まんぷく

まんぷく松井玲奈(としちゃん)のモデルは桑島貞子!現在100歳

NHK連続テレビ小説第99作目「まんぷく」。今回、私がまんぷくで注目したのが鹿野敏子(かのとしこ)役の松井玲奈さん。

ドリカムの行進曲のような曲調と芦田愛菜さんのハキハキした語りで朝から元気をくれるまんぷく。
これまでは内容が重く、暗い話が多かったのですが、萬平さんも釈放されたことで今後は明るい展開に希望が持てそうです。

まんちゃん
まんちゃん
オープニング曲とナレーションに朝からシャキッとさせられるんじゃない?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
歌でスピードあげておいて、物語はゆっくりで実力派俳優さんたちで展開してくれるのが、安心するよね。

今回は福ちゃんの親友である松井玲奈さん演じる鹿野敏子がどんな役で実在モデルである桑島貞子さんとはどんな人なのかを詳しくご紹介します♪

松井玲奈さんが演じる鹿野敏子(かのとしこ)ってどんな役?

View this post on Instagram

 

放送開始まであと7日! #まんぷく #朝ドラ #松井玲奈 #カウントダウン

連続テレビ小説「まんぷく」さん(@nhk_mampuku)がシェアした投稿 –

ヒロイン福子の女学校時代の親友でハナとともに仲良し3人組と呼ばれています。
萬平が憲兵隊に逮捕された時は、ショックを受ける福子をなぐさめたり、憲兵隊の庁舎に乗り込む福子に同行するなど、確かな友情をみせました。

女学校卒業後は薬科専門学校に通いますが、福子とハナと頻繁に会っては互いの悩みを相談し合う仲が続きます。
その後、戦争中に呉服屋と結婚し、移り住んで池田で福子と再会します。

まんちゃん
まんちゃん
仲良し感を出すために自主練と称して、ずっと3人でおしゃべりしているらしいよ(笑)
ぷくちゃん
ぷくちゃん
その成果なのか、憲兵庁舎に乗り込むために同行したときは頼もしさもあったよね

福子と一緒に憲兵庁舎に乗り込むなんて、たくましい存在、と思いましたが、この時代に薬科専門学校に通えるなんて、実はお金持ちの家庭なんですよね。
裕福な家庭ならではの、怖いものしらずで、はっきり物を言うタイプの敏子は、福子にとっても貴重な存在になること間違いなしですね!

実在モデルの桑島貞子さんってどんな人?

桑島貞子さんは福子のモデルとなる安藤仁子さんと、もう一人の親友馬淵冨美子さんと、3人でいつも一緒にいたことから、「仲良し三人組」と呼ばれていました。
3人とも体が大きく、末っ子という共通点があったことから意気投合したと言います。
仁子さんとは「桑ちゃん」「マーちゃん」と呼び合う間柄でした。

貞子さんのお母様は厳格な人で、よその子どもでも悪いことをしたら、きちんと叱り「子供は社会の子」という持論がありました。
友達を家に泊めることもありませんでしたが、仁子さんだけは例外という一面もあったようです。

女学校時代、経済的な事情で一年間休学することになり、仁子さんたちとは一緒に卒業することはできませんでしたが、努力を重ね、卒業後は薬剤師になります。
資格を活かして働いていたときに知り合った軍医と結婚をしますが(結婚後は飯間貞子さん)、夫はフィリピンで戦死してしまいます。
貞子さんは日本に帰国し、ひかり薬舗という漢方薬中心の薬局を開業し、今も兵庫県の最高齢薬剤師として現役で働いています。

まんちゃん
まんちゃん
安藤仁子さんとはご家族が認めるほど仲がよかったんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
経済的な事情で休学までしているのに、薬剤師になるなんて本当に努力されたんだと思うよ

日々、新薬が登場してきて、業務も多様化している現代に、今でも薬剤師として働くというのは、よほど強い気持ちがないと務まりません。
当時は女性が手に職をつけると、嫁にいけないという時代だったので、薬剤師になることをご家族に反対されたようです。
今でこそ女性も自立していく時代ですが、戦後間もなくからこれほど自立されえた生活をするのは女性の先駆け的存在の方ですね。

まんぷくでの松井玲奈さんに期待!

鹿野敏子役の松井玲奈さんについて、まとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?
アイドルとして頑張ってきた松井玲奈さん。
アイドル時代からのファンも多く、今回の作品でも昭和レトロなお嬢様姿に大きな反響を呼びました。
柔らかい雰囲気をもつ松井玲奈さんからは、福子にはっきり物を言う想像が出来ません。
しかし、自主練習(?)までしているという仲良し3人組の時間が、朝からほっこりさせてくれるシーンになりそうで楽しみです。