まんぷく

まんぷく8週目のあらすじネタバレと感想!福子の出産に大慌て!

NHK連続テレビ小説「まんぷく」

第7週で、福子の妊娠が分かりましたね♪

「妊娠」というワードで、一つ気になることがあるんですけど・・・。第19回で、保科恵は妊娠7カ月という放送がありましたが、生まれたんですかね?7月7日が予定日でしたよね♪

まんちゃん
まんちゃん
生まれる日が七夕なんて絶対半分青いを意識してるよね(笑)


牧善之介は、面白いキャラなのでどんな子が生まれたのか、すごく気になります(笑)なかには、「スピンオフ希望」という声もありますよね!私も、その一人です♪

第7週の最後、福子は萬平の将来や製塩業についてを語り、三田村の心を鷲掴みしました♪そのことにより、三田村から3万円という大金を投資してもらうというストーリーでした。第8週ではその続きと、福子の出産について注目です!

まんちゃん
まんちゃん
どんなストーリーで、どんな展開になるんだろうね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
「まんぷく」は見どころが多くて、次が楽しみで仕方ない♪

今回はそんなまんぷくの第8週目を見ていない人や予習・復習しておきたいと思ったあなたのためにあらすじネタバレと感想を紹介していきます♪

→「今日のまんぷく見逃しちゃった!」というあなたへのお得な情報はコチラから

まんぷく8週目のあらすじネタバレと感想!

出資金3万円の使い道

View this post on Instagram

 

#まんぷく #立花萬平 #長谷川博己

立花萬平さん(@m_puku_m)がシェアした投稿 –


1947年(昭和22年)春、萬平の製塩業は順調で、福子は臨月を迎えています。萬平は、三田村からの出資金3万円どう使うか、まだ決めていませんでした。

「塩の買い取り値には上限がある。生産量を増やさない限り利益は増えない。しかし、3万円を使いたちばな塩業を大きくするのは・・・」そんな萬平に福子は、世の中の役に立つ仕事を始めるよう勧めました。

まんちゃん
まんちゃん
福子は、何であろうと応援するだろうね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
萬平に、いい考えが思い浮かべばいいけど!!

感想:投資してもらった3万円の使い道を悩む萬平に、「塩作りはやりたくてやり始めたわけじゃない。新しい仕事を」って言える福子はスゴイ!
私は臨月の時に「萬平さんの冒険がみたい」とは言えないかも・・・。

鈴が家出?


鈴はいきなり「私は出ていきます」と書き置きを残し、姿を消してしまいます。臨月を迎えた福子の分まで、家事をすることが不満をつのらせているところに、自分が源義経の子孫だと言ったのを萬平に笑われたからです。

福子たちは心当たりを探しましたが、鈴は見つかりません。克子の家だろうと、福子と萬平は大阪に向かいます。代わりにタカが、社員たちの世話をしに泉大津に来てくれました。

まんちゃん
まんちゃん
鈴は不満を溜めてたんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも家出しちゃうなんて・・・。

感想:萬平は、福子の身体を心配して事務のみにするように・・・
鈴も『何が「ありがとう萬平さん」よ』ってなりますよね(笑)
しかも、萬平は仕事の事しか頭になく、鈴の話しは無視・・・「源義経の子孫」に笑ちゃうし!あれは私も笑いましたが(笑)
福子の身体を考えると、早く見つかってほしいですね!

ってか赤津さんの足が!階段から落ちちゃうなんて・・・。

社員たちの会話で・・・


たちばな塩業の岡、森本元らの社員が清香軒にラーメンを食べに行きました。社員が「何かと厳しい大奥様(鈴のこと)よりも、タカがいてくれるほうがいい」と話すのを、店の奥で鈴は聞いてしまいます。

清香軒の大将夫妻に口止めをし隠れていたのです。腹を立てた鈴は、清香軒からもいなくなりました。

まんちゃん
まんちゃん
こんなこと聞くのは辛いね・・・。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
次はどこに行くのかな?

感想:清香軒に隠れていたんだ!しかも社員たちの「大奥様がいなくなって平和になった」と言う会話をしっかり聞いていました!
1番困るのは清香軒の夫婦ですよね・・・。
鈴はショックから立ち直れるのかな(笑)

赤ちゃん誕生!


翌日の夕方、福子と萬平と入れ違いで、克子の家に鈴が現れます。「すねてるだけ。気が収まるまでウチに置いておく。」と克子の電話に安堵した福子。

その翌日、福子は予定よりも早く産気づいてしまいました。電報を受け取った克子と鈴は飛んでいき、元気な男の子をは生まれました。

この日はたちばな塩業は臨時休業。社員は倉庫に集まり、皆で赤ちゃんの誕生を祝いました。

まんちゃん
まんちゃん
無事に生まれたんだね♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
これから、成長していく姿を見るのが楽しみ!

感想:ついにーー!元気な男の子!
萬平の優しさ、社員の応援は心が温まりましたね♪
そして!鈴ですよね・・・シレッと普通に帰ってきました(笑)
当然なことですが、やっぱり鈴には笑わされます!

子どもの名前


子供の名前をめぐって、萬平と鈴で意見が分かれます。萬平は、日本の偉大な発明家・平賀源内から取って「源内」、鈴はご先祖だという源義経からとって「義経」がいいと言い、二人とも譲りません。

そこで福子が、平賀源内の「ゲン」と、源義経の「ゲン」で、「源」はどうかと提案。無事に「立花源」と名前が決まりました。鈴の家出騒動も解決です。

まんちゃん
まんちゃん
萬平と鈴は、やっぱり揉めちゃうんだね(笑)
ぷくちゃん
ぷくちゃん
福子は、付けたい名前なかったのかな・・・?

感想:萬平と鈴の名前騒動・・・。克子も、タカも呆れてましたね(笑)
二人がいつまでもいい争うから、福子這って出てきちゃったし!
名前が決まって、タカがせっかく命名発表したのに・・・寝てるって。

栄養食品の開発

出産後、福子の体調は戻らず、起き上がることもできません。萬平と鈴は助産師の言葉に従い、栄養のあるものを食べさせると、福子は徐々に回復していき梅雨明けの頃には元気になりました。

この経験から、出資金を使って栄養食品の開発をすることに決めた萬平。栄養失調の人が多い日本で、誰でも手軽に栄養補給できる食品をつくるというのです。

早速、倉庫の半分を「立花栄養食品研究室」とし、萬平は4人の社員と栄養学の研究者と共に開発を始めます。

まんちゃん
まんちゃん
福子が元気になって良かった!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
世の中の役に立つ仕事が見つかったんだね♪

感想:福子の体調が戻らず、心配でしたね・・・。萬平が、福子の口のところについた卵を取ってあげる仕草にはホッコリしましたが(笑)
福子の産後の肥立ちはもちろん、家出した鈴を探しに行った時の光景が強く残っていたんでしょうね!今度も成功してほしいです!

カエルが爆発!?


動物性たんぱく質を何からとるかが重要ですが、牛肉や豚肉は高いので使えません。そこで萬平たちはガマガエルを使うことにしました。実験中、圧力釜でカエルを煮込んでいると、カエルが爆発して鍋の蓋が吹き飛びます。

この騒ぎに、鈴は萬平に怒りをぶつけ実験を辞めるよう言いました。しかし萬平は「何度も失敗して、その先に成功がある。世の中の栄養失調の人を助けるために、必ず新しい食品を作る」と答えます。

まんちゃん
まんちゃん
ガマガエルが爆発って・・・想像するのも嫌だな。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
でも、貴重なたんぱく質なんだよね。

感想:森のなかでカエルを見つけた時の、萬平や社員の喜びよう(笑)可愛くも思えましたよね♪
しかし・・・海辺で塩作りしている社員たちが気付くほど、爆発しちゃうなんて!見るからに、臭そうでした(笑)
でも「何度も失敗して、その先に成功がある。世の中の栄養失調の人を助けるために、必ず新しい食品を作る」って言葉、スゴク考えさせられました!

最後に・・・

萬平は、製塩業が軌道に乗り始めましたね。しかし新たな開発を目指すなんて、世の中に役立つ事を最優先しているのが強く伝わりました。

萬平さんを心から信じ切っている福子に対して、またもや萬平を信じていない鈴。せっかく製塩が軌道に乗っているし、また苦労して新しいことに手を出す必要がないと感じているみたいです。

そして萬平と鈴は、何かと意見が対立していました!鈴は自分が源義経の子孫と言って、萬平に笑われた事をすねて家を出るなんて子供じみた性格ですね(笑)

萬平は福子のような、一心に支えてくれる妻がいるから成功するんだと感じました。

そして、赤ちゃんが生まれましたね!立花源がどんなキャラで、どんな存在となるのか楽しみです♪

▼お得にまんぷくを見るならこちらから▼

今すぐU-NEXTで「まんぷく」を見る

※U-NEXTには31日間の無料視聴期間があります。お得な裏技情報はコチラから