エール

エール音の学校の熊谷先生は宇野祥平!どぶろっくに似てると話題!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが熊谷先生(くまがいせんせい)役の宇野祥平さんさん。

エールの後に放送されている情報番組「あさイチ」。4月に放送された際、番組冒頭で博多華丸さんどぶろっくの江口直人さん間違われた宇野祥平さん
確かに似ている?お二人は1978年生まれという共通点があります。

まんちゃん
まんちゃん
どぶろっくのお二人も、俳優としてドラマに出演した経験あり!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
江口直人さんと宇野祥平さん、共演しないかな?

宇野祥平さんは今回エールで初の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

宇野祥平が演じる熊谷先生(くまがいせんせい)ってどんな役?

第2週「運命のかぐや姫」ではヒロイン・音の幼少期が描かれます。
音の小学校の担任の先生が熊谷先生です。

学芸会で音の組は「浦島太郎」のお芝居をすると熊谷先生。
音は「ただ一つの女子の組だから、女性主役の物語がいい」と意見します。
音の声で、お芝居の演目は多数決をとって決めることに。その結果「竹取物語」が選ばれました。


主役を演じたかったけれど、おじいさんその2になってしまった音はショックを受けます。
そんな音に、お父さんが言いました。「何の役だろうと楽しみだ。」
また、音楽会で出会った世界的歌手・双浦環にも「目の前のことに全力を尽くして。」と激励され、音はおじいさんその2を精一杯演じようと張り切ります。

ある日の稽古中、医務室の先生が教室にやってきて、熊谷先生に神妙な面持ちで何かを話しました。
熊谷先生は「関内」と音に声をかけ、お父さんが亡くなったことを伝えます。

まんちゃん
まんちゃん
お父さんが亡くなったという悲しい事実を伝えるんだね、、、。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
辛い一言だね。

実在モデルについて

音のモデル・古関金子さん。
父の内山安蔵さんは金子さんが12歳の時に亡くなってしまいます。
福岡尋常高等小学校を卒業し、豊橋市立高等女学校に通っていた時期のようです。
ドラマでは小学生時代にお父さんが亡くなり、担任の先生の口からお父さんが亡くなった事を知る展開になっていましたが、実際は小学生の時ではなかったようですね。

音の担任の先生の熊谷先生は、ドラマオリジナルの描き方と考えられます。

まんちゃん
まんちゃん
金子さんは小学生時代に学芸会でかぐや姫を演じたそうだよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
お父さんの安蔵さんも鑑賞したのかな?

宇野祥平のプロフィール♪

名前:宇野祥平(うのしょうへい)

誕生日:1978年2月11日

血液型:A型

出身地:大阪府

身長:169cm

所属事務所:アノレ

宇野祥平が芸能界に入ったきっかけは?

高校卒業後、一度就職しますが、すぐに辞めてしまい、花屋をしていた叔父の紹介で別の花屋で働き始めます。店主の花を愛する気持ちに、自分も好きなことを仕事にしようと考えます。そして、アルバイトをしながら専門学校の放送映画学科で勉強しました。
2000年、22歳の時に「絵里に首ったけ」で初めて映画に出演。2008年には「オカルト」で初主演しました。
朝ドラには今回初出演となります。

まんちゃん
まんちゃん
初めての作品は20年前なんだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
好きなことが仕事になったんだね。

宇野祥平の代表作を紹介

ここで宇野祥平さんの代表作を紹介します。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

札幌が舞台の実話をもとにした、2018年公開の映画作品です。
筋ジストロフィーという難病を抱える鹿野靖明(大泉洋さん)。ボランティアに支えられ、自立生活を送ります。
美咲(高畑充希さん)や田中くん(三浦春馬)といった若いボランティアも大勢。
宇野祥平さんはベテランボランティア・塚田心平役で出演されています。

まんちゃん
まんちゃん
実際にモデルとなっている鹿野靖明さんが生活した部屋で撮影が行われたんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
鹿野さんと関わったボランティアは総勢500名にもなるそうだよ。

舟を編む

2013年公開の映画です。三浦しをんさんの小説が原作になっています。
出版社に勤務する主人公・馬締光也(松田龍平さん)。新しく刊行する辞書・「大渡海」の編集部に異動になります。馬締を中心に、辞書づくりの様子を描いた作品です。

宇野祥平さんは辞書編集部に訪問する、あけぼの製紙の営業・宮本慎一郎役で出演されています。

まんちゃん
まんちゃん
後に馬締の妻となる林香具矢役は宮﨑あおいさんだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
宮﨑あおいさんといえば、朝ドラ「純情きらり」!夕方の再放送が7月から始まったね。

俳優 亀岡拓次

俳優としても活躍する著者・戌井昭人さんの小説が原作になっている2015年公開の映画です。
脇役専門の俳優・亀岡拓次(安田顕さん)の日常をユーモラスに描いた作品です。
亀岡の俳優仲間・宇野泰平という役で出演されています。

まんちゃん
まんちゃん
主人公・亀岡拓次のモデルの一人と明言されているのが宇野祥平さんなんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
著者の戌井昭人さんと宇野祥平さんは役者友達だそうだよ。

宇野祥平の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

宇野祥平さんの演技が下手という意見は見当たりませんでした。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
演技がすごくうまいと絶賛する意見が沢山あったよ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
また朝ドラに出演してほしいね!

教師、悪人、女装男などなど、数多くの役を演じてきた宇野祥平さん。
俳優デビューから20年。今まで関わった作品は150本以上です。
今後も様々な作品で宇野祥平さんのうますぎる演技、注目して観てみましょう!

エールでの宇野祥平に期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでの役柄は音の小学校の担任・熊谷先生。
音にお父さんが亡くなったという辛い現実を音に伝えます。
表情にも注目しながら、エールの再放送、楽しみましょう!