エール

エール実在モデルネタバレ│池田二郎(北村有起哉)は菊田一夫!

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが池田二郎(いけだじろう)役の北村有起哉さん。

2ヶ月半本放送を休止していた「エール」もいよいよ放送再開されました!
戦争という暗い時代に突入しますが、そんな時代の中の音楽を見届けたいですね!

後半のメインキャストの一人として発表された北村有起哉さんは戦後、裕一のパートナーになる重要な役どころです!
今回はそんな北村有起哉さんについて調べましたので、ご紹介します。

まんちゃん
まんちゃん
ようやく本放送が再開されるけど、暗い話は嫌だな…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
早く明るい時代に戻ってほしいよ!

北村有起哉さんは今回エールで2回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

北村有起哉さんが演じる池田二郎(いけだじろう)ってどんな役?

作詞家で劇作家を演じます。
裕一と組んで戦後で暗い世の中にラジオドラマというテレビがまだ普及していない中のエンターテイメントとして大ヒットさせます。
ラジオドラマの他にも映画や舞台などでもヒット作を生み出していきます。

まんちゃん
まんちゃん
戦後の暗い世の中に、明るい兆しが見えてきそうだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
戦争の曲ばかり作って落ち込む裕一にも良いきっかけになりそう!

軍人たちを励ますつもりで作っていた曲が、結果的に若い人の命を奪っていたことに気付いて裕一はショックを受けてしまいます。
音楽を恨んでしまう時期もありましたが、池田二郎との出会いで再び「音楽は人を励ませる」と裕一も立ち直るきっかけになりそうですね!

実在モデルについて

池田二郎の実在モデルは劇作家の菊田一夫さんだと思います。
菊田一夫さんは裕一のモデルである古関裕而さんとともに36年もの間、相棒として活躍されていました。

幼い頃から何度も養子に出されるという壮絶な過去を持ちながら、東宝に入り東宝直営の演劇専用劇場「芸術座」を開館するなど、東宝の取締役を務めるほどになります。
日本で初めてミュージカルの上映をはじめたのも菊田一夫さんの尽力のおかげです。

そして東宝では、菊田一夫の功績を祈念して1975年に演劇の発展に寄与した人に与える賞「菊田一夫演劇賞」を創設しました。
例年、4月1日から3月31日まで東京で上演された演劇作品の中から、「菊田一夫演劇賞選考委員会」により選考が行われ、4月に授賞式も行われています。

まんちゃん
まんちゃん
今でも菊田一夫演劇賞は有名だよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ちなみに今年は堂本光一さんの「Endless SHOCK」が受賞しているよ!

菊田一夫さんの人生だけでもドラマになりそうなくらいですが、これをエールの中でどの程度組み込まれるかはまだ分かりません。
古関裕而さんと36年もコンビを組んでいたらエールの最終回までの出演もあるかもしれませんね。

北村有起哉さんのプロフィール♪

名前:北村有起哉(きたむらゆきや)

本名:北村有起哉(きたむらゆきや)

誕生日:1974年4月29日

出身地:東京都

身長:180cm

血液型:O型

所属事務所:TOM company

北村有起哉さんが芸能界に入ったきっかけは?

北村有起哉さんはお父様が俳優をされていますが、ご自身は全く興味がなく過ごされていました。
ところが、高校時代の文化祭で上演した演劇をきっかけに俳優を志すようになりました。
専門学校や俳優養成所などに通い、芝居を学んで舞台でデビューを果たします。

しかし、飽きっぽい性格もあり、どこへ行ってもあまり長続きはしませんでした。
「劇団」というところに所属せず、一公演一公演ずつ渡り歩くという気持ちで現在の活動を続けています。
近年は多くのドラマでも活躍されるようになり、注目を集めています。

まんちゃん
まんちゃん
芸能一家で華々しい感じじゃなかったんだね!?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
意外な形で俳優になったんだね!

北村有起哉さんの代表作を紹介

ここで北村有起哉さんの代表作を紹介します。

美食探偵 明智五郎

中村倫也さん主演の小さな探偵事務所を構える美食家の明智五郎を中心にしたミステリー作品でした。
北村有起哉さんは明智五郎と大学の同級生で刑事の上遠野透役で出演していました。
離婚して月に一度しか会えない一人娘のために美味しいものを作ってあげたい、と明智が主催する「東京美食倶楽部」に入会します。
しかし上遠野は「うまいもんはどう食ったってうまい」と考えてる主義のため、食事のマナーには問題がありました。

まんちゃん
まんちゃん
高級料理の食べ方は難しいよ…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
好きに食べさせてあげて…

駐在刑事シリーズ

こちらも刑事役です。
2014年から寺島進さん主演で放送されている刑事ドラマ。
北村有起哉さんは警視庁捜査一課の管理官の役でした。
過去に現場で部下を殉職させてしまった経験から、今一番大事なことは何かということを常に考えて行動するという管理職の見本のような役を演じました。

まんちゃん
まんちゃん
こんな上司、絶対欲しい!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それにしても刑事役が多いね(笑)

サントリー金麦CM ナレーション

今年から「金麦」のCMシリーズのナレーションを務めています。
女優さんたちが1日の終わりのプチ贅沢としてビールを美味しそうに飲んでいる姿のあとに北村有起哉さんの優しい声で商品名の紹介が入ります。
CMを見ただけで思わず、こちらも小さな幸せを感じてしまいそうです。

まんちゃん
まんちゃん
ナレーション出来るくらい声もいいんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
声優さんか声のプロの人だと思ったいたよ!

北村有起哉さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。
Twitterで北村有起哉さんの演技力についてのコメントを調べてみましたが、否定的な意見が一切ありませんでした。

まんちゃん
まんちゃん
どれも絶賛の声ばかり!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これはエールも期待できそうだね!

最近のドラマでは怖い役が多かったのですが、役の幅が広いため、いろいろな作品に出演経験があります。
そしてどの役でも見ている人が引き込まれる役が多いので、今後の活躍にも期待が持てそうです!

エールでの北村有起哉さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでの役柄は戦後の裕一とコンビを組んで作品を作る劇作家になります。
刑事役やヤクザ役も多く、強面なことから近寄りがたそうな雰囲気がありましたが、エールの役柄は戦後の日本に明るい話題を振りまいてくれそうです。
北村有起哉さんの新たな一面を見られるとともに、高い演技力から物語に引き込まれそうな予感がします!
北村有起哉さんが登場するということは戦争の時期も終わるということなので、北村有起哉さんの登場を今から楽しみに待ちたいと思います♪