エール

エール寅田熊次郎役は坪根悠仁!実在モデルの中目徹って誰?

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが寅田熊次郎(とらだくまじろう)役の坪根悠仁さん。

音楽の専門学校に通っており、音楽に親しんできた坪根悠仁さん。
幼い時には、おばあちゃんと一緒に朝ドラを視聴していたそうです。
視聴していた立場から、作品に出演する立場へー。今回朝ドラ「エール」で俳優デビューを飾ります。

まんちゃん
まんちゃん
オーディションで役を勝ち取ったんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
おばあちゃんも、孫が朝ドラに登場するって、とてもうれしい出来事だね!

坪根悠仁さんは今回エールで初の朝ドラ出演です。今までどんな芸能人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

坪根悠仁が演じる寅田熊次郎(とらだくまじろう)ってどんな役?

コロンブスレコードが新人歌手オーディションを開催。
阪東妻三郎のような立派なマスクに、知性と品性とたくましさを兼ね備えた、三オクターブを難なくと出せる、天才 をコロンブスレコードでは求めているようです。

合格者のデビュー曲は裕一が作曲する予定。
裕一らに勧められ、久志もオーディションを受けることに。
オーディションを新聞広告で知った御手洗清太郎もこれはチャンスだ!と上京してきます。

オーディションには800もの応募がありましたが、二人は書類選考を無事通過。その中には寅田熊次郎も含まれていました。熊次郎の父は、帝都ラジオの元代表取締役。
歌唱審査の日、熊次郎は「東京ラプソディ」を歌唱。
容姿端麗な熊次郎を、審査員の藤丸もうっとりと見つめます。

審査の結果は新聞で発表されます。
新聞に掲載されたのは「合格者は東京出身の寅田熊次郎さん十八歳」でした。

結果に納得がいかない久志と御手洗はコロンブスレコードに乗り込み抗議します。
そこに居合わせた熊次郎が、「負け犬がうるさい」と言い争いに。御手洗の悪口をいいます。それに久志が反撃しますが、熊次郎が久志の顔に向かって頭突き。久志は崩れ落ちますが、熊次郎は立ち去りました。
そこに廿日市がやってきて、久志に研究生として契約すると声をかけます。新人のカバン持ちや、デモ用の仮歌を歌い、上手くいけばデビューもできる。
久志は断ろうとしますが、ライバルであったはずの御手洗が背中を押し、久志は研究生になることに。

後日、熊次郎と久志はコロンブスレコードの社員に挨拶。熊次郎は爽やかに挨拶しましたが、その後廿日市に生意気な態度を見せます。
廿日市は怒り、お前は歌唱力で採用されたわけではない、売れなかったら即契約終了だと言い放ちました。
ばつが悪くなった熊次郎はそそくさとその場を立ち去りました。

まんちゃん
まんちゃん
好青年かと思いきや、頭突きなんて、、、。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
二面性のある人物なんだね。

歌唱審査のシーンもあります!歌声も注目ですね!

実在モデルについて

モデルかもしれない人物が複数いますが、中目徹さん(なかのめとおる)という方をご紹介します!
中目徹さんは福島民報新聞社の社長の令息。
上野音楽学校で学び、終戦間際~終戦直後の時期にはエールの古山夫婦のモデルになっている古関裕而さん・金子さん夫婦と同じく福島県飯坂町(現在は合併して福島市の北の方)に疎開していました。
古関夫婦と共に音楽に親しみ、地元の飯坂小学校の校歌の作曲を古関裕而さんが依頼され、その発表を兼ねた演奏会では中目徹さんも歌唱したようです。

まんちゃん
まんちゃん
鉄男も福島の新聞社に勤務していたよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
鉄男のモデル・野村俊夫さんが勤務していたのは福島民友新聞社。福島民報社とは違う新聞社だね。

コロンブスレコードのモデル、コロムビアレコードでのオーディションは中目徹さんは受けていないと思われます。
社長令息が寅田熊次郎と共通する点のようですね。
戦後、飯坂でのエピソードがエールでも展開されるのかも注目です!

坪根悠仁のプロフィール♪

名前:坪根悠仁(つぼねゆうと)

誕生日:2000年3月16日

血液型:O型

出身地:福岡県

身長:167cm

体重:53kg

所属事務所:エイベックス・マネジメント

坪根悠仁が芸能界に入ったきっかけは?

2018年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をダブル受賞しました。この際、自由パフォーマンス審査で菅田将暉さんの「さよならエレジー」の弾き語りを披露。

ジュノンボーイが朝ドラで俳優デビューを飾るのは初めてのこと。
今後の活躍が期待されています。

まんちゃん
まんちゃん
料理も得意で、自身のインスタグラムには美味しそうな料理の写真も投稿しているよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
イケメンで、料理もできて、楽器も弾けて、、、こんな人を彼氏にしたいという人も多そうだね!

エールでの坪根悠仁に期待!

いかがでしたでしょうか?

エールでの役柄は新人歌手・寅田熊次郎。記念すべき俳優デビュー作です。
歌も得意な坪根悠仁さんの歌唱シーンにも注目ですね!