ネタバレ

【朝ドラ動画配信】エールを全話見るならココ!ネタバレあり

2020年の前期に放送中の朝ドラ「エール」

新型コロナウイルス感染症の影響で、撮影と放送が中断されてしまった「エール」。
今までにない形でしたが、本編の再放送をはさんでの放送再開が決定しました。どんな形で物語が進んでいくのか、楽しみですね。
演技力に定評のある、主役を演じる窪田正孝さん、ヒロインの二階堂ふみさんはもちろん、たくさんの魅力あるキャラクターが織りなす物語の今後の展開が待ちきれません♪

まんちゃん
まんちゃん
再開、待ってました!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
再放送で物語のおさらいはバッチリ♪

こちらの記事では、「ドラマを見る時間がない」という方や「どんな内容だったっけ?」という方に向けてざっくりとしたドラマのネタバレとドラマの感想を紹介します。

後半ではエールの好きな方の感想を紹介しているので、これを読めばあなたもドラマが見たくなるかもしれません♪

▼お得にエールを見るならこちらから▼

今すぐU-NEXTの裏技を使う!

エール動画を全話見るならココ!見逃し配信をしている会社を徹底比較

まずはどこがエールを配信しているのかを比較しました。

NHKオンデマンド 1話110円
UNEXT 1話110円
TSUTAYATV/DISCAS 配信なし
FOD 配信なし
Hulu 配信なし
Paravi 配信なし

実はエールを見ることが出来るのはNHKオンデマンドとUNEXTです。

サイト名 月額料金(税抜) 初回特典
NHKオンデマンド 900円 なし
U-NEXT 900円 31日間無料+600円

次は目的によってかかる金額も変わりますので、まずはそれぞれのサービスの特徴を説明していきますね。

NHKオンデマンドって実際どうなの?

NHKオンデマンドで朝ドラの見逃し配信をやっているのは知っているけれど、実際に登録して使っているという方は少ないのではないでしょうか。

特に初回特典もないので、NHK作品好きとはいえど正直魅力を感じないんですよね(笑)

NHKオンデマンドは無料で会員登録できますが、基本的に課金で番組を見る仕組みとなっています。

会員登録 無料
単品購入 1話110円
見逃し見放題パック 月額990円

「月額課金してまでNHK番組をずっと見るかな?」と考えると、私の場合はもったいないと思ってしまいました。

NHKオンデマンドは他サイトのように無料お試し期間がないですし、無料登録して見られる番組も少ないので個人的にはあまりおすすめできません。

▼NHKオンデマンドの詳細はこちらから▼

NHKオンデマンドの公式サイトへ

U-NEXT(ユーネクスト)でエールをお得に見る裏技って?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、最新作から過去の名作まで120,000本以上の多彩なジャンルの作品を見ることができます。

NHKオンデマンドのように「○○オンデマンド」というものはその局の作品しか見れない場合がほとんどなのですが、U-NEXTは様々な局の作品をまとめて配信しているのが強みです。大手だからこそできることですね。

まんちゃん
まんちゃん
早く裏技が知りたいよ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
今から説明するから、まずはU-NEXTの仕組みを理解してね。

U-NEXTでエールを見る場合、NHKオンデマンドと同じく1話110円かかります。

ですがU-NEXTは初回登録時の特典として31日間の無料トライアル期間+今なら1000円分のポイント付与というものがあるので、31日間は月額料金を払うことなくU-NEXTのサービスを利用でき、エールなどの有料作品をポイント利用で見ることができます。

この1000円分のポイントというのが裏技を実行するために欠かせません。どういうことか説明していきますね。

特典:NHKオンデマンドが最大1ヶ月間無料になる

NHK作品はほとんどが有料なので、NHKの動画配信サービスであるNHKオンデマンドでさえ課金せずに視聴することはできません。

ですがU-NEXTであれば、今なら登録時に1000円分のポイントがもらえます!

このポイントを使うと、NHKオンデマンドの見逃し見放題パック972円分をポイントで購入することができます。つまり、ポイント利用だけでNHKオンデマンドが初月見放題になるということです!

まんちゃん
まんちゃん
すごい!これはNHKオンデマンドで直接登録するより、U-NEXTを経由した方がお得だね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そうなんだ。でもいつまで1000ポイントもらえるかわからないから、登録するなら早めがおすすめだよ!(詳細はコチラ)それから初月無料」だから、なるべく月の初めの方に登録した方がお得だよ。
まんちゃん
まんちゃん
そっか、1日に登録しても31日に登録しても「初月」だからその月だけ見放題ってことなのね。気をつける!

UNEXTで見ることができる朝ドラ一覧♪

①半分青い 出演:永野芽郁
②わろてんか 出演:葵わかな
③べっぴんさん 出演:芳根京子
④あさが来た 出演:波瑠
⑤まれ 出演:土屋太鳳
⑥マッサン 出演:玉山鉄二
⑦花子とアン 出演:吉高由里子
⑧カーネーション 出演:尾野真千子
⑨ちりとてちん 出演:貫地谷しほり
⑩どんと晴れ 出演:比嘉愛未
⑪ちゅらさん 出演:国仲涼子
⑫こころ 出演:中越典子 
⑬あすか総集編 出演:竹内結子
⑭ふたりっ子総集編 出演:岩崎ひろみ
⑮澪つくしスペシャル 出演:沢口靖子
⑯おしん 出演:小林綾子
⑰まんぷく 出演:安藤サクラ

▼お得に朝ドラを見るならこちらから▼

今すぐU-NEXTの裏技を使う!

エールのあらすじ

明治42年、福島の老舗呉服屋に跡取りの長男が誕生します。名前は裕一。
運動はからっきしで、いじめられっ子だった小学生の裕一(子役:石田星空さん)でしたが、作曲にはすばらしい才能を持っていました。
大人になった裕一(窪田正孝さん)は、傾いた家業と音楽への気持ちの板ばさみに。ところが、音楽への気持ちをあきらめるきっかけにしようと応募した海外の作曲コンクールに応募した曲が二等を受賞、ファンレターを送ってきた関内音(二階堂ふみさん)との文通が始まります。
裕一は家族の反対を振り切り、作曲家になるために上京、音とも結婚して新しい生活が始まります。
曲が売れない時代を夫婦で乗り越え、作曲家として活躍を始める裕一。ところが、戦争の足音が近づく中、裕一もその波に飲み込まれていきます。
裕一と音は、どんな決断をするのでしょうか・・・。

まんちゃん
まんちゃん
ちょっと気弱な裕一と、バイタリティーあふれる音がとってもいいコンビだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
その時代には、めずらしい夫婦だったんだろうね

ネタバレ「福島&豊橋編」1週~6週

明治42年8月、福島の老舗呉服屋「喜多一」に、長男、裕一が誕生します。
喜多一の四代目の店主、三郎(唐沢寿明さん)とまさ(菊池桃子さん)夫婦にとっては待望の長男で、たっぷりの愛情を受けて育ちます。
ところが小学生になった裕一は運動は不得意、緊張すると言葉がうまく出てこないこともあって、学校ではいつもからかわれていました。
そんな中、担任の藤堂先生(森山直太朗さん)は、裕一に作曲の才能があることに気がつき、その才能を伸ばすようにと背中を押してくれます。

その少し後、豊橋では、関内音(子役:清水香帆さん)という歌手を夢見る少女が学芸会の『竹取物語』の練習に励んでいました。
音の父親の安隆(光石研さん)は学芸会を楽しみにしていましたが、出張先の大阪で事故で急死してしまいます。
一時は家業の馬具店の経営も危なくなりますが、家族の協力で乗り越え、学芸会も大成功します。

まんちゃん
まんちゃん
子役ちゃんたちが、みんなかわいいんだよね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そのうえ演技もうまい!

大正15年、裕一は福島商業学校の学生になっていました。三郎は、音楽家になりたいという裕一の夢を応援し、裕一の弟の浩二(佐久本宝さん)に喜多一を継がせようと考えていました。
ところが、三郎がだまされて多額の借金を背負うことに。まさの兄の茂兵衛(風間杜夫さん)は、融資と引き換えに、裕一を茂兵衛のもとに養子に出すように要求します。
裕一は音楽をあきらめ、卒業後は茂兵衛の経営する川俣銀行で働くことになります。

銀行で働きながらも、音楽があきらめきれない裕一。その裕一に、幼なじみで今は新聞社に勤めている村野鉄男(中村蒼さん)が、国際作曲コンクールの話を持ってきます。
このコンクールに応募した裕一の曲が二等を受賞、留学もできることになります。
そして、この入賞を新聞で知った音との文通も始まります。

立場が違う、として一度は裕一のもとを去ることを決めた音でしたが、音がいないと作曲ができない、と裕一は言います。二人は結婚を決め、周囲を説得することに。
ところが、世界的な不況のために裕一の留学は取り消しになります。今度こそ、音楽をあきらめようとする裕一。それを見た音は、裕一を東京のレコード会社に売り込み始めます。
裕一は、家族を捨て、福島を捨てて音と上京する道を選びます。

まんちゃん
まんちゃん
裕一の家族も、音の家族もいい家族なんだよね・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それだけに、裕一が家族とすれ違ってしまうのが悲しいね・・・

ネタバレ「東京その1・下積み編」7週~11週

上京し、新婚生活を始めた裕一と音。
裕一は、コロンブスレコードと専属契約をし、作曲家として働き始めますが、曲はまったく採用されません。
次の春、歌手を目指す音は東京帝国音楽学校に入学、プリンスと呼ばれている上級生に出会います。プリンスの正体は、裕一の幼なじみの佐藤久志(山崎育三郎さん)でした。
その久志のアドバイスで、音は学校の記念公演の選考に挑戦します。ライバルは、学年トップの実力を持つ夏目千鶴子(小南満佑子さん)でした。

一年が経っても、裕一の曲は採用されません。同期に専属作曲家になった木枯正人(野田洋次郎さん)の曲は先に採用され、ヒットしていました。
あせる裕一のもとに、早稲田大学の応援歌の作曲の依頼が舞い込みます。引き受けたものの、なかなか曲が書けない裕一。周りからのアドバイスも耳に入らず、音は豊橋の実家に帰ってしまいます。

実家に帰った音は、姉の婚約者からヒントをもらい、応援団長の田中隆(三浦貴大さん)に、裕一を説得してくれるよう頼み込みます。
「あなたのために、応援歌を作ってもらうの!」
田中の心からの訴えに気持ちを動かされた裕一は、応援歌を書き上げます。その応援歌を歌い、早稲田は慶應に勝利。裕一もようやくスランプを抜けることができます。

まんちゃん
まんちゃん
早稲田大学の応援歌「紺碧の空」の誕生だね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「紺碧の空」は、現在も早稲田大学第一応援歌として歌われているよ

「紺碧の空」を作曲したことで、自信を取り戻した裕一。
福島にいる鉄男を呼び出し、一緒に曲を作ろうと持ち掛けます。鉄男は小学生のころから、詩を書く才能を持っていました。

いっぽう、音は、記念公演の最終選考に挑むことになりました。ところが、記念公演の演目である『椿姫』のヒロイン、ヴィオレッタの気持ちがつかめない音。男女の機微を学ぶためにアルバイトに入ったカフェーで、音は希穂子という女性に出会います。

鉄男と希穂子は、福島での恋人でした。鉄男のために身を引こうとする希穂子の姿に、音はヴィオレッタの姿を重ねます。そして挑んだ最終選考で、音はヴィオレッタ役を勝ち取ります。

まんちゃん
まんちゃん
希穂子との悲しい恋・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
鉄男も希穂子も悪くないのにね・・・

鉄男が詩を書き、裕一が曲を作った「福島行進曲」はヒットしませんでした。そんなとき、裕一は木枯から作詞家の高梨一太郎(ノゾエ征爾さん)を紹介され、「船頭可愛いや」という曲を作ります。ところが、この曲もまた売れませんでした。

音からこの曲を聞かされたオペラ歌手の双浦環(柴咲コウさん)が、自分がこの曲を歌いたいと言い出します。双浦版の「船頭可愛いや」は大ヒットとなり、裕一は契約終了の危機を逃れることができます。

記念公演に向けてレッスンに励む音でしたが、妊娠していることがわかります。
それでも舞台に立とうとする音に、周りは心配し、アドバイスをしますが、音の耳には届きません。
声量が落ち、息が続かなくなっている音に、裕一は舞台に立つべきではないと言います。こらえきれず涙を流す音に、裕一は言います。
「音の夢を、僕に預けてくれないが?」
裕一の言葉を受け入れ、音はヴィオレッタ役を降板します。半年後、古山家に娘の華が誕生します。

華が生まれて四か月後、華に夢中な裕一のもとに、藤堂先生から福島の小学校の校歌の作曲依頼が届きます。
これをきっかけに、裕一は音と華を連れて福島に行くことを決めます。

久しぶりに帰った福島では、喜多一は店を閉め、浩二も役場で働いていました。
三郎は胃がんにかかっていて、もう長くはないことも、浩二から聞かされました。
三郎は裕一に、浩二がこの家の後継者になるように頼み、息を引き取ります。このことで、裕一と浩二のわだかまりは、ようやく解けることになりました。

まんちゃん
まんちゃん
浩二役の佐久本宝さんの演技が圧巻!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
裕一をののしる場面では、ほんとうに浩二が嫌いになりそうだったよ・・・

ネタバレ「スピンオフ&東京その2編」12週~14週

第12週はスピンオフ、「アナザーストーリー」。
「父帰る」、「古本屋の恋」、「環のパリの物語」の三部構成でした。
「父帰る」は、音の父、安隆が主役。一泊二日であの世から戻ってきた安隆と、音たちとの触れ合いがユーモラスに描かれました。
「古本屋の恋」は、喫茶「バンブー」のマスター夫婦、梶取保(野間口徹さん)・恵(仲里依紗さん)の馴れ初めが描かれました。
「環のパリの物語」では、映画のような若き日の環の恋の物語が語られました。

まんちゃん
まんちゃん
どの話もすてきだったね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
環の話は、いい意味で朝ドラとは思えない展開だった・・・

裕一がコロンブスレコードと契約して5年が経った昭和11年。裕一は安定した作曲家生活を送っていました。
そんなとき、コロンブスレコードでは、新人歌手募集のオーディションが行われることになります。裕一の友人、久志と、音の恩師である御手洗清太郎(古川雄大さん)が応募し、競うことに。ところが、合格したのは、コネのある青年でした。
この青年ではもたないと判断したコロンブスレコードの廿日市(古田新太さん)の機転で、久志を研究生として契約することになります。

ある日、裕一の家に、田ノ上五郎(岡部大さん)という青年が訪ねてきます。作曲家志望の五郎を、裕一は弟子にすることに。
同じころ、豊橋から音の妹の梅(森七菜さん)が作家を目指して上京、古山家に居候することに。五郎のことが気になり始めます。

東京で新人賞受賞式に出席する梅でしたが、そこでの「女の子」扱いに失望します。五郎は五郎で、作曲に行き詰っていました。
悩みを語り合ううちに、梅は思わず五郎が好きだと告白してしまいます。

梅は古山家を飛び出してしまった五郎を探し出し、一緒に豊橋に行こう、と誘います。
一か月後、梅の二冊目の著書が出版されます。そのとき五郎は、一人前の馬具職人になって梅と結婚するために、豊橋で修業に励んでいました。

まんちゃん
まんちゃん
梅ちゃんの恋が描かれるんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
再開が楽しみ♪

エールへのみんなの声は?

まんちゃん
まんちゃん
家族みんなで楽しめる朝ドラになっているね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
生前の古関裕而さんを知っている人も違和感なく見ているんだね

最後に・・・

長い間中断していた「エール」でしたが、再開が決まりました!
9月14日から放送再開される予定で、再開の前にはこれからの見どころを紹介する特番も予定されています。
ますます期待が高まる「エール」。
これからの展開に期待したいと思います♪