役柄紹介

純情きらり松浦としお役は六角精児!宮崎あおいをいじめる!?

NHK連続テレビ小説第74作目「純情きらり」。

7月6日月曜日から、夕方の朝ドラ再放送枠で宮崎あおいさん主演で好評を博した「純情きらり」が放送されます!この朝ドラで国民的女優としての第1歩を踏み出した宮崎あおいさんのフレッシュな演技が見られると思うと楽しみですね♪

今回、私が純情きらりで注目したのが松浦利雄(まつうらとしお)役の六角精児さん。

ドラマ「相棒」の名脇役である鑑識官・米沢守役で出演し、欠かすことのできない存在の六角精児さん。名脇役の個性派俳優として、数多くのTVドラマ、舞台、映画で活躍されています。

また、業界屈指の鉄道ファンとしても知られており、鉄道と大好きなお酒の組合せのNHK-BSの旅番組である「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」にも出演し、不定期な放映番組ながら、大変人気の番組になっています。

まんちゃん
まんちゃん
何とも憎めない風貌の俳優さん♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
女性からも何故か愛されるキャラの持ち主です。

六角精児さんは今回の純情きらり含めて5回の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

六角清児が演じる松浦利雄(まつうらとしお)ってどんな役?

純情きらりでは、六角精児さんは 松浦利雄(まつうらとしお)を演じています。

八丁みそ蔵元「山長」の、戸田恵子さん演じる女将の松井かねの妹の松浦タネの夫役です。かねの死後 主人公の宮崎あおいさん演じる桜子につらくあたるヒール役の夫婦の役どころです。

まんちゃん
まんちゃん
六角精児さんには珍しいヒール役ですね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
いつもは、どことなく”ヘタレ”な中年役が多いのだけど・・・。

実在モデルについて

「純情きらり」は、津島佑子さんの「火の山ー山猿記」を原案にしています。

「火の山ー山猿記」では、ヒロイン桜子の姉、笛子が津島佑子さんの母親の津島美知子さんに当たりますが、「山長」の女将かねの妹の夫に関わる実在モデルは、今回残念ながら特定できませんでした。

まんちゃん
まんちゃん
笛子に相当する津島美和子さんの夫はあの太宰治さん♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
津島佑子さんの父親にあたるんだね。

六角精児のプロフィール♪

名前:六角精児(ろっかくせいじ)

本名:山地 克明(やまじ かつあき)

誕生日:1962年6月24日

血液型:A型

出身地:兵庫県高砂市

身長:175cm

体重:70kg

所属事務所:舞プロモーション

六角清児が芸能界に入ったきっかけは?

1962年兵庫県出身の六角精児さん。高校時代に演劇部に所属したことがきっかけとなり、学習院大学時代に劇団「善人会議」(現・扉座)の旗揚げメンバーとして、多くの舞台に出演するようになります。

2000年から刑事ドラマ「相棒」に鑑識・米沢守役で出演し、人気を集めました。朝ドラでは「こころ」「純情きらり」「カーネーション」「まれ」「半分、青い。」に出演し、映画「超高速!参勤交代」シリーズ、旅番組「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」にも出演しています。

自身が結成した「六角精児バンド」ではボーカルを担当するなど、現在幅広い分野で活躍中です。

まんちゃん
まんちゃん
一度見たら忘れられない風貌だものね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
本当に名脇役の俳優さん♪

六角精児の代表作を紹介

ここで六角精児さんの代表作を紹介します。

相棒

2000年からテレビ朝日・東映の制作の刑事ドラマであり、水谷豊さん演じる主役の杉下右京が名推理で難解な事件を解き明かし活躍する物語です。

六角精児さんは警視庁 鑑識課から警察学校教官、巡査部長を経た 米沢守役を演じました。

まんちゃん
まんちゃん
六角精児さんといえば、この鑑識の米沢守役だよね~。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
なんと米沢守さん主役のスピンオフ映画も制作公開されています♪

六角精児の呑み鉄本線・日本旅

酒と鉄道、そして音楽をこよなく愛する旅人の六角精児さんが、日本各地のローカル線を1泊2日で一人旅をする、2015年からNHKBSプレミアムで放送の不定期の企画番組です。訪問した土地で育まれた日本酒や焼酎の酒蔵を訪ね地酒を味わい、列車の中では缶ビールを片手に風景を愛で、時折廃線になった鉄道遺産を訪ねます。

旅の途中の人々との素朴な触れあいに六角精児さんの飾らない人柄が滲み出ています。

まんちゃん
まんちゃん
鉄道マニアには、何とも味わい深い人気番組です。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
六角精児バンドの御自身の歌も流れて、風情があります。

おんな城主直虎

2017年のNHK大河ドラマであり、井伊直政を育てた井伊直虎の主人公とした物語。主役の直虎を柴咲コウさんが演じました。

六角精児さんは、本多正信役を演じています。

まんちゃん
まんちゃん
井伊直政役の菅田将暉さんとの絡みが面白かったね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そうそう、よく覚えてます・・・。

六角精児の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

ドラマ「電車男」でキーボードのブラインドタッチの演技が下手だったそうです。(御本人はPC扱えないそうにつき、これはやむなしかも。)

まんちゃん
まんちゃん
意外にもPC苦手なんだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
鑑識役や、オタクの役も多いので、てっきり得意かと思ってました・・・。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
やっぱりさすがの演技力だね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
好きの声多いね。

大学時代に当時住まいのあった相模原から 大学のあった目白までの区間の町田、下北沢、新宿、高田馬場という誘惑地点でギャンブル他に通う生活を繰り返していたという六角精児さん。その後の自身のギャンブル依存症で膨れ上がった借金を返すのになんと42、3歳まで要したそうです。

そんな六角精児さんが、学生時代からずっとただ一つ打ち込めたのが俳優というお仕事で、いつしか「自分にはこれしかないのでは」と気づいてから本気で舞台の演劇に取り組むようになったとの事。その芝居が「相棒」のプロデューサーの目に留まり、鑑識・米沢守というハマり役につながってゆきます。

また、4回の離婚・結婚を繰り返している六角精児さん。ギャンブル依存症で愛想をつかされたと本人は話してらっしゃいますが、それだけの女性と縁があることも、やはり女性にもてる愛される人柄であることを物語っていますよね。

名脇役として、確かな演技力とともに、なくてはならない俳優さんの一人かなと思います。

純情きらりでの六角精児に期待!

いかがでしたでしょうか?

純情きらりでの役柄はヒロイン桜子につらくあたる、松浦夫妻の旦那役である松浦利雄(まつうらとしお)を演じています。

六角精児さんには珍しく、ヒール役であり、この憎まれ役が以降の朝ドラの「半分、青い。」の西園寺満役のような一癖ある、個性豊かな不動産屋の親父役に繋がってゆくのでしょうか。

脇役として個性豊かで存在感の大きい六角精児さんに期待が持てますね。

純情きらりでの六角精児さんを楽しみにしておきましょう♪