なつぞら

なつぞら戸村菊介(とむらきくすけ)役は音尾琢磨!演技力が話題!

NHK連続テレビ小説記念すべき第100作目「なつぞら」。
今回、私がなつぞらで注目したのが戸村菊介(とむら きくすけ)役の音尾琢磨さん。

音尾琢磨さんは北海道出身の大泉洋さん、安田顕さん、戸次重幸さん、森崎博之さんと5人で組んで活躍しているTEAM NACSの末っ子メンバーです。
4人のお兄ちゃんたちからいじられまくりなのも末っ子のかわいさゆえ。

「目と目の間は離れていても、アナタの心は離さない。」

個性的な顔をキャッチフレーズにファンからもかわいいとコメントされる人気者。
そんな音尾さんはNACS1の頭脳と運動神経そして音楽的才能の持ち主です。

強面、実直、熱血、コミカルまで幅広い役柄をこなす名バイプレイヤーで方々の演出家から引っ張りだこです。
昨今の映画やドラマ、アニメの声優と世の中の話題作ほとんどに出演していて、脇役ながら彼の出演場面は毎回、故郷北海道での最高視聴率を記録することでも有名です。

まんちゃん
まんちゃん
魚顔なんて自虐コメするけどどんな役もこなすすごい役者さん
ぷくちゃん
ぷくちゃん
規格外って愛着わくわ。かわいすぎる。

音尾琢磨さんは今回の夏空が初めての朝ドラ出演です。今までどんな俳優人生を送ってきたのかプロフィールや出演作品などを詳しくご紹介します♪

【音尾琢磨のプロフィール♪】

名前:音尾琢磨(おとおたくま)

本名:音尾琢磨(おとおたくま)

誕生日:1976年3月21日

血液型:O型

出身地:北海道 旭川市

身長:170cm

体重:60kg

所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE

役音尾琢磨さんが芸能界に入ったきっかけは?

音尾さんは高校時代に新体操部の部長をするなど役者とは離れた青春時代を過ごしました。芸能に関わる活動としては、文化祭にBANDを組んで出演したこともあるのでもともと人前で何かを表現することが好きだったようです。

北海学園大学に進学した後に演劇部に入り、先輩の誘いで劇団「イナダ組」を見に行ったところ、その舞台で演じる先輩の森崎博之さんと戸次重幸さんのキスシーンに衝撃を受け「イナダ組」に入団しました。この時一緒に観に行った大泉洋さんも共に入団しています。

まんちゃん
まんちゃん
先輩のキスシーンがきっかけって
ぷくちゃん
ぷくちゃん
クセの強い役柄多いけど演技始めたきっかけも濃いわぁ

音尾琢真の代表作を紹介

ここで音尾琢真さんの代表作を紹介します。

ブラックペアン

「ブラックペアン」は海堂尊さんの原作小説を元に作られたドラマです。
嵐の二宮和也さん扮する天才外科医「渡海征司郎」が大学病院を舞台に「オペ室の悪魔」と呼ばれながらも圧倒的手腕で難しい手術をこなしながら、父親の過去の汚名挽回への執念と最新医療機器導入をめぐる様々な思惑や不正を暴き対立する様を描くストーリーです。
音尾琢真さんは松岡仁役で出演し、小泉孝太郎さん演じる高階権太と出世を争う役どころです。エリート医師らしい所作がはまっていました。

まんちゃん
まんちゃん
自分の技術に慢心して大変なミスをする役だっけど
ぷくちゃん
ぷくちゃん
失敗前と後の表情の差の演じわけすごく良かった

日曜劇場 「陸王」

池井戸潤さん原作のドラマです。百年の歴史を持つ足袋会社が足袋の良さを生かしたランニングシューズの開発に様々な苦難を乗り越え奔走するストーリーです。

このドラマでは「ダイワ食品」陸上部の鬼監督「木戸明宏」役で出演しました。髪を短く刈り込み顔作りから徹底した強面での演技に、始めの方は音尾さんだと気づかれなかったほどでした。(笑)

まんちゃん
まんちゃん
音尾さん出演シーンの北海道での視聴率すごかったって
ぷくちゃん
ぷくちゃん
熱血コーチ役が本当はまってたもん!

「私結婚できないんじゃなくて、しないんです。」

水野敬也さん原作小説が原案のドラマです。
主人公みやび(中谷美紀さん)が40歳を目前に結婚を目標に同世代の戸倉(藤木直人さん)からのドSなアドバイスを元にかつての同級生たちを巻き込み奮闘するコメディです。

音尾さんはみやびの同級生役。同じく同級生の桜井(徳井義実さん)との仲を取り持つ世話好きな役回り。高校の頃とかグループに1人いたいた!とどこか懐かしい役柄。このドラマでは彼女のクリニックでエステを受けるシーンも披露しています。

まんちゃん
まんちゃん
音尾さんの日との良さが全面に出ているドラマだよね。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
友達に1人欲しい異性の友達(笑

音尾琢磨さんの演技の評価まとめ!

次は演技の評価を紹介します。ここでは下手な意見と上手な意見をまとめてみました。

下手な意見

ないんです。
これだけ話題作に軒並み出演されているというのに音尾さんの演技にダメ出しする声がないんです。どの役もはまり役と言われて。
NACS最後の切り札と言われるだけあって演技力についてアンチ意見を全く耳にしません。
これってある意味すごいことですね。

まんちゃん
まんちゃん
役そのものが苦手という声はあるけど
ぷくちゃん
ぷくちゃん
その役を上手く演じられているってことだよね

上手な意見

まんちゃん
まんちゃん
いやぁ演技のうまさを称えるコメントの多いこと
ぷくちゃん
ぷくちゃん
ギャップ萌えって音尾さんのためにある!

色々な役をこなされている音尾さん。現場でセリフについて意見が出て変える方向になるときがあるりますが、音尾さんは観客の受け止め方を考えると同時に脚本家側の伝えたい思いも考える方で、セリフそのものを変えるのではなく演技でセリフがそのまま成立するように自分の表現のしかたを考えるタイプだとおっしゃっています。
観ている側がドラマの中に思わず引き込まれてしまうほどの演技力は脚本を120%いかせる表現を考え抜いて演じているからです。

音尾琢磨さんが演じる戸村菊介(とむらきくすけ)ってどんな役?

主人公なつ(広瀬すずさん)が預けられた酪農家柴田泰樹(草刈正雄さん)の牧場を手伝っている戸村悠一(小林隆さん)の息子さん役で情熱的な北海道民の役です。

自分の牧場を持ちたいと独立の夢を抱きつつ、泰樹の牧場に尽力する毎日で、なつにとって頼れる酪農のよき師匠となります。後々、泰樹の孫である照男の後見役として柴田牧場の発展に大きく貢献します。

まんちゃん
まんちゃん
熱き北海道男児にピッタリな役。
ぷくちゃん
ぷくちゃん
末っ子キャラ返上包容力満点の後見人待ち遠しくてワクワク!

なつにとって頼れる酪農家戸村菊介として、ホームグラウンドの北海道の牧場を舞台にのびのびと演じる姿を早く見たくてたまらないです。

なつぞらでの音尾琢磨に期待!

いかがでしたでしょうか?
柴田牧場の発展に大きな関わりを持つ役だなんて結構重要な立ち位置です。
主人公のなつに頼られている様子や、照夫を支える立場だなんて、多様な役をこなしてきた音尾さんにとっても初な状況です。

NACSで4人のお兄さんたちにワチャワチャいじられるキャラも好きですが、冷静に場を読んで和ませつつそのシーンにベストな輝きを発揮する音尾さん。

なつぞらの戸村菊介をどんな風に演じるのか楽しみに待ちましょう。