まんぷく

まんぷく9週目あらすじネタバレと感想!真一が帰国するが全員逮捕

「まんぷく」で、14歳のタカを演じている岸井ゆきのさんの演技に、称賛や驚きの声が集まっていますね♪

第5週(第25回)からは、長く苦しい戦争がようやく終わり、疎開先にいた福子、萬平、鈴が大阪に帰ってきました。

第8週では、誰でも手軽に栄養が取れる食品を作ろうと考え「立花栄養食品研究室」を設立して、栄養食品の研究を開始!第9週で、栄養食品は完成するのか注目です。

まんちゃん
まんちゃん
終戦を迎えた物語から、タカ役の子役からバトンタッチ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
12歳という、年齢差に違和感ないよね♪

今回はそんなまんぷくの第9週目を見ていない人や予習・復習しておきたいと思ったあなたのためにあらすじネタバレと感想を紹介していきます♪

→「今日のまんぷく見逃しちゃった!」というあなたへのお得な情報はコチラから

まんぷく9週目のあらすじネタバレと感想!

ペースト状の栄養食品

萬平は、パンに塗って食べれるようなペースト状の栄養食品を作る事にしました。商品名は「ダネイホン」。ドイツ語で「栄養」を意味する言葉です。

萬平やダネイホン担当の社員たちはやる気に満ちていましたが、塩作り担当の面々は「社長はあっちばかり。ウチは塩屋とちゃうんか」と不満を募らせます。

福子も、子育てに協力してくれないことを寂しく感じていました。

まんちゃん
まんちゃん
栄養食品のベースは決まったんだね!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
萬平は、始めると周りが見えなくなるんだろうな・・・。

感想:塩作りが重労働なのわかってるのに・・・塩つくりメンバーが怒るの当然ですよね!
福子もやっと産後の肥立ちから解放されたし、初めての子なのに顔すら見に来ないって。ここまで放置はあり得ません!

夫婦ゲンカ

福子は萬平に、塩作り組が不満を募らせていることを告げますが、萬平は聞く耳を持ちませんでした。思わず声を荒げ、自分の不満も訴えた福子。

「仕事に集中させてくれ。子育ては任せる」珍しく喧嘩してしまった二人ですが、一晩たつと萬平は喧嘩のことなんて忘れて、ダネイホンの味見を頼んできます。試作品はお世辞にもおいしいとは言えませんでした。

まんちゃん
まんちゃん
聞く耳すらないなんて!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ケンカになって当然だよね。

感想:初めて夫婦喧嘩を観ましたよね!特に怒った福子を。正直、安心しました(笑)
鈴と福子で、夫婦喧嘩は勝つか負けるかと話してると萬平が・・・ダネイホンの味見を頼んできました!不味かったようですね。これからどう改善していくのか楽しみです。

ダネイホン組と塩作り組

その晩遅く、ダネイホン組と塩作り組の社員が取っ組み合いのけんかを始めました。萬平や福子、鈴も行き騒ぎは収まりました。萬平はようやく自分の責任だと感じ、福子に子育てを任せきりにしていたことも反省しました。

翌日、萬平は「皆でダネイホンを作ろう」と話しをします。ダネイホンの商品化に必要な、ワカメと塩の確保を塩作り組に任せました。

それでは塩作り組が余計にきつくなるだけですが、萬平は「みんな仲間。一つになってダネイホンを完成させよう」と上機嫌でした。

まんちゃん
まんちゃん
事の大きさに気付いてくれて、良かったぁ!
ぷくちゃん
ぷくちゃん
もう少しみんなのこと、分かってほしいね・・・。

感想:取っ組み合いするくらいのストレス・・・だれでもこうなりますよね!ってこんな中、赤津は寝てる(笑)
今回も揉め事を止めてくれたのは、鈴♪大活躍でした!
そして、萬平は全く分かってない。まだまだ揉め事は解決しないようです。

みんなでダネイホン作り

そんな折、真一が訪ねてきました。真一は戦地から戻り、前職の証券会社に復職します。萬平は、真一の土産のスモモをダネイホンに入れようと思いつきました。試してみると随分食べやすくなり、商品化の目途がつきます。しかし、塩作り組は喜びませんでした。

見かねた福子は「みんな萬平さんと一緒に、仕事がしたいんやと思います」と説得します。萬平は考えの足りなさを謝り「全員が交代で研究室に入り、ダネイホン作りを手伝ってくれ」と話しました。

ようやく揉め事は収まり、一週間後には神部たちが大阪に行って、ダネイホンの試食販売を行います。

まんちゃん
まんちゃん
やっと、一つになったね(笑)
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ダネイホンって、どんな味がするんだろう・・・。

感想:真一が持ってきたスモモを早速、使っちゃうなんて・・・。そして、分かってない人が多すぎて、突っ込むのが大変でした(笑)福子の苦労というのか、心配事っていうのか・・・まだまだ落ち着けないですよね!

福子の頑張りでやっと、全員で「ダネイホン」つくり開始!試食販売では「不味い」との声が!これから売れるのかな?

ダネイホンを売るには?

View this post on Instagram

 

#まんぷく 義兄弟 忠彦さん&萬平さん #要潤#長谷川博己

📝さん(@h_matome)がシェアした投稿 –

ダネイホンの売れ行きは散々でした。悩む萬平に忠彦は「萬平くんは良いものを作るが商売人やない。商売は、信用出来る人に任せたほうが良いのではないか」と助言。

忠彦は、萬平はもの作りに専念し、営業を真一に頼んではと提案します。真一が勤める会社は、財閥解体のあおりを受け倒産していました。

まんちゃん
まんちゃん
忠彦の助言は、大きいね♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
萬平は、みんなの支えがあるから、もの作りが出来るんだろうな!

感想:忠彦ナイス(笑)良い提案ですよね♪しかし、真一は有給消化じゃなかったんですね!福子や鈴に話すと・・・福子は賛成でしたが、鈴はいじけてました!j分は経理として必要ないのかと(笑)なにか言わないと気が済まないのかな。

真一が営業に♪

福子は真一に「萬平さんは世の中の役に立ちたい、それだけを思って仕事をしています。だからこそ、経営を分かっている人に付いててほしい」と事情を話し、頼み込みました。

真一は「多少の蓄えはあるから、給料は少なくても構わない。萬平くんの会社で働かせてくれ」と答えてくれました。

まんちゃん
まんちゃん
受け入れてくれたんだ♪
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ここからが、本格的なスタートだね!

感想:真一が新しく、メンバーに加わりましたね♪これで経理は安心!鈴はどうしても受け入れられないと騒いでましたが・・・咲の事を思い出す気持ちは理解できるけど。そんな鈴のところに、咲が夢枕に!いつも、咲はいいところで背中を押してくれたり、助言してくれますよね!

進駐軍の捜査

福子は、ダネイホンを、栄養失調で入院してる人も大勢いる病院で、売り込むことを思いつきます。福子の目論見が当たり、ダネイホンの売れ行きは伸びました。

全てが順風満帆と思われたある日、進駐軍の捜査が入ります。「海で爆発音があったという通報があった。どこに武器を隠している」米兵に銃をつきつけられ、萬平たちは、驚愕しました。

まんちゃん
まんちゃん
ダネイホンが売れ始めたと思ったら・・・
ぷくちゃん
ぷくちゃん
まさかの急展開!銃突きつけられるとか怖すぎ。

感想:ダネイホンは、栄養も摂れて、消化も良いということで病院関係者にどんどん売れていましたね♪三田村会長の友人は、餓死していたんだね・・・世良に手伝うよう説得してもらい、順調に進むのかと思えば・・・

いきな進駐軍が!源ちゃん、驚いて泣いてましたよね!もう次から次に・・・10週目が気になって仕方ない終わりかたでした。

最後に・・・

たくさんの苦労や、不満の嵐でしたね(笑)ようやく完成したダネイホン。真一さんを営業に迎え、これで一安心♪

って誰もがそう思いましたよね!?そう思う頃に、次の事件が起きました。今度は進駐軍の捜査!思わぬ展開です。今後どうなるんでしょうか・・・。

第10週の「まんぷく」も目が離せませんね!ダネイホンの売れ行きや、進駐軍を演じるキャストにも注目です♪

▼お得にまんぷくを見るならこちらから▼

今すぐU-NEXTで「まんぷく」を見る

※U-NEXTには31日間の無料視聴期間があります。お得な裏技情報はコチラから