エール

エール久志の父親佐藤弥一役は日向丈!モデルは福島の競馬を救った男!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが佐藤弥一役の日向丈さん。

裕一と過ごしていた小学生のときには本ばかり読んで、歌手になりたいという雰囲気なんてを見せなかった久志。
なぜ東京帝国音楽学校のプリンスと呼ばれる存在になっているのか?
久志が歌に興味を持つきっかけは、その家族関係にありました。

まんちゃん
まんちゃん
確かに子どもの頃の久志は本ばかり読んでいたよね?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
いつ歌に目覚めたの?

日向丈さんは今回エールで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

日向丈さんが演じる佐藤弥一(さとうやいち)ってどんな役?

主人公・裕一の幼なじみの久志の父親を演じます。
県議会議員をしていて、裕福な家庭ではあるものの、厳しい父親です。
弥一は久志が7歳のときに離婚をして、10歳になったときに再婚をしています。
幼かった久志は新しい母親に馴染めず、前の母親からもらった唯一の手紙を何度も読み返していました。

しかし、弥一は久志が手紙を読み返しているのを快く思っていません
久志は手紙を弥一に見つからないように、隠しながら大事に持っているのでした。

まんちゃん
まんちゃん
議員って聞くだけで怖そう…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
久志も大変だったんだね。

実在モデルについて


立憲政友会に所属していて福島県の県会議員を務めていた伊藤彌がモデルと思われます。
福島県では競馬が大変な人気を集めていましたが、賭博は社会活動に弊害が起こると明治41年に馬券禁止令が発令されてしまいます。
そんなときに福島県の競馬のために動いたのが伊藤彌です。
福島に新たな競馬場をつくり、そこでの公認競馬を行うことを決意し、動き出します。
伊藤彌は自身の意見に賛同してくれた30名とともに後の福島馬主協会の前身を作り上げました。

まんちゃん
まんちゃん
東北地方と競馬の関係は長い歴史があるんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それを支えた大事な存在なんだね!

東北地方で初めて行われた競馬は福島でした。
その歴史を守ろうと尽力したなんて、議員は一つの功績を残すだけでも大変なのに、ものすごく活躍された方なんですね!

日向丈さんのプロフィール♪

名前:日向丈(ひゅうがじょう)

誕生日:1972年3月23日

出身地:岩手県

身長:178cm

体重:68kg

所属事務所:ステッカー

日向丈さんが芸能界に入ったきっかけは?

日向丈さんが芸能界に入ったきっかけを調べてみたのですが、情報が少なく見つかりませんでした。
日向丈さんという名前は芸名で、俳優の麿赤児さんが命名したものです。
麿赤児さんは日向さんの依頼で候補を3つ用意して半紙に書いていましたが、本人に提示するときにママチャリのカゴに入れていた候補の1枚が飛んで行ってしまいました。
現在のお名前「日向丈」と出身である岩手県の特産品南部鉄器からヒントを得た「南部鉄」という2つの選択肢がありましたが、「南部鉄」は荷が重すぎると、「日向丈」を選びました。

まんちゃん
まんちゃん
気持ちはあっても、南部鉄器は背負えないよね…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも日向丈も響きがカッコイイよね!

日向丈さんの代表作を紹介

ここで日向丈さんの代表作を紹介します。

イン・ザ・ヒーロー

唐沢寿明さん主演で、アクション映画などで、ヒーローや怪獣の着ぐるみを着用してスタントを行うスーツアクターをテーマにした作品でした。
もともと唐沢寿明さんはスーツアクターとして活躍されていたことで有名ですが、この作品で日向丈さんもヒーローのスーツアクターを演じており、撮影前からジムに通って体作りに励んでいました。

まんちゃん
まんちゃん
着ぐるみの裏側ってなかなか見られないよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
すごく興味ある!!

警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 FIRST SEASON

小泉孝太郎さん主演の刑事ドラマで、日向丈さんは、おしゃべりな刑事役を演じました。
中央署生活安全課に新しく設置された「なんでも相談室」は市民の声に幅広く対応するという表向きのキャッチフレーズとは別に、どこの部署でも使えない人たちの掃きだめ的な部署でした。
ゼロは何人かけてもゼロということで、「ゼロ係」などと陰口を言われている部署なものの、見事なチームプレーで難事件を解決していきます。

まんちゃん
まんちゃん
小泉孝太郎さんのリーダーシップがよかったのかな?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ありがちなストーリーだけど面白いよね!

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-

清水富美加さんが出家して千眼美子となり、幸福の科学が企画制作した映画です。
喫茶店「エクストラ」で働く千眼美子さんが演じるサユリは、霊感を生かした修行で得た能力を活かして、喫茶店のお客さんの悩み事を次々と解決させます。
日向丈さんはその喫茶店のマスター役として出演されていました。
今年の5月に劇場公開になったので、新型コロナウイルスの影響の緊急事態宣言もあり、上映されている映画館は公開当初は少ないものになってしまいました。

まんちゃん
まんちゃん
タイミングが悪かったね…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも観客動員数は1位みたいだよ!

日向丈さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。
日向丈さんの演技直についてTwitterで調べたところ、ツイートがあまりありませんでした。
その中でも下手という意見は一切なく、出演作は多数あるにも関わらず、不思議な現象が起きています。

まんちゃん
まんちゃん
バイプレーヤーだから、あまり印象に残らないのかな?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でもこんなに出演作品があるのにね…

1996年から俳優生活をされていて、20年以上俳優をしていて出演作品も多数あるのに、Twitterで話題になっていることがあまりありません。
今回、エールへの出演で1人でも多くの人に日向丈さんを知ってもらい、話題にあがるようになればいいなと思います。

エールでの日向丈さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでは主人公・裕一の幼なじみである久志の父親を演じます。
芸歴は長いのに、良くも悪くもあまり話題にならない日向丈さん。
エールでも1日だけの出演になってしまいそうですが、主人公の幼なじみの父親ということでインパクトを残せそうな役柄だと思います。
日向丈さんの渋い演技が話題になることを期待しています!