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
来年に期待!

関口アナンの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

いろいろ調べてみましたが、関口さんの演技を下手だとする意見は見つかりませんでした!

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
繊細な演技が絶賛されているね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
見てみたい!

俳優として活動を始めたのが2015年ということですが、ドラマや映画はもちろん、たくさんのCMにも出演している関口さん。
お母さまである竹下景子さんの演技と比べてしまいそうですが、細やかな演技が高く評価されています。

エールでの関口アナンに期待!

いかがでしたでしょうか?

エールでの役柄は、嗣人の友人で、画家崩れの日本人、利彦。噂好きで、パリの留学生の中では顔も広そうな様子の青年です。
利彦が何気なく嗣彦に語った噂話が、環と嗣彦の間に微妙な溝を作り出してしまいます。

「アナム」という変わった本名は、仏陀の一番弟子、「阿難(アーナンダ)」からとって、父親である関口照生さんが名づけました。
一度聞いたら忘れられない名前ですが、これからもっと目にする機会が増えそうですね♪