カムカムエヴリバディ

朝ドラカムカムエヴリバディの脚本家藤本有紀の代表作が凄い!評価は?

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

2021年秋から放送予定の「カムカムエヴリバディ」の制作が発表されました!「カムカムエヴリバディ」は朝ドラ史上初の3人のヒロインのバトンタッチ方式で制作されます。3人のヒロインキャスティング発表は冬の予定ですが、今からどんなキャスティングでどんな物語になるのか楽しみですね♪

脚本は「ちりとてちん」に続き2回目の朝ドラ執筆となる藤本有紀さんに決定。大河ドラマ「平清盛」なども手掛けている藤本有紀さんですので期待の声が高まっています。

まんちゃん
まんちゃん
3人のヒロインのバトンタッチかぁ。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
朝ドラ史上初めてみたいだけど、どんな感じになるのか楽しみだね♪

今回は「カムカムエヴリバディ」で脚本を手掛けることになった、脚本家の藤本有紀さんについて今までの経歴やプロフィールについて調べましたのでお伝えします。

藤本有紀のプロフィール

・名前:藤本有紀(ふじもとゆき)
・生年月日:1967年12月29日
・出身地:兵庫県

藤本有紀の経歴や主な執筆作品について

テレビドラマ
・1999年「鬼の棲家」
・2001年「ラブ・レボリューション」
・2003年「東京ラブ・シネマ」
・2005年「花より男子」
・2006年「ギャルサー」
・2007年連続テレビ小説「ちりとてちん」
・2009年「本日も晴れ。異状なし」
・2012年大河ドラマ「平清盛」
・2013年「夫婦善哉」
・2016年「ちかえもん」

藤本有紀さんは1999年に「鬼の棲家」でデビューして以来毎年のように連続ドラマを手掛けています。映画の執筆はほとんどなく、ほとんどの作品がテレビドラマの脚本でした。これだけコンスタントに物語を書き続けるのはすごいですね!
まんちゃん
まんちゃん
「花より男子」の第1シリーズも書いてるんだ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
デビューしてからこれだけコンスタントに連続ドラマを書いていてすごいね。

朝ドラ脚本決定のコメント

いつか二度目の連続テレビ小説を書かせていただく機会に恵まれたなら、きっと書こうとあたためていた題材があります。それが「NHKのラジオ英語講座」です。 1925(大正14)年に日本でラジオ放送が開始されたその年に、英語講座は始まりました。その歴史を紐解ひもといていくことは、そこに百年の物語を見つけ出し、紡ぎ上げることと同義です。とても自然な成り行きで3世代のヒロインが誕生しました。

小さな積み重ねがやがてダイナミックな展開をもたらすのは、英語学習も連続テレビ小説も同じです。毎日15分だけ、おつき合いいただけましたら幸いです。
(NHK公式サイトより引用)

まんちゃん
まんちゃん
「ラジオ英語講座」の企画はずっと書きたかったんだね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
どんな物語になるのか楽しみだな~。

代表作をご紹介

「花より男子」

「花より男子」は神尾葉子さん原作の少女漫画の実写ドラマ化作品です。2005年10月~12月にTBS系で第1シリーズが放送されました。主演は井上真央さん。大人気コミックのドラマ化ということで放送前から話題となりましたが、期待を裏切らないキャスティングと内容で続編と映画も制作され大ヒット!井上真央さんはもちろん共演の松本潤さんや小栗旬さんの演技も絶賛され高視聴率を記録しています。

藤本有紀さんは第1シリーズの脚本1話、5話、7話の脚本を担当。漫画の世界を再現し大好評を得ました。

まんちゃん
まんちゃん
このドラマは本当に忘れられないよ!!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
夢中になって見ていたな~。今でも思い出す。

連続テレビ小説「ちりとてちん」

「ちりとてちん」は2007年秋から放送されたNHK連続テレビ小説の第77作品目です。ヒロインを演じたのは貫地谷しおりさん。今までの元気で前向きな朝ドラヒロインとは違い、心配症でマイナス思考のヒロインが落語の世界に飛び込み落語家を目指す物語です。

物語の大きなテーマである「伝統の継承」と「落語」の2つを軸に物語は進んで行きます。平均視聴率は15.9%とふるいませんでしたが、DVDの売り上げは朝ドラ史上過去最高を記録し根強いファンがいることを証明しました。

まんちゃん
まんちゃん
僕は「ちりとてちん」面白かったよ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
僕も!!また見たくなってきたな。

大河ドラマ「平清盛」

「平清盛」は2012年に放送された大河ドラマ第51作です。平清盛の生涯を中心として、壇ノ浦の戦いまでを平家一門の歴史を源頼朝の視点から語られる物語。主演は松山ケンイチさん。物語は3部制で構成され、それに合わせてオープニング映像も変化していきました。

まんちゃん
まんちゃん
「平清盛」面白かったと思うけど、視聴率は良くなかったんだよね…。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
当時の歴代最低だったのかな。

脚本の評判は?


藤本有紀さんが「カムカムエヴリバディ」の脚本を担当することが発表になると、「ちりとてちん」や「ちかえもん」などが好評を得たためTwitterではやはり期待の声であふれていました。「今の時代しんどいことが多いけれど、このドラマを楽しみに頑張る。」という意見まで!!藤本有紀さんの脚本への期待の大きさが現れていますね。

まんちゃん
まんちゃん
藤本有紀さんはNHKでたくさん面白い作品を書いている印象があるな~。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
たしかに!今から期待が膨らむね。

最後に

いかがだったでしょうか?

早くも2021年秋放送の「カムカムエヴリバディ」の制作が発表になりました!ヒロイン発表より早く制作だけを発表するのは珍しいかもしれません。脚本の藤本有紀さんは朝ドラや大河ドラマの執筆経験もありますし、ヒット作も出しているので期待が膨らみます。これから3人のヒロインが選ばれるようですが、キャスティングの発表も楽しみですね。来年まで待ちきれません!