エール

エール三郎を騙す吉野役は田口浩正!銀行員松尾諭と似てると話題!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが吉野福之助(よしのふくのすけ)役の田口浩正さん。

裕一は地元の若者で結成されたハーモニカ倶楽部でハーモニカに打ち込み、音楽と隣り合った生活を送っていました。
そしてメンバー全員が次の公演で演奏する曲を作曲する流れになりつつあり、裕一はますます気合が入ります!

まんちゃん
まんちゃん
ハーモニカはまだ続けていたんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
地元の倶楽部に入るなんて、よっぽどのめり込んでるんだね!学業は大丈夫?

田口浩正さんは今回エールで3回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

田口浩正さんが演じる吉野福之助(よしのふくのすけ)ってどんな役?

裕一の実家である呉服屋・喜多一で三郎が買い付けをする京都の呉服屋を演じます。
喜多一は吉野の仲介で京都の商品を仕入れており、三郎も「京都の着物は違うな~」と見惚れていました。
吉野から仕入れた着物を福島の呉服屋や百貨店に卸し、喜多一は呉服屋から呉服問屋にスタイルを変えていました。

吉野は三郎に今までの3つのお店からの仕入れではなく、京都中の呉服屋から仕入れてはどうかと提案をしてきます。
まずは吉野が仕入れるものの、一度の沢山の仕入れを行って大きな金額になってしまうため、三郎に連帯保証人になるよう持ち掛けます。

慌ただしい展開に戸惑いながらも三郎は借用書に印鑑を押してしまいました。
ところが、三郎の戸惑いは的中してしまい吉野はお金を持ち逃げしてしまいます。

まんちゃん
まんちゃん
なんてことをー!?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
考える隙を与えず印鑑押させちゃうんだもん…

そのような大金を三郎が返すアテもなく、まさの兄である茂兵衛を頼るしかありませんでした。
茂兵衛は裕一か弟の浩二を養子に出すことを条件に融資を約束します。
浩二は喜多一を継ぐことを夢見ていたので、おのずと養子に出るのは裕一になります。

熱中していたハーモニカ倶楽部では裕一が作曲した曲が講演の演目に採用され、次期会長にも任命されていた裕一。
養子先では茂兵衛の経営する銀行で住み込みで働くので、音楽とは縁を切らないといけません。

公演を目前に三郎から話を聞かされ、涙を流しながらも養子の話を受け入れる裕一。
公演をもってハーモニカ倶楽部を辞めることを心に秘めて臨んだ公演は、視聴者も涙なしで見るのはツラいものがありました。

まんちゃん
まんちゃん
三郎の涙もツラかったね…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
裕一の曲の評判が良かっただけに余計にね。

一人二役!?と話題

裕一が茂兵衛が経営する銀行に出勤すると、そこには明るい仲間たちが待ち構えていました。
その中の一人に松尾諭さんが演じる鈴木がいます。
松尾諭さんと吉野を演じる田口浩正さんが似ていて、「一人二役?」や「喜多一のお金を持ってトンズラした人と銀行で再会?」などと話題になりました。

まんちゃん
まんちゃん
確かに似てる!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
もともと似てるという声があったみたいだね!

実在モデルについて

吉野福之助の実在モデルについて調べてみましたが、見つけることは出来ませんでした。
喜多一の実在モデルである古関裕而さんのご実家の呉服屋「喜多三」も倒産してしまいます。
しかし、倒産した理由は古関裕而さんの父である古関三郎治さんが自分の友人の借金まで背負ってしまったため、と言われています。
エールで登場する吉野福之助は三郎の友人ではないため、吉野福之助はエールのオリジナルキャラクターだと思われます。

まんちゃん
まんちゃん
実際も呉服屋さんは倒産しちゃうんだね‥
ぷくちゃん
ぷくちゃん
友人の借金まで背負っていたらお金がいくらあっても足りないよー!

田口浩正さんのプロフィール♪

名前:田口浩正(たぐちひろまさ)

本名:田口浩正(たぐちひろまさ)

誕生日:1967年10月8日

出身地:福岡県福岡市

身長:180cm

血液型:O型

所属事務所:ホリプロ

田口浩正さんが芸能界に入ったきっかけは?

田口浩正さんは実はもともとは芸人さんとして1988年にデビューしています。
R-1グランプリでも準優勝経験を持つ「芋洗坂係長」こと小浦一優さんとコンビを組んで、「テンション」というコンビで活動していました。

もともと劇団に在籍していた時期もあったことから、その後1992年から俳優業に専念しています。

まんちゃん
まんちゃん
すっかり俳優さんのイメージしかないよ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
芸人さんだったなんてビックリ!

田口浩正さんの代表作を紹介

ここで田口浩正さんの代表作を紹介します。

シコふんじゃった。


廃部寸前の大学の弱小相撲部に単位と引き換えに入部することになった学生たちの奮闘を描いた映画です。
田口浩正さんは体は大きいながら、立ち合いでどうしても目を閉じてしまうほどの弱気なキャラクターを演じました。
顧問の先生からそれを活かした技を教わると、メキメキと昇格し、大学卒業後は相撲部屋に入部するほどになりました。

まんちゃん
まんちゃん
学生のコメディ映画で相撲を取りあげるなんて珍しいね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも田口さんの力士姿、すぐに想像つくかも!

きょうは会社休みます。


綾瀬はるかさん主演で33歳にして恋愛経験ゼロの青石花笑に、初めての彼氏が出来るという恋愛ドラマです。
田口浩正さんは花笑が年下の彼氏・田之倉とよく通っていたお店の店主を演じました。
たどたどしい二人の良き理解者として、視聴者にも人気な存在でした!

まんちゃん
まんちゃん
共通の知り合いっていると、いろんなことがスムーズにいくよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
視聴者も、こんな人が身近に欲しいって言ってたよ!

警視庁捜査一課9係・特捜9


テレビ朝日で12シリーズまで続いていた刑事ドラマです。
以前は渡瀬恒彦さんが主演を務めていましたが、亡くなられた後はV6の井ノ原快彦さんが主演を務めています。
9係の世界観をそのままに、続編として新たに始まったのが特捜9です。
田口浩正さんは東京で日々起こる凶悪犯罪のための課として新設された9係に所属する刑事役でした。

まんちゃん
まんちゃん
タイトルが変わって再出発というのも珍しいね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それだけ人気シリーズだったんだね!?

田口浩正さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

まんちゃん
まんちゃん
名バイプレーヤーとして名高いたぐ田口浩正さんですが、不得意なジャンルもあるのですね…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
設定とかキャラクター的な部分は無図解委よね。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
体型のせいか「いい人~」という演技が最近では多いみたいですね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
役柄もあって、印象に残る人が多いみたい!

今までは、悪い人の役があまりなかったので、今回のエールでの悪役ぶりはショックなファンもいるかもしれませんね。
時代劇が下手という意見もありましたが、エールでの着物姿は違和感なく見られました。

エールでの田口浩正さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでの役柄は主人公・裕一の父である三郎を騙すという悪い役です。
それまでも洋服文化が始まったことで着物が売れなくなっていた喜多一でしたが、金額が金額だけに吉野の悪行は喜多一の経営を危うくさせてしまいます。
このせいで裕一は好きだったハーモニカを諦めなくてはいけなくなり、古山家の人の人生を狂わせます。
でもそれでも諦めない裕一を始めとする古山家の再起に期待しながら是非見ていてください!