エール

エール実在モデル│娘華ちゃんの(大人:古川琴音)現在についても

NHK連続テレビ小説第102作目「エール」。
今回、私がエールで注目したのが古山華(こやまはな)役の古川琴音さん。

新型コロナウイルス感染症の影響で、本放送をお休みしていた「エール」。9月14日から、いよいよ放送が再開されました!
合わせて、9月12日に、後半のおもなキャストも発表されました。初出演を含む9人の俳優さんたちの登場に、ますます期待がふくらみます♪

成長した、裕一と音の娘の華を演じるのは、朝ドラ初出演の古川琴音さん。
子役ちゃんたちから華を引き継いで、いよいよ大人の華の登場です!

まんちゃん
まんちゃん
待ってました!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
後半も楽しみ~♪

古川琴音さんは今回エールで初めての朝ドラ出演です。今までどんな女優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

古川琴音が演じる古山華(こやまはな)ってどんな役?

古山華は、裕一・音夫婦の一人娘です。
作曲家の父と、歌に情熱を傾ける母の間に生まれた子どもの華ですが、自分がやりたいことは何なのか、なかなか見つけることができません。古川さんが演じる成長した華は、これからどう生きていったらいいのか、悩む日々を過ごしています。

まんちゃん
まんちゃん
お父さんが有名人だと、それなりの悩みもあるんだろうね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
みんなが知っている作曲家だからね・・・

実在モデルについて

裕一・音の実在モデルである、古関裕而さん・金子さん夫妻には、3人のお子さんがいます。長女の雅子さん、次女の紀子(みちこ)さん、長男の正裕さんです。

生まれたのは、雅子さんが昭和6(1931)年、紀子さんが昭和9(1934)年、正裕さんが昭和21(1946)年。ただし、雅子さんは戸籍上は昭和7(1932)年のお生まれです。
ちなみに、「エール」の華ちゃんは昭和7年秋生まれの設定になっています。年齢としては、雅子さんに近いですね。

今回、古川さんのコメントで、華は裕一と音の一人娘だということが明かされています。
そのため、華については、雅子さんや紀子さんのエピソードをベースにしながらも、オリジナルとして描かれる内容が増えてくるのではないでしょうか。

まんちゃん
まんちゃん
正裕さんは、「喜多三」というライブユニットで活動しているよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「喜多三」は、福島にあった古関裕而さんの実家の呉服屋さんの名前だよ

古川琴音のプロフィール♪

名前:古川琴音(ふるかわことね)

誕生日:1996年10月25日

出身地:神奈川県

身長:161cm

所属事務所:ユマニテ

古川琴音が芸能界に入ったきっかけは?

中学・高校時代に演劇部に所属していた古川さん。就職を考える時期に俳優になることを志し、芸能事務所のオーディションを受けます。現在所属しているユマニテを受けたのは、尊敬している満島ひかりさんがユマニテ所属だったからでした。
(なお、満島ひかりさんは2018年にユマニテから独立して、現在はフリーです。)
2018年、主演のアミを務めた映画「春」が公開され、その後、映画やドラマ、CMへと出演するようになります。

まんちゃん
まんちゃん
まだ俳優として活動を始めて二年半くらいなんだよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
それで朝ドラ出演って、すごいね!

古川琴音の代表作を紹介

ここで古川琴音さんの代表作を紹介します。

十二人の死にたい子どもたち

「十二人の死にたい子どもたち」は、2019年公開の、堤幸彦監督の日本映画です。
原作は冲方丁(うぶかたとう)さんの長編ミステリー小説で、集団自殺をするために集まった12人の子どもたちが、集まった廃病院で13人目の少年の死体を見つけます。それをめぐって話し合いが始まり・・・というストーリーです。
古川さんはオーディションでこの作品に出演が決まり、ゴスロリファッションのミツエを演じて注目されました。

まんちゃん
まんちゃん
若手の実力派の俳優さんたちが出演しているよ
ぷくちゃん
ぷくちゃん
12人のうち、オファーを受けた俳優さんが6人、オーディションで抜擢されたのが6人なんだって

凪のお暇

「凪のお暇」は、2019年の7月から9月にTBS系で放送されたテレビドラマです。
コナリミサトさんの漫画が原作で、空気を読み過ぎて過呼吸で倒れた主人公の大島凪が、仕事も人間関係も捨てて人生をリセットする様子を描いています。
主人公の凪を黒木華さんが、元カレの慎二を高橋一生さんが、凪のアパートの隣人のゴンを中村倫也さんが演じました。
古川さんは、女性にモテて「メンヘラ製造機」とも呼ばれるゴンの、メンヘラの彼女のモルを演じています。

まんちゃん
まんちゃん
ゴンに襲い掛かったり、メンヘラっぷりが怖かった・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
爪痕を残す役だったね・・・

サギデカ

「サギデカ」は、2019年8月から9月にNHKで放送されたテレビドラマです。
振り込め詐欺と戦う女性刑事を木村文乃さんが演じ、高杉真宙さん、青木崇高さんたちが共演しました。
古川さん演じる福田亜佐美は、第3回「掌中の娘」に登場します。家族を養うため、キャッシュカード詐欺でお年寄りをだます女性の役です。

まんちゃん
まんちゃん
小さいときは家族から詐欺のために道具として使われていたのに、今は自分が詐欺をリードしてしまっている役だったね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
難しい役だったけど、説得力があったよね

古川琴音の演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
くせの強い役を演じていることも多いんだね
ぷくちゃん
ぷくちゃん
そんな役を演じてしまえるのはすごいよね

古川さんの演技を下手だとする意見は見つかりませんでした!
女優としての活動はまだそれほど長くありませんが、演じた役に引き込まれたという意見もたくさんありました。
映画「十二人の死にたい子どもたち」での演技は、堤監督からも絶賛されています。
これからがますます楽しみですね♪

エールでの古川琴音に期待!

いかがでしたでしょうか?

エールでの役柄は、裕一と音の娘、華。
赤ちゃんから子ども時代、少女時代を経て大人になった華ちゃんに、「エール」を見てきた私たちも感情移入してしまいそうです。小さいときから見てきた親戚やご近所さんの感覚に近いかもしれませんね。
若手ながら、数々のドラマや映画で爪痕を残してきた古川さん。
「エール」での演技にも期待したいと思います♪