エール

エール実在モデルネタバレ│大倉憲三(片桐仁)は朝日新聞の野呂信次郎

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが大倉憲三(おおくらけんぞう)役の片桐仁さん。

ついに本放送が再開された「エール」。
本放送開始前の特番ではリモートで片桐仁さんが出演し、後半の展開を少しだけ語ってくれました!
MCの朝ドラおじさんこと日村勇紀さんとの掛け合いもピッタリで楽しい放送になりましたね♪

まんちゃん
まんちゃん
2人はもう長い付き合いなんだって!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
Twitterでも2人の共演にザワついていた人が多かったね!

片桐仁さんは今回エールで3回目の朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

片桐仁さんが演じる大倉憲三(おおくらけんぞう)ってどんな役?


戦地に慰問に訪れた裕一と出会う従軍記者です。
それが縁で戦後、全国高校野球選手権の大会歌「栄冠は君に輝く」の作曲を依頼することになります。

まんちゃん
まんちゃん
今でも夏になると聞くあの曲だよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
暗い話は嫌だから、早くこういう明るい話が見たいな!

詳しいストーリーはまだ発表されていませんが戦地で出会った記者と「野球」と「音楽」がどのように結びついていくのか、今から楽しみな展開です♪

実在モデルについて

大倉憲三の実在モデルは音楽評論家で朝日新聞で記者をしていた野呂信次郎さんだと思われます。
野呂信次郎さんは、朝日新聞社では音楽関係を担当していて、記事の執筆だけでなく、合唱コンクールの運営や審査にも携わりました。
朝日新聞退社後は、武蔵野音楽大学でも教鞭を執るなど、音楽評論家として主に合唱界では活躍されていました。

1948年、学制の改定が行われ、それに伴って1915年から夏の野球大会として開催されていた大会が、それまでの「全国中等学校優勝野球大会」から「全国高等学校野球選手権大会」と名前を改めることになります。
そして、1948年は30回目の節目の大会という年でもありました。

これに合わせて、主催者である朝日新聞社は新しい大会歌を企画します。
歌詞を全国から募集し、5252もの応募作品の中から加賀大介さんの詩が選ばれました。

この時に裕一の実在モデルである古関裕而さんに作曲の依頼をしたのが、当時朝日新聞で音楽部門をしていた野呂信次郎さんです。
古関裕而さんは戦中、「特別報道班員派遣」として従軍します。
その時に野呂信次郎さんと出会い、それ以降も親交がありました。

まんちゃん
まんちゃん
戦争中に知り合った人と、戦後の明るい仕事が一緒に出来たら嬉しいだろうね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
一緒に苦労を分かち合った人だもんね!

エールの本放送直前スペシャルでも、片桐仁さんが窪田正孝さんと野球場で撮影をしたことを明かしていたし、この曲の誕生にもいろんなエピソードがありそうだね!

片桐仁さんのプロフィール♪

名前:片桐仁(かたぎりじん)

本名:片桐仁(かたぎりじん)

誕生日:1973年11月27日

出身地:埼玉県南埼玉郡宮代町

身長:176cm

体重:62kg

血液型:B型

所属事務所:トゥインクル・コーポレーション

片桐仁さんが芸能界に入ったきっかけは?

片桐仁さんは多摩美術大学のご出身です。
そんな美大時代、友人が自主制作で手掛けた映画への出演をきっかけに役者への道を志すようになります。

芸能事務所主催のオーディションに応募して落選してしまうものの、スタッフから声をかけられて仮契約をして事務所に所属することになります。
しかし、芸能事務所に所属したからと言って、すぐに仕事がくるわけではなく、アルバイトと両立する生活が3年ほど続きます。

同時期に大学時代の同級生とお笑いコンビ「ラーメンズ」を結成しており、NHK爆笑オンエアバトルに出演すると一気にブレイクし、現在は俳優・お笑い・タレントなどマルチな活躍をされています。

まんちゃん
まんちゃん
結構マルチな活躍してるよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
彫刻家としても活躍されてるみたいだしね!

片桐仁さんの代表作を紹介

ここで片桐仁さんの代表作を紹介します。

99.9 -刑事専門弁護士-

嵐の松本潤さん主演の刑事事件専門の弁護士の物語でした。
タイトルの99.9とは、日本の裁判で有罪になる確率を示した数字で、残された0.1%の無罪の可能性を探すのがこのドラマのストーリーでした。
片桐仁さんは松本潤さん演じる弁護士・深山専属のパラリーガル役を演じました。
司法試験を20年ほど受けるものの毎年落ちてしまう、という少し残念なキャラクターでした。

まんちゃん
まんちゃん
でも松潤のよき理解者だったよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
斑目法律事務所には欠かせない存在だよね!

あなたの番です

2019年に話題になったミステリードラマでした。
片桐仁さんは交換殺人ゲームが行われているマンションに住んでおり、整形外科医を演じていました。
物語ではかなりキーマンになる役どころで、放送中は片桐仁さんの名前がブログやTwitterでもトレンド入りしていました。

まんちゃん
まんちゃん
これは芸能界でもハマっていた人が多かったドラマだよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
半年かけたミステリーって見応えあるもん!

ザ・クイズショウ

架空のテレビ番組である「ザ・クイズショウ」に出演するゲスト回答者の過去の罪や本性を暴いて、ゲストの闇を吊し上げていく番組をテーマにしたドラマでした。

片桐仁さんはシーズン1で「ザ・クイズショウ」の司会者役を演じました。
普段はプロデューサーによって白い壁の部屋に幽閉されていて、番組のゲストは以前どこかで関わりがあった人ばかりなのに、記憶を失っていて、そのことに気が付かないまま番組をこなしていました。
「ザ・クイズショウ」自体も司会者も闇が深い作品でした。

まんちゃん
まんちゃん
シーズン2では嵐の桜井翔さんが同じ役を演じたんだよね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これも怖かったな…

片桐仁さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

まんちゃん
まんちゃん
外見が個性があるからなぁ…
ぷくちゃん
ぷくちゃん
その分、期待が大きすぎるのかな…

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
99.9は出世作になったかな?
ぷくちゃん
ぷくちゃん
あれはインパクトがある役だったもんね!

個性的な見た目からどんな役をやっても「片桐仁」というのが抜けにくいというのが難しいところがありますね。
しかし、逆にその個性を活かした役だと一気に知名度も上がり・ファンも増える役柄に繋がると思います!

エールでの片桐仁さんに期待!

いかがでしたでしょうか?
エールでの役柄は今も歌い継がれる名曲「栄冠は君に輝く」を古関裕而さんに作曲のオファーをしにいくという重要な役どころです!
演技評価を見ると、個性的な見た目からか「どんな役をやっても片桐仁さんのまま」という意見もありましたが、エールの予告動画を見る限り、あまり違和感はなく見えます!
戦地で出会い、苦しい時代を裕一とともにする役ですが、少しでも明るく見られることを期待しています♪